本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1994年3月号 
緊縛モデルたちの縛られレポート
「被縛報告」みさと編
告白=みさと

SM雑誌のグラビアに登場するモデルってどんな人? 数多いるモデルの中には「緊縛、大好き!」という生粋のマニア女性もいれば、「SM? ナニソレ」「初めて縛られるんですけど……」と戸惑いを隠せない人や、初めてなのにとんでもなく乱れてしまう隠れマゾ女性もいたりしす。そんな十人十色のグラビアモデルたちが、自ら綴る撮影後記「被縛報告」。今回は『S&Mスナイパー』1988年7月号に掲載された「被縛報告」、みさと編を再掲載いたします。
 | 
■意地悪の快感

先週の日曜日、私の大親友が結婚しました。本当は心から“おめでとう”って言いたかったけど、先にゴールインされちゃったのがショックでした。私のほうが彼女よりぜっだいモテるって思ってたから……。

モデルになったのも2人でショッピング中に私のほうだけスカウトマンに声をかけられたのがきっかけで、それからずっと彼女に対しで少し悪いようなウレシイような気がしでました。

私は、自分でも感心するくらい男の人に声をかけられることが多いんです。どうしてかなアっで不思議なんだけど、仕事で会う年上の男性には、オトコ好きのする顔立ちだってよく言われます。切れ長の目が昼間からエッチなことを連想させるとか、フヱラチオの上手そうな口元だとか、もっとストレートに“ホステス顔”とか“AV顔”とか言われちゃうこともあります。

でも私自身は精神的不感症っていうのかなあ……誘われて気が合えば一緒にお茶を飲んだり、数回はホテルにまで行っちゃったこともあるけど、本気で男の人を好きになれないみたいです。

その原因は、大失恋! 相手は29歳のジャズ・ピアエストで、肩書きはカッコいいけどすごくビンボーな人。学生アパート風の6畳六ひと間にピアノ一台とシングル・ベッドが一つしかなくて、あんまり気の毒なので、そのとき18歳だった女の子がアルバイトで溜めたお金で冷蔵庫を買ってあげちゃったくらいです。

真夏の恋だったので、西陽の差し込むクーラーのない部屋に、冷蔵庫はぜったい必要でした。セックスの後で、冷たいコーラをグビグビしたかったからです。

あの頃は本当にセックスばかりしてたなァと思います。記憶に残っているほとんどがベッドの中のことで、1日に2〜3回のセックスはあたりまえ、せっかく銭湯に行ったのにまた汗まみれになっちゃうこともしょっちゅうでした。

私はまだイクっていうのがどんなものなのかよくわからなかったけど、披とセックスするのがすごく楽しかったし、それにビンボーだったので遊びに行くお金もありませんでした。

結局、彼とはたった一度旅行したきり。ある日突然、彼が「丸井」のキャッシングで10万円もお金を借りてきて、2泊3日の淡路島旅行を決行しました。仕事以外のスケジュールを立てるとか、何かを計画的に実行するとかいうことが他人に自慢できるくらいヘ夕な人だったから、あのときの段取りのよさには本当にビックリしました。

でも私は勝手に“彼と結婚するんだ”って決めていたので、婚前旅行ごっこがウレシくて、この年でこんなふうに幸せ全部使っちやったら、あとの長〜い人生は残りの幸せを薄めながら使うしかないんじゃないかしら!?って本気で心配してました。

そしたら突然、本当に大不幸になってしまったんです。昨年の秋の初めに彼に好きな女性が現われて、私は“もういらないヨ”って言われちゃったんです。

何事も起こらなくたって寂しい秋に、

(そりゃあないよオ〜ッ)

って落ち込んで、涙、涙の毎日を過ごすことになったのでした。

浮気なら許してあげようと思ったし、本気でも“ふたまたかければいいじゃない”というところまで譲歩したのに、

「悪いけど自分の気持ち誤魔化せないよ。彼女とは一緒になる宿命なんだ」

って、今どきメロドラマでだって浮いちゃいそうな台詞を言われて、恋は終わってしまったのです。聞くところによると、相手は午上の、しかもバツイチの女だっていうじゃありませんか。

子連れじゃないのがせめてもですが、それなら断然19歳のピチピチお肌のほうがいいに決まってると思うのに……。それに女は老けるのが早いから、あと2〜3年も経てば恋の終わるのは目に見えてると思ってみたりするけれど、恋は盲目なのもよζ知ってます。大体、私自身がいくら彼を嫌いになろうとしても無埋なのですから。思いつくかぎりの悪口、たとえば彼の才能なんか信じてなかったとか、ジャズマンのくせに演歌調の恋なんかしちゃって超ダサイとか、を並べ立ててみでも、すぐそのあとで、

(だから何だっていうの! やっぱり私は彼を愛してる!!)

と、情けないったらありません。悲しくて苦しくで、連日、京都のお母さんに電話しました。話すことはなかったし、本当のことなんか話せるはずもなかったけど、失恋病がホームシックを併発して、お母さんの声を聞かないと寂しくていられませんでした。

それ以来、精神的不感症に陥っておまけにセックスもあんまり好きじゃなくなりました。だから今でもセックスよりオナ二ーのほうが好きです。相手に気を遺ったり心の駆け引きをする面倒もいらないし、一人でするほうがずっと気持ちいいからです。

たまになりゆきで男の人とホテルに行っても、延々と前戯を続けられるとシラケてゆくばかりでちっとも気持ちよくありません。男性にわざとクールで意地悪な態度をするようになったのも、欲求不満だからかな……という気もします。

こちらが逃げるから追いかけてくるのかもしれないけれど、最初は「割り切って遊ぼうぜ」ってカッコつけてる男の人も、私が冷たい態度をすればするほど、電話やプレゼント攻勢でプッシュしでくるようになるんです。

そういう弱い立場にハマり込んだ男性に意地悪をするのは快感! 困ったり悲しんだりするのを見ると胸がドキドキ高鳴っちゃいます。男の人の心理を同時体験できるのも私が失恋経験者だからこそで、努力してもちっとも報われないジレンマのモンモン状態がよくわかるぶん、苛め甲斐もあるというものです。

自分に気があるとわかっている男の人をそんな心境に陥れるのはすごくユカイ! 実際に男性の頬っぺたを叩いたときに、それがセックスのときに感じるイイ気持ちに似ているナと思いました。あんまり強く叩きすぎたので掌が痺れたけど、信じられないくらい興奮しちゃって……、痺れがGスポットにまで伝わってくるような感じがしました。本当にそんなことってあるものなんです!!

だから、SM雑誌に載るから言うわけではありませんが、私には、意地悪したり叩いたりするのが快感という人の心がよーくわかります。もしかしたら、私はもうサディストと呼べちゃうのかもしれません。だって、現在の男性は私をイライラさせてくれるような人だからです。

そこで読者の皆サマ、私を怒らせて頬っぺを叩かせたら、間違いなくキミをセックス・フレンドの一人にしてあげちゃうヨ!
告白=みさと

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
12.02.07更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |