女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記【1】

スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記【1】 読者告白手記

男の人に命令されないと燃えない私
私は多情な悦虐人形 第1回


投稿者=西本加代(仮名・28歳)
田上さんは私のお尻の方から手を差入れて秘所をまさぐるのです。
スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
目次に戻る
 | 


命令してください

女の私がこの雑誌の愛読者だなんていったらおかしいでしょうか……。

もし、男性のように読むだけのたのしみで買うのだったら、女として少しおかしいかもしれないけど、私がSMに目覚めたのは、雑誌の影響じゃなくて、実際の体験のほうが先だったんですから、自分では少しも変だとは思わないんです……。

この世界で使われているいろいろなむずかしい言葉の意味はよくは知らないけど、私は、マゾヒストっていうことになるのかしら……。

でも、私、自分ではこのマゾヒストっていう言葉にとても抵抗を感じるんです。
だって、私にあるのは、ただ、男の人にかわいがられたい、っていう気持だけなんですもの……。

自分から愛を告白したり、男の人を求めたり、っていうことが私にはできないんです。

私を好きになってくれた男の人にだけ、私は愛を感じるんです。
自分の意志で男の人を選ぶなんていうだいそれたこと、私にはできません。

そうして、私は、私を好きになってくれた男の人の行為は、全て、受け入れてしまうんです。
それが私には歓びなんです。

私にもきっと男の人に対する好みっていうものもあるんでしょうけど、不思議なことに、私を好きになってくれた男の人を今まで一度もイヤだなんて思ったことはありまぜん。

今から考えると、私のこの受け身的な性格に響きあう男の人
っていうのが、それほどいない、っていうことたったのかも知れませんね……。
初めての体験は、私が十七歳のときでした。
高校でテニス部の顧問をしていた二十七歳の先生でした。

スポーツマンらしくよく陽に焼けた、明るくてたくましい先生でした。
先生に命じられたままテニス部の部室に居残っていたとき求められて、私は処女をささげたのです。

先生はその場で私に結婚を申し込んでくれました。
でも、結局はうまくいきませんでした。

先生は私の意志を尊重してくれました。
ところが、その先生のやさしさが私たちの破局の原因になったのだから、皮肉なものです。

何をするにしても先生は私に同意を求めたり、相談をしたり……。
でも、私はいつも生返事ばかり。

だって、私は、

「こうしろッ!」

って言われれば、その言葉によろこんで従うのに。

自分でいろいろなことを決める、っていうことか私にはできないんですもの……。

そのうち先生は、私が先生を愛していないんじゃないか、って思い始めたらしいんです。
そして、アッと言う間に先生は私から離れて行ってしまったんです。

とてもさみしかったけど、私は先生を追いかけることかできなかった。

(続く)

目次に戻る


関連記事

読者告白手記 犬になった美少年 【1】【2】【3】【4】【5】
 | 
08.01.16更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス