本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第9回 「川中理紗子」 【5】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=川中理紗子

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第9回川中理紗子さん最終回です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 




マイナス思考だからって、伝わらないことで嘆くことは私はない
メッセージ性というよりは、ただ観てもらえたら嬉しい。寝ててもいいんですよ
最後に見せる本音

実際の川中理紗子はとてもお客さん受けがいい。それは彼女の細やかなコミュニケーションや優しい性格に関係しているようだった。

「ポラでツーショット撮るときとか、楽しい時間をと思ってギュ〜ってしてあげるんですね。まあ、こんなブサイクにくっつかれて嬉しいかどうかわからないですけど、一応こんなブサイクでも観にきてポラを買ってくれるのは嬉しいので。そうするとお客さんが照れるんですよ。そういうシャイなお客さんが多くて。大阪にすごい無口なお客さんがいたんですけど、会うたびにだんだん口数が多くなってくれたりとか、そういうのは嬉しいですね。ステージって、凄いステージとか、お客さんに元気をあげるステージとか、癒してあげるステージとかあるじゃないですか。凄いっていうステージは技量的に無理だし、元気をあげるっていうのも素敵なことだけど、やっぱりみんな疲れた人ばかりだろうなと思うから。癒すっていうとおこがましいけど、『あ、俺ってこのままでもいいんだな』って思ってくれたらいいなって思います」

それはひょっとすると、自分がされたいことを人にしてあげてるのかもしれない。

「でも私は逆に『君はそのままでいいんだよ』っていわれたら、すごい居心地悪いです。だからまたちょっと違うかもしれない」

自分の性格で気に入らない部分があるのだろうか。

「うーん、性格もっとよければよかったですねー」


インタビューは堂々めぐりだった。何を聞いても自虐的な発言に行きついてしまう。一旦気分を変えるため、インタビュー場所をカラオケ店から、無理を言って彼女の自宅へと移動してもらった。もう少しリラックスして話をしてもらえるかもしれないと思ったのだ。

dancing_girls_45_04.jpg


引っ越したばかりで段ボールの積み重なった部屋には、カーテンの隙間から光が差し込んでいた。彼女は、買ってきた「ポテトチップス シチリア島の塩&ライム」をパリパリと食べている。

「カルビーのポテトチップスが一番好きです」

キラキラと光るネイルアートが、ポテトチップスをつまむたびに皿に当たる。カンカンと鳴る音が妙に心地よかった。明らかに様子は変化していた。リラックスしたふうで、もう作り笑いもしない。素の表情を見せながら、落ち着いて口を開き始める。

「私は頑張ってるんで見てください、というのは少し違うかな。自分なりには一生懸命やってるんですけど、でも『がんばったで賞』を貰ったところで嬉しくはないんですよ。お客さんにこう思われたいとかよりも、逆にステージで何でもできたらいいなって思う。私は綺麗なのしかやらないとか、こういうのしかやらない、とかじゃなくて、ブリブリもやれば怖いのもやったり。能力的に、バリバリ踊るのはできないですけど、でも一応それを除いたら色々と挑戦してきたと思うし」

川中理紗子のステージには、ストーリーがある。一見、悲恋ものでも、よく観るとそうではない、そんな難しいものもあるという。

「私は絵本を見るように観てもらいたいなと思うんです。このストーリーが伝わらなきゃ嫌というよりは、観る人が観たように。マイナス思考だからって、伝わらないことで嘆くことは私はない。漫画とか、言葉を使ってるときはまた別なんでしょうけど、ステージに言葉はないので、言葉のない世界は言葉のない世界で楽しんだらいんじゃないかと。あんまりメッセージ性というよりは、ただ観てもらえたら嬉しい。寝ててもいいんですよ。いつも眠そうな曲を選んでるんで。安らいでもらえたらいいです」





川中理紗子の本質が伺えるような言葉だった。もしも踊り子をしていなかったら、どうなっていたのだろう。あまりイメージできないから不思議だ。

「えー、もしかしたら死んでたかもしれないですね。ははは。けど別に重い話じゃなくて、それはなんか思います。踊り子じゃなかったら他になんかなってたかなあって」

辞める辞めないといいつつも、踊り子の仕事に全力投球している。迷いのない人生に見える川中理紗子はどこに向かっているのだろう。

「すっごいわかりやすい言葉でいえば、明日死ぬかもしれないじゃないですか。未来のことより、今を生きるので精一杯なんですよ。毎日がいっぱいいっぱいなんです」

川中理紗子は年に数回しか休みを取らない。精一杯生きるというのは、すごいことだ。

「他人に興味がないんですかね。そういう意味ではナルシシスト。映画とかに興味がないのも、なんかあまり他人の世界観に興味がないから。踊り子になった時点で、目立ちたくないなんて嘘だし。どうせ目立ちたがり屋ですよ、みたいな(笑)」

最後にやっと本音らしいことを言ってくれた。インタビューは約3時間。その間にどれだけの顔を見せてくれただろう。川中理紗子には、きっとまだまだ別の顔があるに違いない。そう思うとちょっとドキドキする。

文=インベカヲリ★

dancing_girls_45_07.jpg

kawanaka_prof.jpg
Kawanaka Risako x Inbe Kawori★

川中理紗子
渋谷道頓堀劇場所属。2003年07月21日、札幌道頓堀劇場にてデビュー。小柄な身体で、可憐な舞姫を感じさせる演目はストリップの常連客ならずとも目を瞠る。先月に5周年を迎え、その際に披露された演目も大変好評である。

香盤情報
A級小倉劇場
9月21日-30日
広島第一劇場
10月1日-10日
渋谷道頓堀劇場
10月11日-20日
撮影=インベカヲリ★
モデル=川中理紗子
取材協力=渋谷道頓堀劇場若松劇場

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
詩田笑子  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.09.13更新 | WEBスナイパー  >  咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫