女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1982年12月号 読者投稿小説
「H感覚な午後」
作= 大沼正

好奇心旺盛でちょっとHな19歳の女の子・真理にふりかかる、かなりアブない凌辱体験。年頃の乙女はショックの中で何を思い、何を感じたのか……。『S&Mスナイパー』1982年12月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全6回に分けてお届けします。
 | 
【1】巨大なイチモツ

空には雲ひとつない。

冷夏と騒がれ、ぐずついた日の多かった夏も終わりに近付いてようやく勢いづいた太陽がギラギラしている。

手持ち無沙汰な様子で店に下りた真理は、表通りに降り注ぐ陽光の煌めきに誘われるままガラス戸を開け、途端にムッと息の詰まるような熱風を浴びて、思わず声を放った。

「うっ……わあ。暑いなあ」

暑いとは言っても、とうに盛りを過ぎた時節柄、例年なら風もよほど涼しいものを含んでおり、暑さで音を上げていた体がホッとひと息つけるという頃合なのだが、体が暑さに馴れるということもなかった今年は、思わぬ熱気の襲来に異様なものさえ感じられる。

慌てて戸を閉めると、フーウと大きく息を吐いた。真理は朝からひとり店番で、ほどよく冷房を利かした中でぶらぶらしていても、体の奥底にこめられたような熱っぽいわだかまりに何故か気怠さを感じてならない。

セックスの後の物憂さに似てなくもないが、今のように溜まったままの状態と存分に燃焼した時との違いは大きい。何ともやるせないような思いは、どうやら体の欲求に深く根差しているようだ。

「あああ、嫌になっちゃうな。外は上天気……やっと夏らしい日和だと思うのに。こんな日は、公園でジョカリでもして汗を流して、帰りにプールにでもザブンと潜れば最高なのになあ。まったく、ついてないなあ。店番だなんて……。好さん、早く帰ればいいのに」

岸本酒店の娘・真理は、ぶつぷつと独り言をいいながら、店の冷蔵庫からコーラを抜き出した。ポーンと景気よく馴れた手付きで蓋を取る。それで憂さ晴しのつもりか、両手でしっかりと壜を握りしめ、ウフッ……と小さく声を上げると、顔を綻ばせて喉を鳴らした。

冷めたくて如何にも逞しい物を思わせる握り心地だ。

――よくコーラの壜くらいって、話にあるけど、嘘よね。こんなにフットイのだったら……驚くじゃない。

真理の空想が膨らみ始める。形良く盛り上がりを見せる真理の胸より、もっと大きく……。

父は店の改築のことで遠縁の建築設計士のところに出向いている。母は何年振りかの同窓会とかで、朝から嬉々とした様子ではしゃぎながら出掛けていった。

「何よ、母さん。随分おめかしして……。さては、初恋の人でも来るのかな」
「馬鹿おっしゃい」

母の顔は、ポッと紅潮していた。

「あやしい、あやしい……。時間は10時から午後の1時まででしょう。だったら2時には帰れるわよね。それ以上おそかったら疑っちゃうからね。昼下がりの情事……なんて、結構盛んなようですからね。近頃は」
「はい、はい……」

母は苦笑しながら、それでも嬉しさを隠せないような軽やかな足取りであった。まだ四十歳を過ぎたばかりの母である。肉付きのよいその後ろ姿も腰の辺りに淫らな艶めかしさを漂わせ、熟しきった女の匂いをプンプンさせているようで、どうにも危な気だ。

母さん、今頃……ちゃっかり宴会場を抜け出して、こんなフットイものを咥えてるのじゃ……。意外なデカ物もあるから。

曰くありげな笑みを浮かべて、真理はもう一度、しっかりと手ごたえのある壜を握った。コーラの壜と重なって先日プールで目にした男の姿を脳裡にありありと思い描くことができる。



肌寒い思いのまぬがれえぬ欝陶しい曇り日でもやはり夏。屋内プール場は、けっこう賑わいを見せていた。

すいすいと水澄ましのようにブレストで泳ぎながら、その時、真理は息継ぎに上げた顔を、もう水に浸けることができなかった。

真理の向かっているプールサイドの腰掛けに座った女と会話を弾ませている男の下半身に、チラッと送った視線が離せない。

男も女も水泳競技の選手なのか、実に見事な泳ぎっぷりを披露していた2人だ。ともに競泳用の水着に身を包んでいる。百分の一秒というタイムを競い合う水泳の競技用の水着といえば、水の抵抗を出来る限りなくそうと、如何に薄く、如何に肌を覆う部分を少なくするかに重点を置いて作られているのだと聞いたことがある。

普通は男にしろ女にしろ、水着の下にはそれなりのサポーターなりショーツをつけるのが常識だが、その時の二人は、どうやら水着の下はいつもの競技と同じように何もつけていないようだった。

座った女は少し開き加減な脚を投げ出して、それはもう、乳輪の淡い広がりも乳首の突起も明瞭に窺わせ、よく見れば下腹部にこんもりと盛り上がりを見せる恥丘は黒っぽく陰り、その続きには見違うこともなくそれと知れる縦皺の喰い込みさえあからさまだ。

その横の壁に凭れて立った男の、小さな逆三角形のパンツの中いっぱいに脹らみを見せている物の巨大さ。水に濡れたパンツはぴったり腰に貼り付いて、もろにその形を見せている。太い。長い。亀頭の部分の物凄さ。パンツの上から頭を覗かせないのが不思議なくらいだ。

余りにも露骨な姿を窺わせる男の腰から視線が離れなかった。泳ぎなからゴクリと生唾を呑み込んで、鼻から浸入した水を飲みそうになり、真理は慌てた。それでもどうにか泳ぎ着いて、もう一度、間近に男の物を見た。本当に、アフリカのお土産みたいに何かで彫ったサックのような物を被せているのでは……と思えるほど大きな物だった。

真理は19歳。すでに3人の男の物を知っていた。そんな3人の物とは比べようもない巨大さ。

もし、あれが勃起したら――そう思うと、火のついたように顔の火照るのが分かった。

それを隠すためにザブンと水に頭を沈めた真理は、水の中にも意外な物を見付けた。真理のすぐ近くの男の腰が、前をぴったりプールサイドの壁に擦りつけるような感じで、水の中で妙な揺れ方をしているのだ。

頭を出すと中学生くらいの男の子だ。両腕を組んだ上に伏せ加減に頭を乗せ、ぶらぶら水に揺れながら休んでいる風を装い、上目遣いいな視線は、突き刺すように例の女の股間に向けられている。その目つきのギラギラしていること。

――まあ、嫌らしい!

今まで男の腰から目を離せなかった自分のことは棚に上げ、真理は心の中で呟くと顔をしかめた。その時、ふと思いついたことが真理の心を和ませた。すぐ実行にかかった。悪意ある淫らな思いつきだ。それが真理の心をワクワクさせる。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
12.03.20更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |