Lovely-Candle 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
愛媛県の高校を卒業後、上京して某メトロに就職というちょっと変わった経歴の持ち主――。ショートカットの似合う小動物のような可愛い美貌にFカップのないスバディを持つ女の子・紗藤まゆはどうしてAV女優になり、どんな思いでセックスをしているのか。梁井一監督が 2日間の撮影で探るドキュメント。
 | 
紗藤まゆ(22歳)は2013年にSODクリエイトから専属デビューし、キカタン(企画単体)女優になった。
愛媛県の工業高校を卒業して上京。某鉄道会社に2年間勤務したのち、AV女優になった。デビュー当時の売りは、ほかに「趣味はピアノ、明治文学、天体観測。ガス溶接、電気工事の資格をもっている」。見た目とのギャップに驚かされた。
そして彼女のAVを観るのはデビュー作以来なのだ。
髪をショートにしただけで、当時の黒髪ロングの文学少女のイメージは一新。上記の経歴や資格などがますます信じられない。
ティーン向けファッション誌のモデルみたいに映るんだもん。
本作が、女の子が素顔を赤裸々に晒してくれる『AV女優の裏側リポート かたりたがーる』シリーズなので楽しみだ。梁井一監督によるこのシリーズは過去2本観ている。長谷川リホ編は、劇中に彼女が手首を切る流血沙汰を見せ、青山未来編は、ハイテンションの不思議ちゃんキャラの彼女から想像もつかない凄惨な過去が語られた。

この紗藤まゆ編は去年の8月に2日間にわたって撮影された。
カフェでのトーク場面から始まる。
「工業高校を選んだ理由は、家から高校まで14キロもあるんだけど、1本道なんです。方向音痴の私でも行けるかなと思って決めたんです。クラスに女子は私だけ。でも誰とでも仲良くなれるし、学級委員もやっていました」
鉄道会社のOL時代、「渋谷駅のキップ売り場」でスカウトされた。
横浜に向かうクルマで話は続く。ハンドル握る梁井監督。助手席に紗藤まゆ。
何でAVに出ようと思ったのかを聞かれ、「スカウトされた当時は彼氏がいた」というのだが、続けて「私は彼を大好き。でもセックスしていない。その人は女性関係が激しくて、私は一途。スカウトされて、彼へのあてつけにAVに出演しようって。見返してやろうとの気持ちもあった」。
デビュー作が発売されるとすぐ彼に「AVに出た」と報告した。そのわけを「見捨てられる覚悟があった。決別するためだったかも」と言う。
彼は紗藤まゆから離れたが、彼女は今も彼のことを忘れられないようだ。
「でも、何でセックスしてもいない男を一途に想い、AVデビューしてしまったの?」との梁井の疑問に、明快な回答はない。
「セックスが嫌い」と言う。経験人数は2人だが、「AVに出るまでプライベートでセックスは通算で2回ぐらいしかない」と。
「好きな人と一緒にいられればセックスはそんなに重要じゃない?」と梁井に聞かれ、肯く。「男の人は何でみんなセックスしたがるんだろうなー、でもそれが当たり前なのかなー、何で私はそうじゃないんだろうなーと思ってました」そして「AVに出るようになって、少しずつセックスのことわかってきました」。

横浜のホテルに着いた。
SEXするためにチェックインした部屋は夜。今日は夏の花火大会のようで、盛大な花火がひっきりなしに窓外で弾ける。この花火をバックに、キスから立ちバックへ。じつに絵になるショットだ。
クンニされるとすぐに愛液の音を聞かせ、敏感に喘ぎ声を漏らす。
ツン、と上を向いたFカップの美乳、細いウエスト、まん丸のお尻。素晴らしいカラダだ。
「気持ちいい......」と小さく漏らし、ベッドに移り、寝バックになると花火がさらにドーンドーンと上がるので、2人は「すごいね」と一瞬見入る。
花火がエロ劇画の射精描写の代替ショットのように映る。
正常位から騎乗位になるとまゆちゃんが腰を振るので、「やばい、気持ちいい、この体勢でイッちゃうかも」と、梁井はそのままコンドームに射精した。彼女を仰向けに寝かせ、精液を胸に垂らさせてもらう。AVだもの、ザーメンは見せなきゃね。
ここで、涙が来る。彼女は泣いちゃう。
「カラミのあと、泣いちゃうんですよ私」何で?「わかんない」毎回ではないらしいが。
『セックス後 泣く』と、梁井はスマホのグーグルに打ち込む。いろんな回答を得られるが、頭の中を整理するまゆちゃんが言うにはこうだ。
「こういう仕事をして、仕事でセックスをするたびに、彼氏に対してゴメンなさいの気持ちがある」
一度もセックスしていない彼氏なのにね。
涙以外は終始無邪気そのものの女の子の顔だ。

居酒屋で、晩ごはんを梁井の倍は平らげる。痩せの大食いだ。ここで彼女はスマホのアルバムを見せてくれる。すべてが自炊した料理写真だった。おお、こう見えて、盛りつけもきちんと、まめに自炊している女の子だ。ここで、僕の中で好感度アップ。ちゃんとデキるコなんだもん。料理って「人」が出ると思うんだ。

翌朝。横浜のホテルで2日目の朝を迎える。夜景だったので気づかなかったが。窓外には海が広がっていた。
シックスナインで梁井は彼女のフェラテクにヨがる。締めの正常位になると、彼女は自らチビ電マをクリに当てながら「ああッイク!」と声にして、顔射を浴びる。どうやら精液は苦手らしい。
そして梁井は、聞く。
「......泣きそう?」「(うん)」と、目尻から涙。
梁井「誰が悪いの?」
まゆ「......わたし」

ホテルをチェックアウトし、梁井はクルマを三浦海岸へと走らせる。
到着し、まゆちゃんが初めて「ここは三浦海岸だよ」と聞かされると即、
「え? じゃあ行きたいとこある。ヒデさんのお墓」「あ。いいね。行こうか」。
波打ち際でビキニ姿のイメージショット的なものを撮影し、2人が向かった先は、墓地。早逝したX JAPANのHIDEの墓参りをする。
まゆちゃんも梁井もX JAPANをよく聴いていた。お互いがここで共通の趣味をひとつ初めて知った。2人の距離感がまた縮まったように映る。

郊外のホテルに到着。
梁井「チ○ポは苦手なんだ?」
まゆ「うん。(たとえるなら)ゴキブリみたい」
仕事のチ○ポもプライベートのチ○ポも同じくらい好きじゃない、と。
チビ電マで自慰をさせ、梁井が指ピスすると「イッちゃう」。
正常位で挿入され子猫のように喘ぐ彼女を見下ろし「可愛いよ、まゆちゃん可愛いよ」と梁井は言う。こんなコが乳首を勃てて愛液をあふれさせてくれているんだ、誰だって「可愛いよ」と言いたくなるに違いない。
騎乗位も短髪を躍らせ盛り上がり、正常位で彼女を横向きにして柔らかい絶品の尻肉をニギニギしながら突き、側位から背中に射精した。
梁井「セックス、嫌い?」
まゆ「ううん」
梁井「正直に言って」
まゆ「大っ嫌い」と笑う。
泣かなかった。

東京に戻る夜の車内。助手席で眠っているまゆちゃんの姿にテロップ。
『この作品に素敵なオチはない』
と、梁井らしいひとことだ。
カンパニー松尾みたく、キミにこんな素敵な言葉を贈るよ的なまとめ方はしたくない。梁井監督に以前インタビューさせてもらった時に彼はこう言っていた。女の子にそこまで熱く感情移入はできない、そんな自分らしさをそのまま作品に、と。
都内の路上で紗藤まゆを下ろす。笑顔で「お疲れさま」を交わす。

一瞬のエピローグ。昼間の三浦海岸での会話。
梁井「まゆちゃんにとってSEXとは?」
まゆ「うーん。お金」

『innocent』と黒地に白抜きのテロップが出た。
うん、イノセントだよね。この言葉しかないよね。

そして僕は紗藤まゆの大ファンになってしまった。何の変哲もないブルセラ物とかそんなのがすごく見たくなってきたよ今。

文=沢木毅彦

『AV女優の裏側リポート かたりたがーる 紗藤まゆ(HMJM)

監督:梁井一
発売日:2015年10月31日
品番:VGD-165
収録時間: 120分
定価:4104円(税込)
メーカー:HMJM

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『卑猥なマドンナ 新人母乳若妻 絢那(HMJM)』

沢木毅彦 1961年生まれ。フリーライター。AV創世記より専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。ロリから熟女まで可愛らしいAV女優が好物。香港映画と香港街歩きマニア。好きなビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)。食事は自炊派ですが、外食ならラーメンは天下一品のこってり、カレーはcoco壱番屋の7辛。巨人ファン。
 | 
16.01.25更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
沢木毅彦 |