ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記 読者告白手記

男の人に命令されないと燃えない私
私は多情な悦虐人形 第5回


投稿者=西本加代(仮名・28歳)
田上さんは私のお尻の方から手を差入れて秘所をまさぐるのです。
スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
前回に戻る 目次に戻る
 | 


アヌス感度が最高

田上さんは、私を抱いてくださるときもありましたけど、どちらかと言えは、緊縛をたのしむことか多かったのです。

「加代のからだは、まるで緊縛のためにあるみたいだな。
白い肌に残った縄の跡がたまらないんじゃ、ワンにはな……。
それに、日本的な顔立ちがいいぞ。
だか、な、加代のいちばんいいところは、その風情なんじゃ……」

私が恥ずかしくなるくらい、田上さんは褒めてくれるのでした……。
田上さんに緊縛の快感を教えられながらも、私は植木さんとの木曜日のデートは欠かしませんでした。
植木さんにスパンキングをされると、何だか、子供のころへかえったような気になって、田上さんにはない歓びを感じるのです。
お二人とも、私に他の男がいるのかどうか、一度も訊いたことがありません。
何にでもよく気がつくお二人のこと、ひょっとするとうすうすご存知だったのかも知れませんね。
もちろん私はお二人の愛を失いたくなかったので黙っていました。
そうこうするうち、三番目の男の人が私の前に現われたのです。

その人は華岡さんといって、美術学校に通っている学生さんです。
知り合ったのは私の住んでいるマンションの近くにある喫茶店です。
華岡さんはそこでアルバイトをしていたのです。
その喫茶店に毎日のようにコーヒーを飲みに行くうち、何となく口をきくようになったのです。
華岡さんは画学生らしく、ちょっと変わったところのある人です。

「あなた、水商売でしょう。
ボクには分かるんだなア。
一見、シッカリしているように見えるけど、その実、ものすごくダラしない、というか、自立できない弱さを、ボクはビンビン感じるんだな」

私が、

「どう、調子は?」

って、初めて口をきいたときの返事がこれなんです。

「そして、あなたは、ふつうのセックスができない人だなア。
よおく顔を見せて……ウーン、あなたアヌスの感度がいいでしょう。
天才のボクにはよおくわかるんだなア」

っていうのが、その次に出てきたセリフなんです。
何だか、自分を見透されているようで、ちょっと気味が悪い、と思いました。
でも、口車にのってしまった感じで、

「アヌス……!?」

と訊き返すと、

「そう、アヌス!ケツの穴のことですよ。
このケツの穴こそ、人間の快楽の原点なんだなア」

って、わけのわからないことを言ったんです。

この会話が真っ昼間、お客さんのいる時間に交されたんですから、今思い出しても恥ずかしくなってしまいます。
でも、華岡さんが言うと、ちっともイヤ味じゃないんです。
まわりのお客さんもクスクス笑って、私たちのやりとりに耳を傾けていたみたいです。
たった一人、華岡さんの敵対者がいました。
それはもちろん喫茶店のマスター。
マスターに叱られても華岡さんは悪びれる様子もなく、そのとき、私、デートの約束もさせられてしまったんです。
喫茶店で“変人”って呼ばれている彼らしく、デートの待ち合わせは、新宿駅東口の公衆トイレの前……。

「ボクは、日常会話で笑いものになり、タブーになり、忌み嫌われているクソとケツの穴を大事にして生きていきたい!」

っていうのが、その理由なんですって。
何か他にもいろいろなことをむずかしい言葉で説明してくれたけど、私にはチンプンカンプン。
でも、私、そんな華岡さんの、今まで知り合った人たちとはぜんぜん違った、奇妙な性格にグイグイ引き寄せられてしまったんです。


(続く)

前回に戻る 目次に戻る


関連記事

読者告白手記 犬になった美少年 【1】【2】【3】【4】【5】
 | 
08.02.19更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス