本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1983年8月号 
編集者突撃モニター
「重役秘書の密かな愉しみ」
文=N.本村

プレイ志願の素人女性を読者の中から募集し、編集部員が実地にプレイを行なって現場の模様をレポートする人気企画「編集者突撃モニター」。何が起こるか分からない、筋書きのないドラマが見せてくれるSMのエロティシズムとは……。『S&Mスナイパー』1983年8月号に掲載された同コーナー「重役秘書の密かな愉しみ」を再編集の上、全5回に分けて再掲載いたします。
 | 
プレイ志願者紹介〜マミ&菅原〜
マミ=♀・21歳。某大手企業勤務のOL。19歳の時から付合ってきた彼との間でSMプレイの経験がある。ハードなプレイは苦手だが縛られるのは好き。「マゾっぽい気分が好き」という“ムード派”M女である。ただし現在はその彼とは絶縁中。菅原=♂・27歳。スナック経営。マミとその彼の共通の友人。SM歴6年のサディスト。マミとは今回のプレイのほんの少し前まで、ただの友達だった。

【4】鏡の中の淫景

われわれはマミの股縄を観賞しながらビールを飲んだ。これ以上の酒の肴はない。渇いたノドに冷えたビールの味は格別だった。

それにわれわれは股縄の具合がどうの、ラビアの形がどうの、マミは見られて股縄を濡らしているのではないか、などと好き勝手なことを言ってビールを飲んだのだ。

その間マミはわれわれが喋るのを聞くまいとするようにかぶりを振りながら、ただ、そのたびに、いや、と小さく呟くだけだった。その様子を見ていると、マミ自身、彼女流に言えば1マゾっぽい気分に浸りきっているようだった。

菅原は私に気を遣ったのだろう、マミを責めてみろという。

内心、待ッテイマシタと思いながら、だが、喜々とした様子を抑えて立ち上がった私はひとまずマミの膝を縛った縄と股縄をほどいた。そして太腿を縛り直し両脚をひらかせた。

「股縄で痛めつけられたから、少し慰めてやろう」

無防備な下腹部に手を這わせ、繁みを撫で上げてクレバスをまさぐる。指さきにクリトリスをとらえて弄びながら同時に乳房を揉みたてていると、マミはせつなげに喘ぎ、うっとりとしていた。

「気持よさそうだな」
「だって、ああっ」
「ほうら、オッパイもクリちゃんも硬くとがってきた……」

そう言いながら乳首を指の間で転がし、ふくらみあがってハッキリとその感触が感じ取れるクリトリスをこすり上げてやっていると、マミは啜り泣くような声を洩らしはじめた。

そこで私はふたたびマミに股縄をかけ、その縄尻を手に締め上げた。うっ、ああっ、苦痛をにじませ昂ぶった顔をのけぞらせたマミは腰を突き出す。

繰り返し股縄を引き上げる。うっ、あっ、だめっ、マミは呻くように息を弾ませて言いながら苦痛を浮きたてた顔を狂おしく振りたてる。

その間菅原がカメラマンになってシャッターを切っていた。

股縄を止めた私は砲弾型の中型バイブを手にマミの胸縄で括り出された乳房や、さらには股縄の上や脇からバイブ責めを行なった。そしてマミが燃え上ってきたところで、今度は卵型バイブを股縄の下に、ちょうどクリトリスに当たるように挟んでスイッチを入れ、同時にさきの中型バイブで乳房を責めたてた。

上下のバイブ責めに、それでなくても燃え上がっているマミはひとたまりもなかった。ざわめくようなふるえを湧きたてながら一気に昇りつめた。

そこで菅原と交替。彼は昂ぶった顔のマミを肘掛けのついた椅子に座らせると、両脚を開脚縛りにした。両手は自由である。しばらく後手縛りがつづいたので休める必要もあったが、菅原の狙いは他にあったのだ。

菅原はその椅子をドレッサーの鏡に向き合わせると、マミに砲弾型の中型バイブを持たせ、オナニーを命じたのだ。

「クリトリスだけでは物足りないだろう、自分で入れて慰めてみろ」
「いやだ……」

マミは鏡に写し出された自分の痴熊に見入りながら呟いたが、私にも責められてイッたことで大胆な気持になっていたのかもしれない。自ら片手で繁みを掻き上げると、赤味がかったピンク色をして生々しく濡れ光っているクレバスに、バイブを当てインサートしていった。

すべてを映しだす鏡がマミのマゾヒスティックな気分を煽ったのかもしれない、彼女は鏡の中の自分のそこに見入りながらバイブを抽送しはじめた。

「ああっ……いやっ」

そう言いながらも手は抽送を繰り返す。

シャッターを切りながら私と菅原もマミの背後から鏡の中の彼女に見入っていた。抽送のたびに蠢くラビアがたまらなく淫らがましくエロティックだ。

「気分はどうだ? マミ」

菅原がきくと、マミは発情した顔つきで、「ああいいっ」と喘ぐように言い、「もういきたい、いってもいい?と逆に訊き返す。

「どこがいいか言ったら、いくのを許してやるよ」
「うん、いじわるう」

マミはもどかしげにすねる。

「どこがいい? 言ってみろ」
「お××こがいい……、ああ、たまんない」

酔ったように言うマミに、菅原はバイブのスイッチを入れてやった。マミは片手で口を押さえ、一方の手で膝をわしづかむと、派手な声をあげて体を弾ませた。

いくっ、いくっ。部屋の外まで洩れるのではないかと心配になるほどの泣き声が響きわたった。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
12.01.17更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |