ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

『S&M Sniper』Archive Galley 06.1980.
1980年6月号 P247〜252
bondage photo gallery 「制服の吊梁花」

SM界の衝撃ベストセラー誌スナイパー。創刊号の発行は、いまからさかのぼること30年前、1979年です。その当時から“魂の暗部を狙撃する雑誌SNIPER”というキャッチコピーは変わりません。そんな『S&Mスナイパー』の歴史を少しずつ紹介していくアーカイブギャラリーです。
 | 


「いい眺めだよ」と、敏郎が呟く。

「梁花の大事なところが丸見えだ」

そう言って、敏郎は真上からその部分をじっと覗き込んでくる。

「それにしても……ふぅん……、今日は強引にこんなところまで連れてきちゃったケド、お前のほうも乗り気だったみたいじゃないか。ショーツ越しにもたっぷり濡らしてるのがわかるぜ」

目と目が合って、ゾクッとするような羞恥が背骨の髄を駆け上がる。

いつもそうだ。敏郎にこのしゃべり方をされると頭がボーッとして何も言い返せなくなる。
初めて敏郎に抱かれた時も、初めて敏郎に縛られた時もそうだった……。

「何を思い出しているんだい?」

敏郎が、言いざまにひとえにショーツを剥ぎ取った。





「なぁ梁花、お前だって期待していたんだろう? 浣腸されて、好きな男の目の前で無理やり糞をさせられて、嘲り笑われたかったんだろう? お前の好きな男ってのは、まぁ、俺のことだ……そうだろう?」

そんな……違う……まだ好きだなんて……あぁっ!

話す暇も与えてくれずに敏郎の両手が容赦なく双臀を鷲づかみにして二つの丘を割り裂いた。

「ほれ見ろ、恥ずかしいとこが糸引いてるじゃねぇか。クックック。お前のその汁をたっぷりつけて、ケツの穴に、お望み通りのものを目いっぱいまて゜注ぎこんでやるからな」

グルグル……グルグル……といやな音がして、たちまちお腹が膨らんできた。
お尻の奥が、ひんやりと冷たい。まるで水風船を入れられたみたいだ。

「ホラホラ、別に我慢しなくたっていいんだぜ?」

敏郎の手がおなかの肉をつかんで、力いっぱい揉みしだいた。



「う……あ……だ、だめっ、だめぇっ!」

我慢するほどに、理性のたかがバツンと外れてしまいそうになる。
もしもそんなことになったらどんに恥ずかしい取り乱し方をしてしまうかわからない。

でも……

いっそのこと……

そんな……ダメ……あぁ……何もかもが苦しい!


敏郎の声がどこか遠くから聞こえてくるようだった。

いつの間にか頭の芯がボヤけてしまって、どんなに大きな声を出されても何を言っているのかわからない。

ただ、嬉しそうな笑い声だけが頭の中をグルグルと回っていた。


もう、どうなってもかまわない。

明日もまた学校で敏郎と逢えるなら……






関連記事

監修シミュレーション・ノベル 「女囚くみ子」 【1】 >>>【2】>>>【3】

スナイパー・アーカイブギャラリー 1997年3月号 「清水マキ おはよう」
 | 
09.06.11更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |