本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記【2】

スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記 読者告白手記

男の人に命令されないと燃えない私
私は多情な悦虐人形 第2回


投稿者=西本加代(仮名・28歳)
田上さんは私のお尻の方から手を差入れて秘所をまさぐるのです。
スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
前回に戻る 目次に戻る
 | 


スパンキングは前戯

そうこうするうちに私は高校を卒業して、ある銀行で働くようになったんです。

そこで私をとてもかわいがってくれたのが上司の植木さんでした。
植木さんは、奥さまも子供さんもある人で、そのとき四十歳でした。
とても気持の大きな人で、銀行でも実力者として一目置かれていました。

入行当初から私をかわいがってくれて、一、二カ月もたったころは、もう、ベッドを共にしたのです。

「おい、こんばん、メシをつきあえよ」

から始まって、

「きょうは黙って俺について来いよ」

と言って、ラブホテルに誘うまで、私の返事を待つということがありませんでした。
植木さんは自分の言葉に私が従うものと決めこんでいるんです。
それが私にはとても頼りがいがあるように見えるのです。

植木さんの行為は初めから変わっていました。
ホテルの一室に落ちつくと、いきなり、

「おい、ちょっとスカートをめくれよ」

って言ったんです。

言われるままに私がスカートを腰までめくりあげて次の言葉を待っていると、

「なんだなんだ、デクノボーじゃあるまいし、その次に何をするかわかってるんだろう。このご時世だ、どうせ、加代も処女じゃないんだろう」

って言うんです。

銀行で働いているときの植木さんとはあまりにも違う言葉づかいや態度に私がドギマギとしていると、

「ホラ、こうやって、パンティを膝まで下げるんだよ」

って、私を後ろ向きにさせると植木さんは足の指を使って、私のパンティを下げたんです。

私、とても恥ずかしくて脚をふるわせていました。
でも、植木さんの乱暴な態度や行為が少しも不愉快じゃありません。

それどころか胸をときめかせて、次の言葉を待っていたんです、私……。

「何をしてるんだよ。ケツを突き出すんだよ」

植木さんが……また言いました。

こう書くと、何だか植木さんか苛立っているようですけど何て言うのでしょう……そう、ゲームをたのしんでいるような口調と言えばわかっていただけるでしょうか……。

とにかく植木さんはとてもたのしそうに命令するのです。
私がソッとお尻を植木さんの方へ突き出すと、いきなり、ピシャッって、ぶたれたんです。

「キャッ!?」

私は予想もしなかった植木さんの行為に悲鳴をあげました。
するとどうでしょう。
植木さんったら、

「フッフフ、期待した通り、いい声を出すねえ」

ですって……。

その日はこうしてお尻を何度もぶたれて、植木さんに命じられるまま初体験のいきさつや、そのときの行為を細かい部分まで告白させられてしまったのです。

これがスパンキングというSM行為の中のひとつだと知ったのは、ごく最近のことでした。

植木さんはいつも私を抱く前に私のお尻をぶちながら、いろいろなことを言わせるのです。

「おい、加代、あの人事課員のT君、お前好きなんじゃないか」

とか、

「きょう、電車で痴漢にあったたろう。そのときのこと、詳しく話すんだ。感じたんだろう」

とか、ほんとうにあったこともなかったこともゴチャまぜなのですけど、植木さんは私が何を言っても、

「ウソだろう、それはッ」

って、私を責めるんです。


私はそれが植木さん流の愛しかたなんだって気がついていたので、とても幸せでした。
こんなスパンキングが私と植木さんの前戯とでもいうものなのです。

そのあとはふつうの行為で私に何度もすばらしい絶頂を味あわせてくれるのです。

(続く)

前回に戻る 目次に戻る


関連記事

読者告白手記 犬になった美少年 【1】【2】【3】【4】【5】
 | 
08.02.04更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス