女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 本家三行広告 1
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
2011年に引退後、2012年9月に復帰したh.m.p専属女優・秋山祥子の復帰5作目。 監督はハメ撮りロードムービーの第一人者・カンパニー松尾! 秋山の希望の鳥取一泊旅行で、解放感あふれるセックスをお披露目。その細長い美脚と愛くるしい笑顔に、すべての男は狂わされる。
 | 
2009年10月にAVデビューし、2011年6月に引退したが、2012年9月に復活AVが発売されたh.m.p専属女優の秋山祥子。
高校在学中にフラワーアレンジの国家資格を取得し、卒業後、花屋で働いていたところをスカウトされ、グラビアアイドルに。
押しに弱く流されやすいという彼女は、当時所属していた事務所に半ば騙されるような形で、AVデビューに至ったという。
こういう話を聞くと、典型的な業界の暗部だなぁというかんじですが、専属契約を結んだh.m.pとはとても合っていたようで、「スタッフはいい人だし、現場はいつも楽しかった。h.m.pだから続けられた」「復帰も、お世話になったh.m.pさんの頼みだから引き受けた」と語る秋山。
カンパニー松尾監督に「義理堅いね」と言われると「自分のためには頑張れない。他人のためにしか頑張れないんです」と返す秋山。
これまた典型的な意識の高いAV女優の答えだなぁ......。

本作は、以前に秋山がイベントで訪れ「ご飯が美味しくて気に入った」という鳥取で、一泊二日の旅行をするというもの。
飛行機で鳥取へ向かうということで、空港のシーンから始まるのですが、秋山のホットパンツから伸びる細長い美脚に、初っ端から完全に釘付けになる松尾監督。
空港内を歩いているときも、鳥取到着後の移動車内でも、とにかく映し出される脚、脚、脚。
「そんないやらしい格好で飛行機乗って、悪い女!」「男を狂わせる女だよ!」と思わず変なテンションになっちゃう松尾監督。

秋山の希望でふたりはまず鳥取砂丘を訪れますが、空はあいにくの雨模様。
今日のところは砂丘は早めに切り上げ、昼食をとってから雨宿り。
ひとしきり世間話をしてから移動しようとしたそのとき、男を狂わせる秋山マジックが発動します。
なんと雨宿りをしていた土産物屋にいた犬が、ひっくり返ってお腹を見せて、秋山にゴロゴロとすりよっているではありませんか。
延々と犬を撮りながら「そんな猫みたいなワンちゃんがいるんだね」「君も秋山さんの魅力にやられちゃったかな?」と話す松尾監督。
犬は秋山に撫でられて、終始服従ポーズのままうっとり......。
秋山が去っていくときも、名残惜しそうに床にゴロゴロと身体を擦りつけていました。

そして砂丘を後にし、「旅館は仲居さんとか来てやりづらいんで、ラブホに行っちゃってもいいですか?」ということで、最初のセックスはラブホですることに。
ラブホ到着直後はふつうに世間話をしていたふたりですが、松尾監督がふいに抱き寄せると、いっきに表情がエロくなっちゃう秋山。
自らドスケベだと言っちゃうだけあって、身体を軽く愛撫されて脱がされただけで、すでにおまんこはマン汁でドロドロに。
「チンチン挿れて掻き回していいの?」と聞かれるとトロンとした眼で「うん」と素直に答えます。
それに対して「どうしようかなぁ、こうやって擦るだけでいいんじゃない?」と松尾監督が入り口を勃起チンコで擦ると、「やだ、挿れて欲しい」と潤んだ瞳で求める秋山。
挿入後「あぁ、大きい」と秋山が喘いでも「大きいのあんまり好きじゃないんじゃない? やめちゃう?」「もうHなんてやめて帰ろう」としつこくイジメる松尾監督。
しかし「何で? イヤ?」と秋山に返されると、「ううん、したい。いっぱいしよう」と速攻で撤回する松尾監督。
松尾監督、撤回するの早すぎだよ!と思いつつも、秋山のこの素直なエロさには、誰でもあっさり陥落されちゃう魔力があるなぁ......。

ラブホを出て、旅館に着いて食事をした後は、h.m.pから頼まれた写真撮影に入ります。
ピンクのビキニを着せられて写真を撮られてるうちに、どんどん表情がエロくなっていく秋山。
そこでイタズラ心を出した松尾監督が、小さい電マを取り出しおまんこにあてがうと、ビキニパンツにどんどんシミが広がっていき、その模様がノーカットで映し出されます。
「これはAVやってファンの人に応援されてる、とか関係ないおまんこですよ。ドスケベおまんこですよ。スケベだから復活したんだろ、お前」とテンション高くからかう松尾監督に、照れ笑いで否定する秋山。
結局、写真撮影どころではなくなり、そのままきっちりハメてしまいます。

最終日は、まず砂丘リベンジ。
風がゴウゴウと強く吹き付ける中、裸足で走り回る秋山。
その解放感にあふれた様子が、すごくかわいくて、美しくて、それだけで画になるなぁ......。
お昼はカレーを食べて、そのまま再びラブホで最後のセックスへ。
秋山に脚コキをさせながら、「すごいツルツルスベスベだよ。本当は俺ストッキング履かすんだけど、履かなくてもスベスベだから、いらない」と言う松尾監督。
確かに、ストッキングを破いてハメるのは、松尾監督の十八番。
そんな松尾監督の定石を打ち破るほど、秋山の美脚がすごいってことでしょうか......。恐るべし、秋山祥子。
「男が好きなんだな?」と聞かれると「ううん、Hが好きなの」とバカ正直に答え、昨夜も使った電マをあてられると、すぐにおまんこドロドロにしてイきそうになっちゃうところが、同性から見ても本当に可愛らしい。

しかし秋山はAV女優という仕事にはあまり執着がないようで、「今回が最後の撮影だと思っていた」「元々復帰する気もなかったし、復帰して長く続ける気もなかったし」とあっけらかんと語ります。
彼女がこれからもAV女優を続けるのかどうかはわからないまま、本作はエンディングを迎えますが、松尾監督から秋山祥子への最後のメッセージ「誰かのために頑張るだけじゃ疲れるよ たまには自分にご褒美をね」は、グッときましたね。
松尾監督の秋山祥子というひとりの女性にたいする淡い愛情が感じ取れる、とてもすばらしいエンディングでした。

文=まな

『カンパニー松尾×秋山祥子 (h.m.p)

発売日:2013年1月1日
品番: HODV-20834
収録時間:120分
定価:2.980円(税込み)
メーカー:h.m.p

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『日常 神谷まゆのリアルな生活を覗き見することができたなら(h.m.p)』

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
Ustream番組「女子オナニー会談」
まなのAVレビューブログ=「痴女好き女子」
 | 
13.02.10更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
まな |