Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第13回 「浅葱アゲハ」 【2】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=浅葱アゲハ

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」第13回浅葱アゲハさん、掲載中です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

dancing_girls_63_01.jpg
SMがしたくてSMショーパブに行ったんですけど、すぐに違うなって思ったんです
自分を痛めつけたいみたいな理由でやってたけど、だんだん気が治まってきたというか
生真面目なM女

成績優秀だった浅葱アゲハは有名大学に一発合格。映画好きが高じて、映画館でアルバイトも始めた。世間的に見れば順風満帆な人生のはずだが、浅葱アゲハはそれで満たされるメンタリティではなかった。

ある日、映写室で一人こもっていると、いつの間にか自分の腕が血だらけになっていることに気がついた。愕然とした。切った記憶はないが、自分で切ったことは明らかなのだ。

「勤務中に無意識で切るって、人としてどうなの?と思って。やっぱり頭おかしいじゃないですか。打開策を考えないとって思ったときに、SMどうかしらって思ったんです。一人でやるよりも誰かと関わったほうが、若干社交的なんじゃないかって」

自分を痛めつけたいという欲求は消えることがなかった。だがSMという人とのコミュニケーションの中で成立するものなら、より健全だと考えた浅葱アゲハは、さっそくパソコンに向かい「SMクラブ」を検索した。

「といってもSMが何か全然わかってなかったんですけどね。手っ取り早く痛い目に合うために、最初はSMクラブに行ったんです。そしたら面接でメニューを見せられて、『フェラ』だとか『アナルファック』だって書いてあって、ビックリして帰ってきちゃいました。『すみません、間違えました』って(笑)」


dancing_girls_63_02.jpg
浅葱アゲハは処女だった。人の輪に入れず友達もほとんどいない彼女は、当然のように彼氏もいない。そんな彼女が求めているのはHなプレイではなく、ただの「痛み」。次に閃いたのは、SMのショーパブだった。

「色々考えて、SMショーだったら相手の人とも一線越えなくて済むし、痛いことだけしてればいいし、人も一応見てるから安全かしらと思って」

向かった先は、六本木の「Jail」。彼女はすぐにM女としてショーに出始めた。大学一年の18歳。お酒も飲まず、夜の世界で遊んだ経験もなかった。人前で裸になることには抵抗があったが、痛みを得るためなら頑張れた。そうまでして自分を傷つけないと、前に進めなかったのだ。

「精神科へは行ったんですか?」

「行かないです。自分が病気と認めたくないというか。え、でもたぶん病気とかじゃないでですよね? だってそこらへんにいっぱいいるじゃないですか。腕切ってる人とか。珍しくないですよ」

遠い過去を振り返るように、微笑んでそう言った。





『Jail』に入店してすぐ、浅葱アゲハは縄師である長田スティーブと出会うことになった。2人はすぐに意気投合し、なんと32歳という年の差で付き合うようになった。そして当然のように、SMショーでのパートナーになった。大学へ行きながらも、どっぷりと夜の世界に浸かるようになった彼女は、自分の生きている世界を認めてもらおうと、両親に報告をした。

「うちは倫理的に厳しい家なんですよ。父も母も夜遊びみたいなことは絶対にしない人で。父は仕事に定時で帰ってきて、飲みにもほとんど行かない。土日は家族でどこかへ出かけたりするくらいで。むしろ父は水商売といった種類の女性がすごく嫌いでした。うちの母にも化粧しないでって言うくらい。で、母のほうも似たようなもので、男性経験まったくなく結婚したんです。だからもう私が始めたことなんか意味わかんないみたいな。ただやっぱり腕切ったりとか、学校行かなかったりっていうので、娘がしんどい姿は知ってたんですよ。だからこの仕事も受け入れてはいないけど、認めてくれてます」

リストカット同様、やらなければ生きていけない。それが浅葱アゲハにとってのSMショーだった。厳しい両親に報告するというのは、とてもハードルが高いことに感じるが、それも彼女の生真面目さなのだろう。そして生きるためにショーを続けるうち、考え方も少しづつ変わっていったようだ。

「実はSMがしたくてSMショーパブに行ったんですけど、すぐに違うなって思ったんです。やっぱり痛いのが好きでリストカットをしていたわけじゃないんですよね。自分を痛めつけたいみたいなよくわかんない理由でやってたけど、それもだんだん気が治まってきたというか。スティーブとSMショーをやっていく中で、いわゆるショーとしてお客様に出すものとしてはなんか違うなって。ムチを打たれてどうのとか、蝋燭垂らされてどうのっていう瞬間よりも、例えば縛られて宙に浮くとか、縛ってる形とか、動きでお客様が楽しむみたいな、そういう瞬間のほうが自分がやっててしっくりくるなって思ったんです」

M女としてショーを行なっても、そこに気持ちよさは伴わない。気持ちよさそうなリアクションをしなければ、お客の求めてるものと一致しない。自分はM女というのとは、少し違うのかもしれない。スティーブと話し合った結果、ムチや蝋燭を使うのを止め、SMショーではなく緊縛ショーに移行していった。

(続く)


dancing_girls_63_06.jpg

asagi_ageha.jpg
Asagi Ageha x Inbe Kawori★

浅葱アゲハ
2003年6月よりSMショーに出演、2004年4月21日九条OSのSM興行にて劇場デビュー。緊縛師・長田スティーブとの緊縛ショー、またソロの出演では空中パフォーマンスをメインとして演出がなされた演目を行なっている。鍛え抜かれたスレンダーな肢体が宙に浮いたまま披露されるステージは必見だ。劇場のほかクラブイベントなどにも精力的に出演しており、ステージを見ることができる。

A-GEHA.COM Asagi Ageha Official Website
-浅葱アゲハ公式サイト-

香盤情報
船橋ニュー大宝
2月1日ー2月10日

イベント情報
新宿ロフトプラスワン 毒蟲
2/16 ソロパフォーマンス


撮影=インベカヲリ★
モデル=浅葱アゲハ
取材協力=西川口テアトルミュージック

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
徳永心  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】
番外編・ストリップ総合専門誌 『SdJ』
番外編・元ストリップ興行師・ジョウジ川上


インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
09.01.31更新 | WEBスナイパー  >  咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫