女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記 読者告白手記

男の人に命令されないと燃えない私
私は多情な悦虐人形 第4回


投稿者=西本加代(仮名・28歳)
田上さんは私のお尻の方から手を差入れて秘所をまさぐるのです。
スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
前回に戻る 目次に戻る
 | 


軽井沢の別荘で

もちろん男性自身は年の若い植木さんと同じように立派で、行為そのものでも私をじゅうぶんに感激させてくれたのですけと、余裕って言うのでしょうか、性に没頭するというより、性を通じて私の女としての精神的な部分と遊ぶ、っていう感じなんです。

「久しぶりでワシ好みの女に出会ったナ」

そう言って、田上さんは私を褒めてくれました。
クラブへ通ってくださるのは週に二、三度という熱心さでしたけど、さすかに、私のからだを求めてくれるのは月に二、三度という割合です。
二度目は、軽井沢の別荘に誘われて、一泊しました。

「加代にも気に入ってもらえると思うんじゃが、特別注文の別荘でな、いろいろと工夫がこらしてあるんじゃよ」

大きな敷地には二棟の建物があって、洋風のほうへ社長室のGさんが行ってしまうと、和風の建物の玄関を開けて)、田上さんは、そう言うと、たのしそうに笑いました。
くわしいことはわかりませんけど、その建物には江戸時代、罪人を拷問にかけるときに使った道具をまねていろいろな器具が備えてあったのです。
建物の造りそのものもよく見ると何だか牢屋のようにも見えるのです。

「なんじゃね、その不安そうな顔つきは!?安心せい、何も加代をこの拷問具にかけるつもりはない。
よっぽど、これが十年前なら、少々、加代を痛めつける気にもなっただろうがな。
今はただ雰囲気をたのしむだけじゃよ」

そう言って、ひとつひとつの拷問具の使いかたを説明してくれたのでした。
その説明は、女の拷問方法に終始して、拷問にかけられる女たちの苦悶の表情を微に入り細に入り表現されたのです。
その話を聞いている私は立っていることができないほど感じていました。
落ち着いた部屋は茶室のような感じでした。

「今じゃ、こういった簡素な部屋が好きになってな……」

私はホッとするやら、物足りないやら、変な気持ちでした。
ところか、田上さんは隠し棚からいろいろな麻縄を取り出すと、

「加代、今までになかった歓びをワシが教えてやるぞ」

と言うが早いが、私を着物(田上さんの注文で着物を着ていました)の上から縛り始めたのです。
何が起きるのか不安でしたけど、恐くはありませんでした。
私はアッと言う間に、後手に縛られ、胸にもキリキリと縄を巻きつけられたのです。
心地よい圧迫感というものはありましたけど、痛くはありませんでした。
田上さんは私を縛りあげると、さらに、床柱に私を縛りつけたのです。

「フッフフ、どうじゃね、緊縛の味は?……そんなことは言葉で訊くものじゃなくて、加代のからだに直接訊くもんじゃな……」

床柱に戻ったまま縛りつけられている私にそう言うと、田上さんは、私の着物の裾を器用に縄で縛って、グイッと引っぱりあげ、縄尻を鴨居に固定しました。
田上さんの注文通りパンティを着けていなかったので、私のお尻が剥き出されてしまいました。


「加代の尻は、ほんとうに淫らな感じだな」

うれしそうに呟くと、田上さんは、私のお尻の方から手を差し入れて、秘所をまさぐったのです。

「ああ、や、やめてくださいッ!」

私は思わずそう言ってしまいました。
ふつうのセックスのときなら、男の人(そんなに多い体験ではありませんが……)の求めるまま、いろいろな姿勢をとってしまう私でしたけと、そのときは、今までに感じたことのない羞恥をおぼえたのです。
田上さんはそのときの私の感覚を、

「あれはな、快感と羞恥がブレンドされたもんなんじゃよ。
男では味わえない最高の感覚しゃ……」

と、コーヒー好きらしく、シャレた説明をしてくれました。
思ったとおり、グッショリじゃな……」

田上さんの言葉どおり、私はそこをあふれさせていました。
自分でも信じられないほどの潤いでした。
それから一枚ずつ漬物を脱がされ、いろいろな姿勢で緊縛されたのです。
田上さんのひとつひとつの素振りや、ちょっとした肌の接触でさえ、私は、セックスのときと同じように敏感に反応してしまうのでした。

(続く)

前回に戻る 目次に戻る


関連記事

読者告白手記 犬になった美少年 【1】【2】【3】【4】【5】
 | 
08.02.13更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス