本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
アクセスアップ
新刊情報
ihr HertZ 2018年11月号(大洋図書)
ナンプレパーク&ファミリー 秋晴特別号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.9(ミリオン出版)
疼く母悶える嫁DX(ミリオン出版)
制服少女COLLECTION Vol.2(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2018年11月号(ワイレア出版)
MAZI! 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
「私はオシッコ娘」
告白=吉田美和子(仮名)
男性からオシッコを滝のように浴びせられるのが、私の一番の夢でした――。幼少期のトラウマからインモラルな快楽に目覚めた女性が自らのめりこんでいく性の冒険とは。『S&Mスナイパー』1981年8月号に掲載された読者告白手記を再編集の上で紹介。戸惑いながら開花していく少女の素朴な官能の疼きをご堪能ください。
 | 
ずぶ濡れの体

その後も浴室でのオシッコオナニーは続きましたが、回を重ねる度にその快感も小さくなっていくような気がしました。そこで、犬の首輪をつけて、風呂桶に溜めたオシッコを犬のように四つ這いになってなめたりしましたが、これもすぐに新鮮味がなくなってしまいました。

また、思いきって真夜中に外の通路にビニールを敷き、そこにオシッコをしたうえで、全裸になってアソコをまさぐったこともありましたが、人に見られる危険が大きすぎるために一度きりでやめてしまいました。

やはりわたしが一番求めているのは、幼い頃のように男性からオシッコを滝のように浴びせかけられることでした。しかし、わたしにも恋人はいるものの、そんなことが頼めようはずもありませんでした。 わたしは長い間、悶々と浴室のオシッコオナニーで、文字通り自分を慰めていたのでした。 ところが、性の欲望というものは恐ろしいものです。とうとうわたしは彼に打ち明けてしまったのでした。

土曜日の夜、遊びに来ていた彼と浴室で戯れていた時のことでした。この日、わたしは何となく燃えませんでした。彼のやさしい愛撫を受けながらも、頭の中はオシッコプレイでいっぱいでした。

彼はそんなわたしの様子に気づき言葉をかけてくれました。わたしは彼の言葉にはっきりと返事ができませんでしたが、欲望に負けたわたしは少しずつ話しだしました。

「オシッコって汚ないと思う?」

唐突な質問に彼は怪訝そうな顔をしていました。

「お願いがあるの……。あたし、あなたの……オシッコが欲しいの。あたしにオシッコをかけてくれない……?」

わたしは真っ赤になりながら蚊の鳴くような小さな声で頼みましたが、彼は驚きの余り言葉もない様子でした。

「驚いたでしょ? あたし、いつもここで自分のオシッコを浴びてオナニーするの。あたし、オシッコにとりつかれちゃったのよ」

依然として彼の口からは言葉が発せられませんでしたが、しばらくして彼は無言のままうなずいてくれました。

実を言うと、彼がアブノーマル・セックスに興味を持っているらしいことは分かっていました。 デートの時にもそういうセックスに理解があると何度も言っていたくらいですから、きっとわたしのお願いを聞いてくれると思っていました。

わたしは彼に感謝しました。そして期待に胸踊らせながら、彼に尿意の訪れるのを待ったのでした。

すると幾らも待たないうちに彼は催してきましたが、限界まで我慢させました。

いよいよ期待した時がやってきました。

わたしは、あらかじめ用意した犬の首輪をはめ、犬のように扱って欲しいと頼み、犬の気をつけの姿勢よろしく洗い場に座りました。

彼はわたしの正面に立ちました。目の前にオシッコを浴びせてくれる彼のアソコがありました。 丁度この時わたしも尿意を催したので、手近にあった風呂桶を股の下に入れておきました。

わたしの顔に彼のアソコが向けられると、彼が声をかけました。 その途端、限界に達していた彼のアソコからオシッコがほとばしりました。

わたしの顔にやわらかな衝撃があり、一瞬にしてびしょ濡れになりました。

これこそわたしが望んでいたものでした。

わたしはたまらず彼のアソコを握ると、頭にオシッコを浴びせました。続いて口に含みました。 彼のほうはまさか口に含むとは思っていなかったのであわてたようですが、わたしはしっかりと彼を握って手放そうとはしませんでした。

水流はどんどん流れ込み、わたしは喉を鳴らして飲みくだしました。そして、わたしも風呂桶に放尿したのでした。

彼のオシッコは思っていたより早く終わってしまいましたが、わたしはずぶ濡れの体をさらに手でこすりなから、風呂桶に溜まったわたしのオシッコを頭からぶちまけて欲しいと叫びました。彼も次第に興奮してきているようでした。その証拠に彼のアソコは天を突けとばかりに怒漲していました。彼は風呂桶のオシッコを一気にわたしの頭から浴びせました。

そしてわたしを足で押し倒すと、床をなめろと命じてくれました。

わたしは喜んで床をなめました。 それも高く突き出したお尻を彼のほうに向けて、タイルをなめては飲んだのでした。

彼のほうもオシッコを手ですくって桶に溜めてはわたしに浴びせました。

そのうちに彼は我慢できなくなったのでしょう。突然、背後からわたしの中に侵入してきました。ワンワンスタイルでした。首輪をし、床をなめまわすわたしにはお似合いのラーゲでした。それに犯されているみたいでしたから、より強烈なものになりました。

わたしと彼は官能から醒めると、二人で体を洗い合い、再びベッドで愛を確かめ合ったのでした。

その後、彼とのプレイは、彼が強い興味を持ったこともあっで、SM風になってきました。わたしも、この頃では彼の奴隷になってもいいとさえ思うようになりました。

(続く)

関連記事

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1981年7月号 読者告白「台風と赤いハイヒール」
【1】>>>【2】>>>【3】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
09.10.28更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |