ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
スナイパー・アーカイブギャラリー 1980年7月 読者告白手記 読者告白手記

男の人に命令されないと燃えない私
私は多情な悦虐人形 第6回


投稿者=西本加代(仮名・28歳)
田上さんは私のお尻の方から手を差入れて秘所をまさぐるのです。
スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
前回に戻る 目次に戻る
 | 


快感と羞恥のブレンド

公衆トイレの前で会うと、

「さあ、行きましょう、二度と戻ってこないこの時間をもっとも有意義に、かつ、たのしく過ごすために!」

私の手を引っぱってズンズン歩き出したんです。

「どこへ?」

私が尋ねると、

「もちろん、ボクのお城へ、あなたのクソを見るために!」

ですって……。
華岡さんの“お城”っていうのは、新宿駅からそれほど遠くないところにある、信じられないほど汚なくて古い木造アパートでした。
でも、彼の六畳一間の部屋は、油絵具の匂いが満ちていて、いかにも芸術家の部屋っていう感じでとても素敵でした。
ところが、ひとつだけ変わっているものが部屋の真ン中に置いてあったんです。
それはオマル!私、油絵のことを知りたくて、彼にいろいろな質問を浴びせかけたんです。
華岡さんったら、そんな話はウンザリだ、といった顔をしながらも私の質問にくわしく答えてくれました。
そしていつの間にか、私、裸にされていたんです。
彼の言葉っていったら、まるで魔力があるようで、私、絵のモデルになったような気分だったんです。



華岡さんの愛撫は全てお尻やアヌスに集中していました。
アヌスを愛されるなんて、私は初めてだったから、このときばかりは、ずいぶんと抵抗しました。

「そこは、よごれているから、イヤッ!お願い、やめてッ」

生まれて初めて私は男の人の求めを拒んだのです。
華岡さんは、さすがにムッと怒りを顔に浮かべて、

「加代さんッ、ボクがやりたいって言ってるんだから、何も問題はないだろう」

って言いながら、力づくで赤ちゃんのオムツを取り換えるときのようなポーズをとらせたんです。
田上さんに緊縛されたときの羞恥心は、遊戯のような余裕があったのですけど、華岡さんに要求されたポーズは、からだの芯を突き刺されるような羞恥でした。
華岡さんの指が私のアヌスをクリクリと揉みました。

「あッ、ああ!は、恥すかしい……」

私はほんとうに身も世もない、といった声をあげてしまいました。
でも、そのくせ、目のくらむような興奮とも快感ともつかない感情を味わっていたのです。
そのとき田上さんが言った

「快感と羞恥のブレンド……」

という言葉が浮かんできました。
ところが私は華岡さんにこの上ない羞恥を吹きこまれながら、田上さんの言葉にふと疑問を覚えました。
私は羞恥そのものが快感であるような不思議な感覚を味わっていたのです……。


(続く)

前回に戻る 目次に戻る


関連記事

読者告白手記 犬になった美少年 【1】【2】【3】【4】【5】
 | 
08.02.20更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス