女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』 1981年、若松劇場にて公開。

ジョウジ川上。彼が率いる興行集団「プロジェクトSHOW-UP」は、去る2006年3月、DX歌舞伎町での「SM WORLD final」にてSM興行を一旦終了するという。その背景には、ストリップ興行師として30年の経験を持つ彼が、志を新たに固めた揺るぎない決意があるのだった――。

 | 

ジョウジ川上55歳の決意 【1】からの続きです。 >>【1】へ

■駆け抜けた十年間、その後

現在五十五歳の川上の話し口調は柔らかく、とても温厚な人柄に見える。ストリップ業界という裏の世界で30年も過ごしてきた人物とは思えないほどだ。
待ち合わせ場所に現われた川上と共に、彼が現在住んでいるアパートへ向かう。旧劇場から歩いて五分。細い路地の先の小さなアパートだ。かつてはこのアパートの全ての部屋を、劇場従業員の寮として借り上げていたという。

玄関をくぐると、フィルムが二本ぶら下がっていた。モノクロフィルムを自家現像したものだ。台所には写真用の薬品と現像に使う道具、トイレには引き伸ばし機が置かれていた。
先のSM興行でも楽屋を中心に撮影したという。彼は現在ストリップ興行師だが写真学生でもある。そもそも30年前、写真をやるために大阪芸大を中退して上京してきたのだ。奇しくも今、彼が修士課程で通うのは同じ大阪芸大である。

出身は島根県だが、高校は広島県の工業科。どうしても行きたくて親に無理を承知で頼んだという。

「電気が好きでね、大学も工学部に行きたかった。アマチュア無線なんかもやってたから。だけど受験がうまくいかなくて、3年浪人しちゃったんです。その間に変わっちゃったんですね、気持ちが。その頃に出会ったのが荒木さんの『センチメンタルな旅』。私家版※11のね。面白いなあって思った。そこで初めて芸大に行こうって」

工学部を目指していた川上は、初めてカメラを持つことになる。

「行ったらカメラ小僧がいっぱいいるんですよね。詳しいやつとか。写歴10年だなんてやつまでいる。でも半年もしない内にレベルは一緒になっちゃうから」

当時の芸大は、さぞかし面白い場所であったように思うのだが、川上には違ったらし い。

「そんなに面白いヤツはいなかった。むしろ東京に出てからですよ。夜行バスでね。学園祭巡りしましたもん、寝袋持って。面白いじゃない、アングラの8ミリ自主 映画とかさ。そのとき知り合ったのが後藤和夫※12だったんです。『ハードボイルドハネムーン※13』って映画を彼が作ってた。そこに篠田昇※14がいた。そのあと劇場に入ったとき、みんなよく遊びに来てくれたね」

そう言いながら、若き日の篠田氏が撮影した当時のストリップビデオを見せてくれた。

「大学やめて東京出てきたって、誰も相手にしてくれないわけですよ。二度ほど朝日新聞とか持ち込みましたけど、全然相手にしてくれなかった。半年くらい過ぎた 頃かな、偶然なんだけど、当時『CAMP※15』が新宿三丁目にあったんですよね。そこへ行った帰りに、「新宿モダンアート」という劇場があって。そこで張り紙を見てこの世界に入ったんですよ」

その後、川上は前述のように三十五歳までの10年間ストリップの世界を駆け抜けて、業界から足を洗い運送業を興す。違う生き方をしなければいけない、そう思ったという。だが5年後にはまた、この世界に戻っていた。



ジョウジ川上55歳の決意 【3】に続く >> 【3】へ
インタビューTOP

写真=川上譲治 文=編集部・五十嵐彰

※この記事は『S&Mスナイパー』2006年6月号に掲載された記事の再掲です。

26.jpg ジョウジ川上 1950(昭和25)年、島根県浜田市生まれ。大阪芸術大学写真学科を中退後上京、新宿モダンアートに照明係として入社、ストリップ業界に入る。その後運 送業や新聞営業職、またタクシー運転手や亜細亜大学への進学、そしてショーアップ大宮劇場のオーナーを経て「プロジェクトSHOW-UP」として興行をプ ロデュースしていたが2006年の3月に活動を一旦停止。現在は大阪芸術大学大学院芸術研究科芸術制作の修士課程に在学中。
 | 
07.02.21更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー