本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1980年7月号 読者投稿小説
「女学生エネマ地獄」
作= 原一生
スキャンダルを飯の種にするルポライター・山本和彦が味わう、悪徳にまみれた蜜の味。罠に落ちた女学生を脅迫して行なう、濃厚且つ執拗な加虐の数々とは……。『S&Mスナイパー』1980年7月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全7回に分けてお届けしています。
 | 
【6】生理現象

「ああ、だめっ」

浜木由美は額に皺を寄せ、急にローターを股から離した。

「どうしたんだ」
「刺激が強すぎるの……どうしても痛くて」
「そうか。そうだな、処女じゃ無理かもな」
「お願い、私を抱いて」

由美は山本に哀願した。

「まだ、だめだ。それに俺はお前のここじゃやる気がしないんでね」

山本は由美の花弁を撫でて、そう言った。

「どうして。私のじゃ、だめなの」
「そういう理由じゃない。俺は普通のセックスは嫌いだと、さっきも言ったとおりさ」 

山本は由美の尻のほうに指を移した。

「俺はこっちの穴のほうが好きでね。やる前にきれいかどうか、検査してやる」
「えっ、お尻……お尻の穴に、入れるの?」

由美は驚いて、山本の顔をみた。そしてすぐに眼の前の男根に眼を移した。信じられない、といった表情である。

「そうさ」
「そんな、無理です。入らないわ。いや、お尻は許して。ちゃんと前に入れて。お願い!!」
「奴隷の分際でつべこべ言うな。無理なのは最初だけさ。ま、やってみりやわかるさ。床に俯せになって、尻を高く持ち上げるんだ!!」

山本の言葉に観念したらしく、由美はふらっと、溜め息をついて、テーブルから下りた。

「もっと高く持ち上げて!! 足を拡げて!!」

由美は尻を突き出した恰好になった。山本は、人差し指にワセリンを付けて由美のアヌスに塗った。そして拡大鏡を押し込んだ。

「ううっ、痛いっ」

由美は呻いた。

「尻の力を抜くんだ。楽にしていればそんなに痛くはないさ」

山本ほそういうと、拡大鏡を開いていった。

「ああ、だめ。いたい、うっ」

由美の悲鳴である。山本は明かりを近づけて中をのぞいた。

「やっぱり○○○が一杯溜っているなあ」

山本は拡大鏡を抜いて、由美にそれを見せた。

「ほら、こんなにくっついてる」

由美は抜かれた拡大鏡のまわりが、茶色くなっているのを見て、顔を紅くした。

「いやっ」
「いやなもんか。生理現象だから仕方がないさ」

そう言うと、山本は一旦浴室に行き、浣腸器にグリセリン液を入れて戻ってきた。100cc浣腸器に原液が一杯入っている。

「さあ、浣腸するからな」 
「えっ、またですか?」
「そうさ。尻の穴の中に溜まっている、汚いやつを、これできれいにしないとね」

山本は浣腸器を構えると無造作に由美の菊の蕾に挿入した。そして原液を注入する。 

「どうだ、気分は?」
「ああ、いたい。この前のよりつらいわ」

由美は液が入った瞬間から、苦痛を訴えた。

「だめ、もうだめよ」

山本は小型のパイブレーターをソファの上から取って、由美に言った。

「いいか。うしろの穴の調教だ。がまんしろ」

そう言って、それを由美のアヌスに挿入した。

「い、いたい。な、何をしてるの?」
「ちょっと穴を拡げるだけさ。それにアヌス栓の代わりにもなる」
「いや、いたい。だめトイレ、トイレに行くっ」

しかしバイブレーターは入っていた。深く埋没すると、振動するスイッチが入れられた。

「ああ、だめ。苦しいわ、もう許して」
「まだだ」

腸の中で、パイブレーターは踊っていた。

「ああっ、やめて。もう出ちゃうのよっ」
「出やしないさ」

それでも由美は5分ほど、がまんした。全身をぶるぶる震わせ、あぶら汗を流し、まさに失神寸前であった。

「さあ、トイレにいくんだ!!」

やっと解放された。しかし、尻に挿入されたままでは、歩けなかった。取れば一気に○○○が出てしまう。由美は涙を流し、這ってトイレに行くより仕方がなかった。
(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.04.12更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |