女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『(秘)色情めす市場』

監督=田中登
発売日=2010年12月3日
販売元= Happinet(SB)(D)
special issue for Golden Week in 2012
2012ゴールデンウィーク特別企画/特集:セックス表現の現在形2012
セックスを映画で観てみよう! 文=ターHELL穴トミヤ
かつては秘匿されてきた性の営みがメディアと技術の発展で白日の下に晒されている現在、様々なジャンル・作品においてセックスはどのように表現されていくのでしょうか。これまでの描かれ方も含めて改めて検証していく連休特集企画――。第2弾はターHELL穴トミヤ氏がまとめる"映画におけるセックス表現"。長い映画史の中で様々に扱われてきたセックス。その傾向とポイントを「感情別」に分類しつつ、かいつまんで再確認していきます。
 | 
今回の GW特別企画はセックス特集だ! しかし、映画でセックスを映すにしてもそこから沸き上がる感情は様々。今回は、そんな映画のセックスを、そこから沸き上がる感情別にして分類してみました。というわけで、まずは「おしゃれ!」なラス・メイヤー監督作品!

アメリカで量産されたソフトコアポルノムービーを代表する彼のセックスは、ひたすらに明るく!ボインで!楽しそう! よく「アメリカ人のセックスはスポーツみたいだ」なんて言いますが、そうです! そのとおり! そこには、一点の影もなし! さすが1年365日晴れが続くと言われているカリフォルニア出身のラス・メイヤー監督なんですが、「特にこの作品がおすすめ」みたいのは正直どれも区別つかないのでないんですね。一番有名な『ファスター・プッシーキャット キル !キル!』は名作ですが(トゥラ・サターナの暴力的なセクシーさが最高!)、「セックス」を観るという観点からは別にそんなでもないので、お勧めできない! 『ワイルドパーティー』も有名ですが、これもカット割りが激しすぎて疲れるので、お勧めできない!というわけで『ヴィクセン』シリーズあたりがいいんじゃないでしょうか。おしゃれなんで、異性を誘って一緒に観れちゃうというのも良いですね。


『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』

『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』

監督:ラス・メイヤー
発売:2004年11月26日
販売元:ハピネット・ピクチャーズ

『ワイルド・パーティー』


『ラス・メイヤー ヴィクセン BOX (デジタル・リマスターヘア無修正版)』



ところが、セックスは明るいだけじゃなかった。ということで、次は観ていてひたすら「陰惨、落ち込む」セックスを描写している映画! まず思いつくのはラース・フォン・トリアー。

最近公開された『アンチ・クライスト』は「シャルロット・ゲンズブールにズポズポ挿入をドアップ・スローで接写!」(日本では修正あり)というものでしたが、映画を見終わったらインポ必至の、「セックスを否定するために全精力を傾けました」みたいな映画でした。


『アンチクライスト』

『アンチクライスト』

監督:ラース・フォン・トリアー
発売:2011年9月7日
販売元:キングレコード


ちなみに彼は自分の映画製作会社でハードコアポルノも作っていて、女性のためのポルノ映画と銘打ち、こちらは罪滅ぼしのようなユーザーフレンドリーなセックスシーンばかり。『Hot Men CoolBoyz』とか、マッチョな男がホモりまくる微笑ましい映画なんですが、日本未公開なので、お勧めできない! 女性監督が作った、ポルノと劇映画の中間みたいな『オール・アバウト・アンナ』は公開されていて、これは後半に挙げますが、「(女性が)抜くためのムラムラ」セックス描写の映画ですね。出てくる男たちが揃いもそろって洋ピンぽくて、しかしなにか全体的にルイス・ブニュエルみたいな夢の中感が漂っている、中々の作品でした。


『オール・アバウト・アンナ』

『オール・アバウト・アンナ』

監督:ジェシカ・ニールセン
発売:2007年11月28日
販売元:オルスタックピクチャーズ


そして話を陰惨にもどしますが、もう 1人、やっぱりミヒャエル・ハネケでしょう。「理性というのは腐った存在である」という気分をいつも沸き立たせてくれる最悪の映画監督ですが、そんな彼の『ピアニスト』は、「ついにセックスも奴の毒牙にかかった!」というものでした。セックスと理性がぶつかってしまった時、人はどうなるのか? 変態なら彼女を救えたのに......そう思ってしまう悲しい、しかし同時にセックスを無視する人生は必ず失敗するという重要なメッセージも感じさせる映画でした。

それから、ついこないだ公開されたスティーヴ・マックイーン監督の『シェイム』! こちらもセックスシーンを観れば観るほど心が冷えていき、映画の帰りには、電車できれいな人をついチラ見してしまっただけで、そんな自分に落ち込んでしまうという、嫌な視点を植え付けてくれる映画でしたね。

なんかさっきから最近の映画ばっかりですね。さて陰惨から、ショッキングへ。「観ながらよく分からない興奮をする」セックスを描いているのは、パゾリーニ『ソドムの市』。ちょっと古くなりました。ナチが美男美女を屋敷に監禁して、非道のかぎりを尽くす、悪徳の饗宴を繰り広げる!という SM映画ですが、これは陰惨といえば陰惨、しかし段々興奮も入り交じり、そしてなにより、絢爛さがある。エロと表裏一体の芸術感も増してきて、「なんかこれ、すげーんじゃねーか? これ今映っている以上のことが映ってるんじゃねーか?」っていう気分になってくる。


『パゾリーニ・コレクション ソドムの市 (オリジナル全長版)』

『パゾリーニ・コレクション ソドムの市 (オリジナル全長版)』

監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
発売:2006年12月22日
販売元:エスピーオー


とくると、その究極はやっぱり、大島渚『愛のコリーダ』でしょう。映画で描かれる、セックス。その一つの頂点は『愛のコリーダ』です。全編セックス! ずっとセックス! しかし、ラス・メイヤーとの、この違いはどうだ!? セックスシーンなのに、ほとんどホラーにすら見えて来るのはなぜなんだ?! そして背徳感どころではない、もっとなんか、見てはいけない聖なるものを見てしまっているような、恐ろしさ。天皇家の歴史すら感じさせる、絵巻感! これは、世界最高のセックスムービーと言って過言ではない、セックスそのものがそのまま芸術であるというのをこれほど雄弁に語っている映画はないですね。この映画が日本人によって作られたということは、最高の栄誉です!


『愛のコリーダ』

『愛のコリーダ』

監督:大島渚
発売:2011年9月24日
販売元:紀伊國屋書店


しかし、この映画は日本国内で現像できず、わざわざフランスに持ち出して現像されたんですよね。これは日本人の恥でしょう。いやーその点はさすが、フランス。セックス芸術に対して進歩的ですね。

そもそもフランスでは 1920年代初期から、後にrisqueとか stag filmなどと呼ばれるようになる、地下上映のポルノフィルムが流通していました。これは映画史におけるポルノフィムの勃興期とされてるんですが、さっき一瞬出てきてしまいましたが「抜くためのムラムラ」セックス描写ですね。

そして、世界初のポルノフィルムはこれも諸説入り乱れてますが、かなり初期に属する(または最初とされている)作品としてアメリカの『Free Ride』(1915)があります。今でも検索すると普通に(ポルノサイトで)観れるんでぜひ探してみてほしいですが、もうモロ無修正のハードコアポルノですね。ハードコアポルノ映画がアンダーグランドじゃなくて、劇場に合法的にかかるまでは 1970年代までかかりますけど(そして日本ではまだ違法ですが)、勝手に撮って上映するぶんにはそりゃ、もうリュミエールの後 20年くらいで、すぐ始まっていたと。

それで、この映画は、車で 2人組の淑女をナンパして一発かますという内容なんですが、車も T型フォードですからね。レトロカーとかじゃなくて、車はそれ以外ねえよみたいな時代ですが、おもしろいのは後半でフェラチオをしている。「フェラチオ」がアメリカに広く紹介されたきっかけは、チャップリンの離婚裁判スキャンダルだったという話が有名ですが、それが 1927年。ということは、チェップリン裁判で世間で「フェラチオ」がホット・ワードとして急上昇していた頃、ポルノムービーをチェック済のイケてるガイズにとっては「おいおいお前ら『Free Ride』観てなかったのかよ?」という感じだったんでしょうか。かっこいいですね。

さて、AVによって退場させられるその日まで「抜くためのムラムラ」セックスを描く映画は永遠と続くんですが、やっぱり一番盛んだったのは 60、70年代。日本でもピンク映画ブームがもり上がります。そこで、田中登監督の『マル秘 色情めす市場』。監督が当初つけようとした題は『処女懐胎』だったっていうだけあって、バリバリの芸術映画なんですが、そうですね、これは「抜くための」カテゴリじゃなくて「なんだかよく分からないけど興奮〜」カテゴリに入れましょう。


『(秘)色情めす市場』

『(秘)色情めす市場』

監督:田中登
発売:2010年12月3日
販売元:ハピネット・ピクチャーズ


そしてこのピンク映画から飛び出す突然変異で、石井輝男作品による「抜くためのムラムラ」にしてはアホすぎるという、「小学生が考えたアホムラムラ」セックス描写という『忘八武士道』『徳川いれずみ師 責め地獄』などがあります。ノリとしては「おっぱいだー!」から始まる無邪気さが、どこまでも変態道をつきすすむという映画でした。


『ポルノ時代劇 忘八武士道』

『ポルノ時代劇 忘八武士道』

監督:石井輝男
発売:2005年10月21日
販売元:東映ビデオ

『徳川いれずみ師 責め地獄』

『徳川いれずみ師 責め地獄』

監督:石井輝男
発売:2005年10月21日
販売元:東映ビデオ


そして石井輝男は笑えるんですが、笑えるといえば、三池崇。彼の『ビジターQ』における遠藤憲一の突抜けた死姦は世界レベルの「笑える」セックスとして、やはりこれも忘れられなかった。

そして、色々挙げてきたけど、「何も感情が動かない」セックスもある。そんな完全フラットなセックスとしてはマイケル・ウィンターボトムの『ひかりのまち』を挙げたいですね。


『ひかりのまち』

『ひかりのまち』

監督:マイケル・ウィンターボトム
発売:2001年3月9日
販売元:アスミック・エース エンタテインメント


この映画のセックスのフラット感はすごいです、淡々と外出しして終わる、なんの感慨もわかないセックス。映画自体が全部淡々と進むんですが、その中にセックスも組み込まれている。若い時観ていやーな気持ちになりましたよ。「セックスはここまで生活として処理されていくのか」って。

それから最後にWEBスナイパーだけに、スナイパーの映画を挙げたいですね! これは抜けるともまた違う、「リアル!」なセックス、『スターリングラード』のセックスシーンです。


『スターリングラード』

『スターリングラード』

監督:ジャン・ジャック・アノー
発売:2001年11月2日
販売元:日本ヘラルド映画(PCH)


日常に、こちらは突然湧いた、セックスへの驚きがある。ムラムラするほど、抜けるほど激しくもない、でも生々しい。戦争ものですが、見終わってみればセックスの、その感覚だけが印象に残っているという映画でした。

以上、セックスから「おしゃれ!」「陰惨」「よく分からない興奮、芸術」「ムラムラ抜ける」「小学生」「笑える」「何も湧かない」「リアル」を想起させる映画を挙げてみましたが、映画におけるセックスってこれ半端じゃないテーマですよ。掘り出したら終わらない。どんどん気になって、観たい映画もまた増えてきたし、GWは、ぼくはこのテーマをさらに自主的におしすすめていきたいですね。それかセックスがしたいです。

文=ターHELL 穴トミヤ

関連記事

特集「セックス表現の現在形2012」
ディス・イズ・ポルノ〜AV誕生30年をふり返って〜 文=安田理央

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |