ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
特選AVレビュー『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは』(タカラ映像)
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【1】
特選AVレビュー『メスころがし/北川ゆず 』(ワープエンタテインメント)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』303号室
特選AVレビュー『ノーパン中出し散歩 星奈あい』(PETERS)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』402号室
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・大阪」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』302号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』304号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』202号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』301号室
特選AVレビュー『3センチメートル 高まる鼓動を感じる距離』(SILK LABO)
特選AVレビュー『あ~やらしい!61 爆乳ドエロの精飲痴女 本真ゆり』(S.P.C)
読者代表変態仮面がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」麻里奈さん【3】
アクセスアップ
新刊情報
こぼれ落ちそうなおっぱい(大洋図書)
アップル写真館特別編集 隣の変態奥様を探せ Vol.3(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム Vol.2(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.3(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.12(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.36(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2018 夏(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.17(ミリオン出版)
俺の旅 2018年9月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年9月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

『S&M Sniper』Archive Galley 05.1980.
1980年5月号 P247〜250
bondage photo gallery 「濡れ縄 美代子」

SM界の衝撃ベストセラー誌スナイパー。創刊号の発行は、いまからさかのぼること30年前、1979年です。その当時から“魂の暗部を狙撃する雑誌SNIPER”というキャッチコピーは変わりません。そんな『S&Mスナイパー』の歴史を少しずつ紹介していくアーカイブギャラリーです。
 | 




毎日、雨が降っている。

こんな時はどうして遊べばいいか、知ってるかい?

俺は君のお母さんにそう聞かれたんだ。

優等生の君が「大っ嫌い」と言って家から追い出した、君のお母さんにね。

雨が降るたび、疼くんだそうだ。

私にはそういうはしたない血が流れているんだって、君のお母さんは言ってたよ。

ほんとは君にもわかるはずだよ。

君がいつも独りでしていることを、今日は俺が手伝ってやろう。





ほら、口に出して言ってごらん。

君がいつも頭の中で想像していることを。

こんな雨の日に、傘も差さないで歩いてる君が、濡れながら寂しく考えていることを言ってごらん。

君のお母さんは言ってたよ。

若い男が通りかかるたびにすがりついて泣いてたよ。

ちょうどこんな具合に、君が今されていることをして欲しいって。





君の目はあの頃のお母さんの目と一緒だ。

こんなふうに雨が降り続くと、寂しくって仕方がなくなるんだろう。

でも、もう独りで遊んだりしなくっていい。

毎日雨が降ったって、何も心配することはない。

俺はずっと待っていたんだからね。

君が今日みたいに雨に濡れながら歩きだす日を。

ほら、そろそろほんとのことを言ってごらん。

君にはお母さんとおんなじ血が流れてる。

君がどんなに憎んだって、君のにはお母さんとおんなじ血が流れてるんだ。

明日の雨を心配しなくていいように、

そろそろほんとのことを言ってごらん。






関連記事

監修シミュレーション・ノベル 「女囚くみ子」 【1】 >>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年6月号 「制服の吊梁花」

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1980年5月号 「紫の生贄」
 | 
09.06.30更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |