女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1983年6月号 
編集者突撃モニター
「看護婦・由布子はオモラシ娘」
文=N.本村

プレイ志願の素人女性を読者の中から募集し、編集部員が実地にプレイを行なって現場の模様をレポートする人気企画「編集者突撃モニター」。何が起こるか分からない、筋書きのないドラマが見せてくれるSMのエロティシズムとは……。『S&Mスナイパー』1983年6月号に掲載された同コーナー「看護婦・由布子はオモラシ娘」を再編集の上、全5回に分けて再掲載しています。
 | 
プレイ志願者紹介〜由布子〜
「ゆうこ」と読む。看護学校を卒業したばかりの21歳。この春から山梨の某大学病院に勤務することになっている。性的好奇心だけは早くから“強く”あったが、高校卒業まではすこぶるマジメ。初体験は看護学校に入学後、寮生活を始めてまもなくのこと。その後はなかなかの発展家ぶり。現在マジメに交際中の医大生の他に中年のオジサマもいる。SMプレイの体験は浴衣の紐で縛られて嬲られる程度の軽いもの。だが、以来興味は増すばかり……。

【3】あふれ出る花汁

「由布子が一番感じるのはどこだ?」

火照った尻朶を撫でながら訊くと、

「クリトリスと、オ××コ」

由布子は昂ぶって上気したような顔で眼を閉じ、息を乱しながら答えた。

「それじゃあもうオ××コが濡れているんじゃないのか?」

体を向き直らせる。

「そんな……」

笑いながら言う。

「脚を開け、調べてやる」
「ああん、やだァ」

そう言いながらも脚を開く由布子。

繁みの下に手を這わせてみると、案の定、すでにそこはふつうの濡れ方ではなかった。

「ほら、もうタレタレじゃないか」
「いや、だって……」
「鞭打たれてこんなに濡れるところをみると、充分マゾの素質がありそうだな」

クレバスの間をまさぐる指にクリトリスをとらえて弄んでやると、由布子は悩ましい顔でせつなげな喘ぎを洩らす。

「気持いいか?」
「ああっ、いいっ……」

うっとりとして言う。官能表現も性格そのままに大らかだ。

クリトリスはすっかり硬くしこってきて、はっきりと肉牙の感触を感じさせた。

指をヴアギナにインサートすると、由布子はアッと息を呑む感じで眉間にシワを寄せ、のけぞった。

そこは生温いぬかるみだった。それでも窮屈な感じがあって、キュッと私の指を締めつけてくる。

指を抽送してみた。

「ああっ……」

由布子は喘ぎ、見る見るなまめいた顔になってきた。

少しの間抽送の感覚を愉しんだ後、指に替えて卵型のミニパイプを挿入し、スイッチを入れる。

「アアッ……アッ……ウンッ……」

のけぞった由布子の口からきれぎれの感じ入った声が洩れだした。同時に腰がたまらなさそうに悶える。

「落すな」

由布子の股間にはミニバイブのコードが垂れ、その先にスイッチがぶら下がっているのだ。しっかりバイブを咥え込んでおかなければ脱落してしまう。

落しはしなかったが、その状態はそう長く続かなかった。由布子は快感にたまりかねて太腿を締めつけたのだ。

そこで両手の縄をほどき、十字架に革ベルトの拘束具で大の字の状態に礫にする。

「いやだ、映っちゃう」

由布子は両足の間に張ってある鏡を見て恥ずかしがった。が、恥ずかしがりながらも見ていた。

鏡には濡れそぼった花びらがあからさまに映っている。花びらの間からミニバイブのコードが垂れ、スイッチがぶら下がっている。

「ずいぶんいやらしい形をしてるなあ」
「いや」

からかう私に、由布子は初めて顔をそむけた。

「さ、スイッチを入れるよ。落しちゃだめだぞ」

スイッチ、オン。

バイブの震動音と同時に由布子は息を乱して喘ぎ声を洩らしはじめる。が、今度は大の字に拘束されているので太腿を締めつけたりはできない。わずかに腰を振りながら洩らす喘ぎがしだいに昂ぶってくる。

「ああっ、だめっ、だめよっ」

由布子は震える声で言いながらしきりに鏡を覗き込む。そしてたまらなくなるとのけぞって快感をこらえようとする。

それを何度か繰り返しているうちに、「ハッ、ハッ」と荒い息遣いになって腰を前後に律動させはじめた。

と、その体が反り、

「ああっ、いくっ、いくっ」

泣き声で言いながら全身をわななかせた。

スイッチを切り、中のバイブを取り出すと、とろりと花汁があふれ出して内腿を伝い流れた。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.12.06更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |