本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
狙いをつけた美しい人妻を言葉巧みに拉致監禁し、徹底的に調教家畜化して仲買人に高値で売りさばく――闇の世界の一匹狼調教人Z! 裏社会という非日常で繰り広げられる、2人の美女の地獄絵図。調教の果て、彼女らがさらすことになる表情とは......。
 | 
――毎年数千人を数える行方不明者。だが、そのうち7割が女性、さらにそのうち数十名が家畜調教人によって拉致されていることは、世間では知られていない......。

本作は、そんな物騒なテロップから始まる本格調教モノ。
身寄りがなかったり夫のDVから逃れてきたりした女をたらしこんで調教し、高く売りさばく闇の職業人・Z(田淵正浩)。Zというのは最高の調教人を意味するコードネーム。
もう、設定説明してるだけで身悶えしそうなほどかっこいいんですが、本編はまたこれでもかってほどのクライム・バイオレンスっぷり。
さすがシネマジック!......と思ってパッケージを観たら、監督は緊縛師で映画監督でもあるダーティー工藤氏でした。なるほどなあ。内容はまごうことなきAVなんだけど、ずっと観てると映像の端々に美学みたいなものが感じられます。

調教人Zの餌食となる2人の家畜ヒロイン、1人目は夫のDVに耐えかねて家出をしたという設定の諏訪優衣。小柄だけど均整のとれたボディにタヌキ系の美人顔。
名前は変わってますが、人気熟女女優の内田美奈子さんですね。以前よりも痩せて少女っぽい体つきになったけど、熟れたオッパイや縄で縛ったときの柔らかな食い込み具合はやっぱり熟女。「ガンガンやったれ!」と思える安定感が素晴らしい。
家に連れ込んだが最後、闇の職業人の顔を露にするZ。手ぬぐいで真っ赤な唇に猿ぐつわをし、容赦なく鼻フックをかませ、眼球をいじって恐怖を与えます。
「このことは他言しません。だから返して......!」
「奥さん、まだよくわかってないようだな。もうあんたは日本にいないことになってんだよ!」
クーッ、しびれる! バイオレンス! 
こういう劇画調のセリフが浮かないのは、美意識や本格的な緊縛技術があるからこそでしょう。Zがなぜか日本刀を持ってるのは、ちょっと笑っちゃいましたけど。
設定に負けない容赦ない責めっぷりもいいですね。
M字開脚でバイブ責めにされ地下牢で犬のように飼われるうちに、どんどん性の家畜と化していく優衣。
激しいイラマチオで濃い化粧が落ち、目からは黒い涙が。それでも足りないとばかりに、最後は顔にザーメンと小便をジョボジョボ......ついには美尻を突き出して浣腸&脱糞までさせられてしまう。
このへんの「堕ちていく感じ」は、たまらないものがあります。

優衣への調教が完了したところで次は2人目、蒸発癖のあるバツ2妻・小野麻里亜が登場。
紳士の皮をかぶったZが「うちの地下室で飼ってる珍しい家畜をご覧になりませんか?」と地下室へ誘うとそこには優衣がいて、ニューフェイスの調教に一役買うという寸法です。さすが、嫌なとこついてくるなあ。
エロさや本気度でいったら諏訪優衣のほうが一枚上手だけれど、SMの快楽にどっぷり浸かった女がまだ染まり切ってない女の乳首やマンコを嬉しそうに舐めまわす姿は激エロ。その後の緊縛蝋燭責めも、調教途上の女と家畜になりきった女の両方がいることで各々のいやらしさが際立っています。

最後は2人ともオラオラな緊縛セックスで絶頂して本当に調教完了。
後手にしばられたまま懸命に腰を振る姿はもちろん本作一の見せ場ですが、それよりもグッときたのは、ガチな連続ビンタにもうっとり顔を崩さなかった優衣さんが、お尻を真っ赤になるまでスパンキングされてたまらず涙を流すシーン。
百戦錬磨のAV女優の仮面が剥がれて、本当に堕ちた!って感じがしましたね。ここまでやるってる作品はなかなかないんじゃないでしょうか。

というわけで、責め良し女優良しの本格作品だったんですが、ただ一つパッケージだけは少々残念でした。せっかく美意識溢れる作品なのに、この写真って......。
パケ写よりも本編のお二人のほうが何十倍も美しいと、ここでお伝えしておきます。

文=遠藤遊佐

『人妻家畜専門調教人Z(シネマジック)

監督:ダーティ工藤
発売日:2013年2月19日
品番: CMK-030
収録時間:150分
定価:¥4,620(税抜)
メーカー:シネマジック

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『恥辱の女潜入捜査官8 NBCストレイドッグ(シネマジック)』

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
14.04.29更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=遠藤遊佐 |