女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記【3】

スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記 読者告白手記

男の人に命令されないと燃えない私
私は多情な悦虐人形 第3回


投稿者=西本加代(仮名・28歳)
田上さんは私のお尻の方から手を差入れて秘所をまさぐるのです。
スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
前回に戻る 目次に戻る
 | 


着物姿で縛られて

植木さんと関係を結ぶようになって三カ月ほどたって、私は銀行を辞めました。

「加代、俺の立場を考えて銀行を辞めてくれ。
と言って、お前と縁を切るわけじゃない。
お前のめんどうはズッと見てやる」

と、植木さんに言われたのです。
私はよろこんで植木さんの言葉に従いました。
植木さんは私を赤坂のあるクラブに紹介してくれました。

そして、私はそこでホステスとして働くことになりました。
そういった社交場は私がいちばん苦手とするところでしたけど、

「お前ほどの器量なら、そして、そういう性格なら、すぐ、ナンバー・ワンになれるぞ」

って、植木さんが私を励ましてくれたのでその気になったのです。
それまで私は自分を美しいなどとただの一度も思ったことはなかったのですけど、植木さんにそう励まされてその気になったのですから、男の人の言葉って、女をすっかり変えてしまうものだと、つくづく感じたものでした。

植木さんは私にマンションも世話してくれました。
やはり赤坂にあって、とても立派なマンションです。
毎週木曜日、植木さんは私のマンションにやって来て、私をかわいがってくれます。

でも、泊るようなことはありません。
どんなに遅くなっても必ず帰って行くのです。
私は何度も、

「きょうは、泊っていってください」

って、お願いしようと思いましたけど、どうにかガマンをしました。
一年ほどたつと、植木さんの言葉通り、私はそのクラブでナンバー・ワンと呼ばれるようになりました。

お金も貯まって、私は自分でマンションを買いました。
もちろん、植木さんと相談した上です。

私がじゅうぷんに一人で生活できるようになっても植木さんは、月々、私にお金をくれていたのですけど、それが植木さんにとって少なからぬ負担だということを私はうすうす知っていたのです。
ところが、植木さんに迷惑をかけたくないという私の考えが、あらたなSMへの目覚めとなったのでした……。

そのクラブでいつも私を指名してくださる田上さんと関係を持つようになってしまったのです。
田上さんはある大きな建築会社の社長さんで、そのときはもう六十歳をいくつか越えていました。

「ワシはなア、裸一貫でこの身上を築いたんじゃよ」

って言うのがログセで、それはもう働きに働いて鍛えあげられたのでしょう、とても六十歳を過ぎたなんて思えないほどたくましくて若々しいんです。
田上さんは植木さんに輪をかけたように、全てに対して強引な人なのです。

初めて田上さんに誘われたのは、クラブがはねてお食事をご一緒したときです。
お寿司屋さんで、ほかにもお客さんがいたのですけど、

「おい、加代(私は本名でクラブに出ていました)ワシはきょうお前を抱くことに決めたぞ。
そうだなア、あのPホテルがいい」

辺りかまわず大きな声で言ったのです。
田上さんにいつも影のようにつきそっている社長室のGさんは、そんな場面によく出会うのか、別に困った様子を見せるのでもなく、

「では、社長、私はこれで失礼します……」

と、早々と帰ってしまったのには、私も驚いてしまいました。

そのころ、銀行の植木さんにさまざまな性の方式を教えられていた私は、自分でさえ戸惑うほど敏感なからだになっていました。
お寿司屋さんで田上さんに誘われただけで、私はからだの芯がとろけるような感覚につつまれてしまったのです。

それまで私は植木さん以外の男の人と関係を持った事はありませんでした。
もちろん、何度も誘われた事はありました。


でも、いつものように私が生返事をくりかえしていると、みんなあきらめてしまうのです。
前にも書いたように、私の生返事はイヤだからなのではないのです。
私は力いっぽい引っぱられないとついていけない女だということを、わからないんですね、みなさん……。

Pホテルでの田上さんは、私をセックスの対称としてよりも、オモチャのようにかわいがってくれました。

(続く)

前回に戻る 目次に戻る


関連記事

読者告白手記 犬になった美少年 【1】【2】【3】【4】【5】
 | 
08.02.06更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス