ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1984年1月号 パンティプレゼント読者応募作品
「西脇ケイのウォーターパワー'84」
作= 梅田志郎
『S&Mスナイパー』誌に登場したグラビアモデルをヒロインにして描く「パンティプレゼント応募小説」。1983年〜1984年にかけて何度か行なわれたこの懸賞企画の当選作品とは……。本作はモデル・西脇ケイ嬢をイメージしてハードなプレイ模様を書き込んだ、欲望に満ちたSM小説。1984年1月号に掲載された全編を再編集の上で全4回に分けて掲載しています。
 | 
【3】浣腸肛門栓嬲り

俺は手にロープの束を持ちそっとケイの背後に忍びよった。

「さあ、休んでる暇はない。次の責めに掛かるぞ」
「そんな! 嫌よ もう……。ああ……嫌!」

俺はケイの両腕を取ると、背後に力一杯捩り上げ、重ね合わせた手首にロープを巻きつけていった。

「嫌よ! もう縛るのはやめて!」

抵抗するケイだったがさっきの責めで疲れきっている上に中途半端な快楽の余韻も手伝って体の動きが緩慢になってしまい、ケイはたちどころに乳房の上下にロープを巻きつけられひしひしと軋むように縛り上げられていくのだった。

「苦しい……!」

ロープは小気味よいほど彼女の肌によく吸い着いた。自由になったのも束の間、ケイは瞬く間に高手小手に固く縛られてしまった。

厳重に縛り終えた俺はケイの腰から最後に残されていたパンティを脱がし、ついにケイを全裸にした。パンティを引き下ろすついでについに露になった魅惑の秘裂を覗いて見てみると、すでにそこはグッショリと蜜が溢れ、黒々とした繁茂を光らせ、秘花はまるで俺を迎え入れようとするようにゆったりと花びらをひろげ、内奥のサーモンピンクの秘肉まで覗かせているのだった。

ケイを全裸にしたところで俺も服を脱いで素っ裸になった。自慢の一物が高々と天を指して現われた。いたぶるようにケイの目前に突きつけてやるとケイは顔をしかめ視線を逸らそうとするのだった。

だが髪の毛をひっ掴んで無理矢理見せつける度に、ケイの瞳の奥にねっとりと欲望に満ちた光が宿るのを俺は見逃さなかった。

「フフフ……。どうだ、これが欲しいか。だがフィニッシュはまだまだ先だ。悪いが君にはもっともっと泣いてもらうぜ」

俺はケイを立たせた。この部屋には面白い道具が用意してあった。数あるプレイルームの中でわざわざこの部屋を予約したのはこの責め道具をケイに試してみたかったからなのだ。

それは責め木馬だった。しかし普通の木馬とはかなり違ったムードを持った代物だ。それは直径2メートルぐらいの丸いステージの上に固定されていたが、足がなく馬はまるっきりステージに座り込んでいるように見えた。

しかし、拘束用の枷具や電気仕掛けの装置などがやたら多く付いて見るからに狂悪そうな不気味な雰囲気を持っていた。

最大の特徴は馬の背中に付いているバイブを組み合わせたまるでぶら下がり健康器か鳥カゴのような代物だった。これにもやはり金属製の枷具や奇妙な付属品が付いていて健康器どころか恐しい拷間道具であることは一目瞭然だった。

俺は嫌がるケイを抱え上げ無理やり木馬を跨がせると素早くステージに取り付けられている足枷をそれぞれ足首に噛ませてしまった。黒光りする木馬を膝に挿んでケイは必死に足を振りほどこうとするが、そんなことで足枷が外れるわけもない。

その足伽はステージに長さ30センチ程の鎖で連結されているのでケイはまだある程度両足を動かす自由を持っていたが、大きく跨いだ木馬からは逃げることは出来ないのだった。

俺はケイの背後に回るとその白いたっぷりとしたエロチックな尻に手を掛け、ゆっくりと撫で回した。

「ああ……。やめて、やめて! 一体私をどうするの」

ケイは嫌らしい俺の手から何とか逃がれようとエロチックに尻を振り動かし、足の鎖一杯に逃げ回る。俺は尻の割れ目に指を掛けると思いきりかき広げ肛門を晒け出させた。

「ああっ!! ヤダッ、ヤダッ! 何する……キャア!!」

ケイは突然肛門に異様な感触を受けて悲鳴を上げた。俺の右手にはイチヂク浣腸が握られ、その切っ先はケイの小さな菊の門に深々と突き刺さっていた。ピンク色の容器を握りつぶし薬液を一滴残らずケイの腸内に注入する。

腹の中にジクジクと染み渡ってくる冷たい感触にケイはがっちりと緊縛された裸身を震わせ割れんばかりの悲鳴を上げた。だが屈辱の浣腸は1個では終わらなかった。俺はさらに2個のイチヂク浣腸をケイに施してやったのだ。

「ウ、ウッ!! こんなの……ひどい! お、お願い、縄を解いて!」

ケイの哀願など聞こえぬふりをして俺は仕上げにアヌス栓を差し込みケイの肛門をピッタリと封印した。

「君は浣腸をしたことがないのかい? フフフ……。もうしばらくすると薬が効いてくる。3個もぶち込んだからね。ククク。すごいことになるぜ」
「イヤァッ!! イヤよ! すぐに縄をほどいて。トイレに行かせて!」
「さて、前のほうはどうするかな。何で責めるか……。ケイ、これなんかどうかな。君の好なやつで虐めてあげるよ」

ステージの片隅にある物入れを物色していた俺はひとつの物を選び出してケイに見せた。

それは1本の電動コケシだった。長さが20センチ近くもあり、全面に嫌らしいイボが付いていて、根元にはクリトリス責め用の小バイブまで付いている凄いやつだった。一目見るなりケイは青ざめた。

「やっぱりこれがいいな。こんなの使ったことあるかい。このイボイボが堪まらないんだぜ」
「イヤ、イヤ、嫌よ! お願いだからそんなことしないで! お願いだからあ!!」

馬の背中、ちょうど拘束者の股間あたりにくる位置に差し込み穴があり、俺はそこに不気味に黒ずんだ電動コケシをセットした。この差し込み穴は複数あり、微妙な配置に合わせて前後にスライドさせられるようになっていた。

俺はコケシの真上で揺れ動くケイのお尻の中心に狙いをっけてコケシの位置を調節した。そしてステージの脇にある操作盤の中のたくさんあるスイッチのひとつを押した。

木馬の内部でくぐもった機械音が発生し、突然木馬は動きだした。個体内に収納されていた四本の足がカメラの三脚よろしくスルスルと伸び始めて木馬は狂悪なその身を起こし始めたのだ。

当然背中に装置された恐しげな一物も、ケイの両太腿のはざまに息づく秘めやかな花芯目指して静かに上昇していく。

「アアッ! やめて! 止めて! 機械を止めて!」

俺はケイのふくよかな腰を押さえつけ迫り来る電動コケシに狙いをつけた。ついにコケシの大きな頭がケイの中心に密着した。

「ア、アウッ!! ……ヒイッ!!」

すでに大量の蜜でしとどに濡れていた花芯は、ケイの恥辱にのたうつ心とは裏腹にスルリとコケシを受け入れ、体内奥深くへとゆっくりと飲み込んでいくのだった。

馬の背がケイの裸の尻に触れた。木馬はまだ上昇する。ケイは瓜先立ちになって逃げようとしたがコケシはしっかりと根元まで突き入り、どんなにしても逃げることは出来なくなってしまった。

ケイの足が地面を離れた。それに連れて足枷の鎖も持ち上がり、ついにはピンと張り切りケイの両足を思いきり引っ張るようになった。そこでようやく木馬は背伸びをやめ、全身をまっ赤に染めで苦悶するケイを背中にうち跨がらせたまま、堂々と四本の足を踏みしめて立った。

両足を引き伸ばされてケイは下半身をビクリとも動かせなくなり、わずかに自由な高手小手に縛られた上半身をくねらせて苦しげな呻き声を上げるのだった。

「ウ、ア……クッ!! 降ろして……アア!」
「どうした? もう感じちゃったのか。このコケシがそんなに気に入ったか」

俺はケイの黒い茂みを掻分けて電動コケシのはまり具合を確かめた。コケシは完全に秘部に埋まり、根元近くのクリトリス用パイプもしっかりとピンクの小さな木の牙を捕えていた。

「違う……。お腹が、苦しい……ああ! もう……出ちゃう」

浣腸が効いてきたのだ。ケイは激しい便意に表情を歪め、裸身を震わせて苦悶する。

「フフフ。浣腸が効いてきたな。だが、心配することはない。さっきお尻に栓をしただろう。それがしてあると肛門がピタッと塞がれてね、どんなことがあっても絶対に粗相をしなくてすむんだ。ケイも俺の目の前でみっともない格好は晒したくないだろう」

ケイはまたも戦慄した。つまりどんなに苦しくなってもケイは自分の力で排便することが出来ないことを知ったのだ。

「――そ、そんな……! ひどい! やめてえ! お願い、トイレに行かせて!!」

ケイは目から涙を流して半狂乱になって哀願した。俺はそんな彼女の肉体に平然と拷問具を装置していった。鳥カゴに似たスチールパイプ製の器具はちょうど被縛者の上半身を覆うように取り付けられていて、上のほうに金属製の首枷がついていた。俺はそれをケイの首にカチリとはめた。

ケイはついに上半身の自由も奪われてしまった。

スチールパイプの左右の支柱にはそれぞれ奇妙な形の乳枷がついていた。それをケイの胸の位置に高さを調節し、そして乳房にはめ込み、しっかり固定した。

「アグッ! ……ヒイーッ!」

丸い金属の締め輪が乳房を根元から絞りあげケイの乳房はまるでゴムボールのように膨れあがり、うっすらと血管が浮き上がってきた。乳枷には水平方向に伸びた棒がくっ付いていてその先端に恐しい巨大なワニ口クリップがぶら下がっていた。俺はケイの乳首を抓んで引っ張り伸ばしクリップを噛ませた。

「ギャアー!! イ、イ、イ、痛イー!!」

先程の洗濯バサミの数倍にはなるだろう激痛が乳首を襲った。根元を絞りあげられ乳首を思いきり引っ張られ、ケイの乳房は見るも無残な形に変形した。

重く冷たい枷具を全身にはめられ、パイプを挿入され、肛門には浣腸、乳房は引き伸ばされ、締めあげられ、痛めつけられる。哀れなる全裸緊縛の少女ケイに一体どれだけの責めが加えられるのか。だが、この木馬に内蔵された拷問のメカニズムはまだあるのだ。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.07.26更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |