ミストレスランド 1 本家三行広告 1 worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
約40年前に描かれた禁断の書、復刻!!
三島由紀夫、澁澤龍彦らが絶賛した戦後最大級の奇書『家畜人ヤプー』を石ノ森章太郎がコミック化。1971年に「都市出版社」、1983年に改訂を加えて「辰巳出版」から刊行されたその『劇画家畜人ヤプー』が、2010年「ポット出版」から復刻!!
 | 
少しでも周縁文化に興味のある人ならば「家畜人ヤプー」という単語には見覚えがあると思う。「ドグラ・マグラ」や「虚無への供物」に類する、名前は知っているし内容もなんとなくイメージすることはできる。あるいはぼんやりと、雰囲気を察することはできるけど、とにかく小難しそうで読んだことはない。そんな本じゃないだろうか。

本家の「家畜人ヤプー」は作家・沼正三によって1956年から1959年にかけて「奇譚クラブ」に連載された。「奇譚クラブ」での連載が打ち切られた後、幾度となく改訂を加えられながら単行本が刊行され、1991年に完結した。本書は1971年に「都市出版社」から刊行され1983年に「辰巳出版」から改訂、刊行された石ノ森章太郎による漫画版の復刻である。漫画版も複数が存在しており、本書の続きをシュガー佐藤の執筆したもの(監修は石ノ森章太郎)、2003年に江川達也によって執筆されたものが存在する

物語は、遥か未来からタイムマシンに乗ってきた未来人が不慮の事故で現代(と言っても「家畜人ヤプーが書かれた当時なので1960年)の人間と接触、助けてもらったお礼に未来の世界に招待し、現代人がその文化の差異に驚かされる、という王道的な展開だ。特異なのはその未来世界の在り方で、そこでは成熟した科学によって被支配階級にある人間が人体を改造、加工され、使役されている。否、未来において彼らは人間ではない。人間に似ているが別種の生物として家畜の地位を与えられているのだ。はるか未来の人種ヒエラルキーは白人が支配階級、黒人が奴隷、そして日本人が家畜となっている。つまり「家畜人ヤプー」とは我々日本人のことである。

家畜化されたヤプーの宗教観は、支配階級を唯一の神として信仰し、怖れ、自らの行為を神聖なる奉仕とし悦びに震える。帯にも書かれているように、この作品がマゾヒストによる夢想だとするならば、そこにはマゾヒストの夢みる信頼関係が描かれているはずである。ならば、SM における信頼関係とは自由を奪われた道具に対する安心と、自らを神に奉仕する機械と化する悦びなのだろうか。しかし、この作品にはもうひとつの視線が注がれている。作中の現代人は二人存在する。白人女性のクララと日本人男性の麟太郎、二人は婚約者同士だ。クララは白人女性として未来世界の最高峰に受け入れられ、麟太郎は家畜人としてクララの所有物となる。読者は、この麟太郎と同じ目線を持たされる。そこには、環境に翻弄されながら、しかし「共に在り続ける」という目的を果たすためにその在り方と心理を変化させていく二人の姿が描かれている。

そして麟太郎のもうひとつ外側に、読者としての「笑い」の視線がある。便器として改造されたヤプーは「肉便器」という言葉をそのまま具象化してしまったに違いないし、ヤプーへの命令が、呼びつけるのも真剣による決闘を強制するのも全てが「オシッコ」の一言で行なわれる様はどうしようもなく笑える。また天照大御神の正体はタイムマシンで過去を訪問した未来人アンナ・テラスであり、天狗の鼻はオナペットとして人体改造を施されたヤプーであるなど、作中に挿入されるやたらとディテールの整えられた日本文化への歪曲解釈は高度に訓練された下ネタとしか思えない。自身の属する文化に対する深い見識と、全てを笑い飛ばすような狂ったパロディは、その滑稽の自覚に始まっている。

自らを貶める。しかも下ネタで。そして、それが笑えてしまう。いくらでも転倒し得る価値観の中に現実はある。丸尾末広による帯文に「これは日本文化の解体、殺戮であろう」とあるが、自らの足元が殺戮される笑いと痛快がマゾヒズムならば、私はとっくにマゾヒストである。

文=四日市

『劇画家畜人ヤプー【復刻版】(ポット出版)

著者=石ノ森章太郎 原作=沼正三

価格:2200円+税
ISBN10:4780801435
発売:2010年3月17日
出版社:ポット出版

発行元サイトにて詳細を確認する>>

関連記事

『手塚治虫エロス1000ページ(INFASパブリケーションズ)』上下 著=手塚治虫

ykic-p.gif
四日市エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
10.04.04更新 | レビュー  > 
文=四日市 |