ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
ハメ撮りの帝王・カンパニー松尾の伝説の作品「テレクラキャノンボール」――東京からバイク&車で東西南北に奔走しながら、目的地までのタイムトライアルと道中でハメた女とのセックス内容を競う、熱い漢(おとこ)たちのドキュメント。1997年から2000年の4年間にh.m.pで3回開催され、その後2009年にメーカーの枠を超えハマジムで復活。本作はh.m.pからリリースされた5作品(全3大会)をまるごとまとめたベスト作品集。キャノンボールの原点がここにある!!
 | 
AVファンの間ではもはや伝説的な存在である『テレクラキャノンボール』シリーズ。
2013年の年末には、最新作『テレクラキャノンボール2013』のイベントがロフトプラスワンで開催。
さらに2014年2月には、オーディトリウム渋谷にて劇場公開イベントも開催予定、という盛り上がりっぷりです。
その前に発売された本作『テレクラキャノンボールBEST8時間』には、約16年前に始まった『テレクラキャノンボール』シリーズの第一回から第三回+本編に入りきらなかった分をまとめた『裏キャノンボール』シリーズ2本、さらに1999年の第三回『テレクラキャノンボール』の前哨戦・『SEX強化合宿in沖縄』を収録。
当時VHSで発売され、廃盤になってしまった初期『テレクラキャノンボール』シリーズのコンプリート作品ということで、8時間収録の大ボリュームなのですが、これがもう時間の長さを微塵も感じさせない面白さ!

収録時間の大半は、バイク&車レースとテレクラ&ナンパでの悪戦苦闘ドキュメントに費やされており、セックスシーンはほとんどの人が顔にモザイク有り、もしくはルックスもセックスも非常にキビしい素人女性たち。
現代のヌキに特化したAVに慣れ親しんでいる人々にとっては、あらゆる意味で衝撃的な場面のオンパレードです。
バイク&車レースパートでは、毎回交通違反で誰かが捕まり、さらには事故でレース中止という最悪の事態を招き、テレクラ&ナンパパートでは、あまりにも女の子が捕まらずイライラ(とムラムラ)が募り、撮影抜きで普通にセックスしちゃう出場者もいたり......など、もうメチャクチャ。

しかし個人的に何よりも衝撃的だったのは、カンパニー松尾監督をはじめとするベテラン監督&男優陣のピチピチぶり!
特に、2013年の引退宣言でAV界を震撼させた野獣男優・花岡じった、映画『セックスの向こう側 AV男優という生き方』にも出演していた平本一穂監督、伝説の鬼畜AV監督・バクシーシ山下の若き日の姿には、胸が熱くなりました。

こういうことを書くと、「昔のサブカルAV好きだけが楽しい、ヌケないAV」と思われてしまうかもしれませんが、なかなかスタイルの良い素人女性も出てるし、ムリと言いながらもなし崩しで出演者5人とセックスしちゃう隠れ性豪もいたりと、ヌキ的な意味での見所もちゃんとあります。
優勝者に与えられるボールガール(キャノンボールのマスコットガールで、もちろんプロのAV女優)とのセックスはヌキどころとして用意されたものだと思うのですが、素人女性のナマナマしいセックスを観た後だと、お仕事感がありすぎて逆に物足りなさを感じたりも......(当時の女優のクオリティと現代のそれとのギャップもありますが)。
ちなみに第二回ボールガールの長瀬みおんは、NG項目が多すぎて現場で揉めるというハプニングもありましたが、花岡じったとのセックスでしっかり気持ち良くなってしまうところには、グッときました。
今回、ルックスor性格に難有りの女性を高確立で引いていた花岡じったですが、どんな女性でもセックスで気持ち良くさせるところに、真のプロフェッショナルを感じますねぇ。
16年経った今でも活躍し続ける男優・監督には、やはりそれなりの理由があるのだな、と再認識。

最新作の『テレクラキャノンボール2013』ももちろん楽しみですが、まずは本作を観てキャノンボールの原点をおさらいして頂きたいですね!

文=まな

『テレクラキャノンボール BEST8時間 (h.m.p)
発売日:2013年11月1日
品番:HODV-20921
収録時間:480分
定価:2.980円(税込み)
メーカー:h.m.p

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『カンパニー松尾×神谷まゆ (h.m.p)』

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
Ustream番組「女子オナニー会談」
まなのAVレビューブログ=「痴女好き女子」
 | 
14.01.06更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
まな |