ミストレスランド 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
徹頭徹尾アホなニコラス・ケイジだが、ボンクラの魔法にかかっている人間が、正気を見せる瞬間のきらめきにグッとくる 映画『オレの獲物はビンラディン』公開!!
特選AVレビュー『レズビッチ・ライジング 恥辱の蜜汁が飛び交う羊たちの淫虐』(レズれ!)
特選AVレビュー『女教師in...(脅迫スイートルーム) 涼川絢音 』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『脱がされかけたデニムで足がもつれ逃げられず半尻のままハメられた巨乳女 ~逃げきれる寸前だった無念の玄関潮吹きSEX~』(NATURALHIGH)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラー ラスト 早川瀬里奈』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第2回
パッションと運動のDIYメディアの歴史『日本のZINEについて知ってることすべて』編著者=ばるぼら、野中モモ 文=三木学
特選AVレビュー『男壊世代/君色花音』(光夜蝶)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【39】『やさしくおかして』 著者=あまゆみ(富士美出版)
特選AVレビュー 『エクセレント ビューティー』(素人onlyプラム)
特選AVレビュー『そう、その目でその喉で...涙ながらに尺りなさい/栄川乃亜 』(ワープエンタテインメント)
2ページまんが 酒場の女【13】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年11月号
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・新宿「ロボットデリヘル」チナツさん編
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2018年1月号(ミリオン出版)
恋愛病棟 -シェーマの告白-(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2018年1月号(ワイレア出版)
花と蜜 Vol.44(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.38(ミリオン出版)
LOVE LADY 2018年1月号(大洋図書)
人妻密会生撮り人(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2018年1月号(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年1月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2018年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
白、水色、マゼンタ、パープル......複雑な色に染まっていく自分自身に高揚する一人の女性。さらには青、マゼンダのペイントが加わり、その全身は見事なパープル模様へ。やがて始まる「ペイントSEX」。様々に表情を変える色模様と感触は、二人にどんな快楽をもたらすのだろうか。
 | 
フェチ濃度の高いAVって本当に大好き。「好きなAVメーカーは?」なんてアンケートが回ってくると、単体女優メーカーを挙げることはありえない。好きな専属女優がその時いるかどうかで変わるし、各社だいたい同じような企画で回しているからね。なので、「アロマ企画と大塚フロッピー」と答えています。

両者の作品に共通しているのは、毅然としていて牧歌的であるということ。僕にとって勃起的なものってたいてい牧歌的なんですよね。そして、

「こんなもンで勃起している重篤なマニアがいるのか?!」

という発見の際におぼえる昂り、興奮。ある時、ディープスの社員監督のルミナックスさんにお話をうかがう機会があった。業界一のブルマ狂の彼が、

「メーカーと品番でいうと、現在はアシックスになったがジェレンクのU-718 、ヒットユニオンの66-N。これらはナイロン地の高級品なんです。今はポリエステル100パーセントのやつばかり。ナイロンじゃなきゃブルマじゃないんです」

などと語るのを前に、僕は熱くなった。こんなイケメンなのにこんな変態だったのか?!ではなく、もともと何か極端なものにしか勃起しない人、という本物のフェチへの憧れが強く、そうではないコンプレックスがあるので、僕はことあるごとに、せいぜいフェチ的なもののフェチ、「フェチフェチ」だと喋ったり書いたりしてきた。女性の二の腕が好きだが、それだけで抜けるわけじゃないスから二の腕フェチです、なんてルミナックスくらいのお方には言えないです。

香港映画『MAD探偵 7人の容疑者』の主人公は、殺人事件の現場に行ったり、犯人が入ったレストランの同じ席で同じメニューのものを毎日毎日食べて、犯人像や犯人の性癖を発見するのだが、その瞬間、絶対にこういうプロファイラーって勃起してるだろうと思うんですよね。

ルミナックスと出会ってから、彼のブルマAVで正しく抜けるようになったし、アロマ企画や大塚フロッピーみたいな極端かつ重篤系はおかずになる、ということです。

この『ペイントガールSEX3』は木下こはるちゃんというB級のAV女優が、身体に白いペイントを塗りたくり、そこにブルーを重ね、さらにパープルも重ね「気持ちいい」とか「美味しい」とか喋り、パートナー男性が現われ、色付きのポコチンを舐め、SEXへと発展。男は勃起しているし、彼はコレでしか勃起しないであろうと解釈することが僕にとっての勃起につながるというわけです。実際この遊びをやってみたら絶対に勃起するだろうし、やってみたい、と強く思いました。

後半はどうなるのかというと、さらに絵の具の乗りが激しく、目も開けられないくらいの厚化粧となって、またもSEX。ただそれだけっスよ。後半もう髪と顔の境界線もわからない泥人形と化すこはるちゃんの陶酔顔だけでおかずになりますよ。

これがアリスJAPANの川上"みぃなな"奈々美とピエール剣あたりが半笑いでやっていたらピクリともしませんよ。単体のフェチ物でおかずになるのは汗かきの希崎ジェシカ以降広まった汗だくFUCK物くらいですかね。ま、単体女優にはフェチ作品は求めませんけど。

本作のカラミはしかし2回とも射精描写がない。精液で女体を汚しては興ざめなのね? じゃあ、それで正解だ、とこのたび発見。やー、興奮しましたわ。

素朴な少女がこんなに変態だったなんて! こうシフトするだけで皆さん抜けると思うのです。

文=沢木毅彦

『ペイントガールSEX 3(アキバコム制作部)

発売日:2014年4月18日
品番: APX-3
収録時間:51分
定価:6,260円(税込)
メーカー:アキバコム制作部

メーカーサイトにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『女子のイジメ 1(アキバコム制作部)』

沢木毅彦 1961年生まれ。フリーライター。AV創世記より専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。ロリから熟女まで可愛らしいAV女優が好物。香港映画と香港街歩きマニア。好きなビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)。食事は自炊派ですが、外食ならラーメンは天下一品のこってり、カレーはcoco壱番屋の7辛。巨人ファン。
 | 
14.07.07更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
沢木毅彦 |