本家三行広告 1 イエローキャット 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆほ ゆりか』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【30】「立ったままで果てた」
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『昭和セックスエレジー 父も母も妹も姉もみんな禁親相姦(FAプロ)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【27】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『性的に献身的な訪問介護士と...(ドリームチケット)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【26】『耳袋さんの知恵袋』 著者=めぷちん☆ (秋田書店)
イッてもイッてもイキまくる、これがホントのアクメカーニバル!『チャレンジ!タイマー電マ きょうか いちか』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『淫語痴女 見下し・辱め・寸止め中毒の女 - 森ななこ(ドグマ)』
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
ドスケベゆえに精神的興奮で「脳イキ」してしまう淫乱美女・菜々子。その変態的かつ強烈なポテンシャルをカンパニー松尾がカメラの前で存分に引き出すドキュメント。HMJMプロデュースによる「菜々子(仮)ReDebut』第2弾!
 | 
2019年4月、HMJMプロデュースでレーベル「キネマ座」より鮮烈なリ・デビューを飾った菜々子、待望の第2作。今回は梁井一監督に代わり、満を持してという感じでカンパニー松尾とのタッグである。僕は常々AV女優の条件として「どんなハードで変態的なプレイをしても決して汚れない、強さと気高さが必要」と思っている。及川奈央、森下くるみ、夏目ナナ、麻美ゆま、すべてのスター女優は持っていた。菜々子さんにはそれに加え、得も言われぬ「可愛さ」と「無邪気さ」がある。例えば本作では停車した車中、彼女は松尾監督に手のひらを指先でコチョコチョとくすぐられるだけでウットリとエッチな眼になり、大股開いて腰がガクガク、「ココ、クリちゃんだよ」と催眠術のような暗示をかけられるだけで、「ダメ、イヤーン」とイッてしまうのだ。普通このくらいイヤらしいと、エロ過ぎて男は引いてしまうよ(笑)。ところが菜々子さんには、そんな快楽を貪欲に貪りながらも徹底的に無垢な魂がある。まるでお母さんのオッパイが欲しくて無心に泣き続ける赤ちゃんのようだ。巨匠・代々木忠監督は「オーガズムとはエゴを捨て去ること」と語り、女優にもしばしば「赤ちゃんになっちゃえ」と言葉をかける。その意味ではまさに彼女には、セックスに際にはエゴを捨て、エロの「しもべ」となって没頭する純粋さがあるのだと思う。

かと思うと本作前半の野外露出デートでは、松尾監督に「オッパイ触りたい?」と悪戯っぼく聞いてみたり、お尻を撫でられて「エッチィ」と笑ったりして、大人の女性としてのエロコミュニケーション能力も高い。半面「性癖的にはどうなの?」と聞かれると「Sな男性に弱いんです、ウフフ」とか、「私みたいなコがMですって言うと、普通のMの女性に申し訳ない」とか、言語表現もユニークかつ秀逸。個性的な女性だなあとつくづく思う。さて、順序立てて紹介していくと、まずはHMJM代表・浜田一喜カメラマンによるスチール撮影風景があり、〈この日、謎めいた色気を放つ菜々子という女性の撮影を始めた〉〈実は彼女、カメラを向けただけで欲情する変態女だった〉というテロップ。そしてニット地でカラダにフィットした長袖モノトーンの市松模様ミニスカワンピ、セクシーな網タイツ姿に着替えインタビュー。年齢を聞かれると「幾つに見えますか?」と甘えた感じで逆に問いかけ、「20代後半?」と言われると「嬉しい。それよりちょっと上かな」と笑うのがまたキュート。サイズはT160・B83・W58・H90、お尻が大きいのもチャームポイントのひとつだが、スタジオの出窓の部分で四つん這い、そんなエッチなヒップを突き出し、パンティが覗くのを見られてるたけで「アハン、アフン」とイヤらしい声で身悶えする始末。

その後もドライブしながら会話が続く。子ども頃は大人しかった。でも小学生のとき、クラスの男の子にベランダの隅に呼び出され、悪戯されたことを語る。「どうしてでしょうね。私って全然目立つ子じゃなかったのに。でも、彼は私がエッチなのを見抜いていたのかも」なんて体験も艶めかしい。中高は女子高だったのでロマンチックなことは少なく、その代わり通学途中よく痴漢には遭った。もちろん嫌だし恐いんだけど、それが妄想のネタになった。初体験は高校生のとき。友だちの紹介で知り合った彼氏。あっちも初めて、処女と童貞だったというごく普通の青春の想い出。(セックスを)仕込まれたのは実はけっこう最近。年上の男性とお付き合いして、突然首を絞められた。それが気持ちよくて自分でも驚いた、等々。人気のない駐車場風の場所に車を停め、カメラをダッシュボードに乗せて前哨戦的な撮影。ココで先ほど書いた手のひらをくすぐられただけでイッちゃうシーンがあり、菜々子さんは松尾監督の股間に手を伸ばし、顔を埋める。軽く叩かれただけで「イキそう、イキたい」と訴える貪欲さをみせるくせに、パンティの上から触られ「クリちゃんすっごく勃起してるよ」と指摘されると、何とも可愛らしく恥じらって見せる。この人には変幻自在、何が起こるか予測不可能な魅力がある。

そしてホテルへイン。いよいよハメ撮りだ。窓辺で抱き合うと、「好きにして」と言う菜々子さん。ドレッサーの前でお尻を突き出させた格好で軽くお尻を叩かれると、自分から床に跪いて松尾監督の足の指から舐めていく。「相当仕込まれてるね」「スケベな男たちに調教されてるんだな」とからかわれてフェラチオ。「チ×ポしゃぶっている顔が可愛いね」とカン松氏も言うが、本当に童女のような表情になってしまう。そうやって夢中で舐めている耳を触られるとそれだけでイッてしまい、ソファに四つん這いでお尻を突き出し、「おチ×ポ、オ××コにください」と言わされただけでまたイク。結局、我慢出来ず自分でチ×ポを招き入れて、「おっきいの、スゴイの」「気持ちいいの」「奥が好きなの」と豊かな表現でお尻を動かす。騎乗位になると今度は「(チ×ポの)カリが気持ちいい」「カリがスゴイです」と喘いで豪快な逆ピストンだ。ラストは〈まだまだイッてもらいたいので男優さんを用意していた〉のテロップがあり、松尾監督が「僕の信頼出来る人」と黒田悠斗、沢井亮と強者たちが登場。狂乱の3Pとなるが菜々子さんは最後まで2人を貪欲に求め、〈彼女の性欲は底知れない〉という言葉で本作は終わる。
文=東良美季

動画を公開中!!

『ドキュメント Re Debut菜々子(仮) 2 エレジー』(キネマ座)

発売日:2019年5月31日
品番: KNMD-022
収録時間:131分
定価:3,218円+税
メーカー:キネマ座

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
19.07.23更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |