女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Interview with Real-mania

日本から生まれるアメリカン・レトロ・ボンデージ
〜マニアサイト『隷嬢寫眞館』設立12周年の偉業〜 【後篇】

文=井上文

拘束されて転がされた女体が柔らかくもがき、うめく――。
「ノン・ヌーディ」「ノン・セックス」で彩られたアメリカン・レトロ・ボンデージの伝統的美意識が1人の日本人が発揮するオリジナリティと融合して世界のボンデージ・マニアを魅了する新たなファンタジーに!

 | 

<< 前回の記事を読む

●アメリカン・レトロ・ボンデージ+歌舞伎的な手法で……

『隷嬢寫眞館』を立ち上げた12年前、水村氏は作品のタイトル数が100タイトルに達する頃には活動をやめるつもりでいたという。しかし90作品を越えて終了宣言をしたところ、大勢のファンから「やめるなんてとんでもない」という激励のメールが届いた。

「嬉しかったですね。それでもまさか、こんなに長く続けることになるとは思っていませんでした。着衣緊縛に特化したサイトは当時日本でうちだけだったというのもあるんでしょうけど、ありがたいことだと思っています。最初は『なんで裸にならないんだ』とかって批判も結構あったりして、ガックリ落ち込んでたこともあったんですけどね」

しみじみと時代の変化を感じるという。

「これはまだ活動を始めたばかりの頃の話ですけど、家族に写真を見られて焼かれたこともあるんです。私がこの世界に興味を持った頃って、今ほどSMが市民権を得ていませんでしたから、今だって少数派ですけどもっと極端だったんですよね。その点ではいい時代になったと思ってますよ。ネットの普及もありますし、普通にボンデージ的な衣装でそこら辺歩いている人もいますからね。好きなことがやりやすくなって楽しいですよ(笑)」

←『隷嬢寫眞館』立ち上げ初期の頃の写真。化粧の仕方や雰囲気に時代を感じさせるが、水村氏は「こういうものは永遠です」といとおしむ。紙焼き写真のいい味が出ている。
今、『隷嬢寫眞館』では月に約4本(DVD)のペースで新作をリリースしている。内容は先に書いた通り様々で、水村氏がネットで見つけた新しいギア(最近ではボディサックや複式ギャグなど)が試されたり、海外のファンから「これを使ってくれ」と送られてきたダクトテープなど新素材での拘束、ベテランモデルのアイディアを取り入れた作品を撮ったりと、一口にアメリカン・レトロ・ボンデージと言っても伝統や枠に留まらない独自の試行錯誤や開拓が行なわれている。忙しい毎日のはずだが、今はもう活動をやめようとは考えていないという。

「(社長業よりも)こっちをメインにしたいなと。体がもたないですから。若い頃はね、企業戦士として、前向きに倒れて死にたいくらいに思ってましたけど、今は、自分の好きなことをやりながら、畳の部屋で安らかに死にたいと(笑)。応援してくれる皆さんのお陰でだんだんと気持ちが変化していきましたね」

←ボディサック&全頭マスクで完全拘束された女体。このボディサックには内部に腕を通す筒があり、袋状のボディサックと違って内部での身動きもほぼできなくなるという。
ずっと一人でやってきた『隷嬢寫眞館』だが、いっそ組織的に大きくしようという展望はないのだろうか。

「そういう野望はまったくありません。『隷嬢寫眞館』のポイントを心得ている人がスタッフとしていてくれるなら使いたいけれども、無理に知らない人を教育して使おうという気はありません。疲れちゃいますから。何回かそういうのチャレンジしたこともあるんですけど、これってやっぱり感性のもの。教育してどうこうできるものじゃないんですよね」

好きなものにこだわりながら、自分を納得させられるものだけを作る。水村氏らしい、一貫した姿勢だ。こうして一人のマニア男性の手で作られていく“日本生まれのアメリカン・レトロ・ボンデージ”は、当然、2009年もネットを介してジワジワと世界に浸透していくことになるはずだ。改めて抱負を伺っておきたい。

←ホモ系のサイトで発見し、購入したという複式ギャグでの屈辱的結合シーン。キャラ設定やスートリーによって内面も様々に想像できる他、2人揃ってのもがき方にもユニークな特徴が出る。
「歌舞伎がね、好きなんですよ。急に話が飛ぶようだけれども(笑)。歌舞伎って、一応ストーリーっていうかパターンがあって、役者とか変えながら何回もやるじゃないですか。そんなふうに、ストーリーは固定しておいて、衣装とモデルを変えながら……ってことをずっと考えてるんです。あれはほら、キメのポーズがあるでしょう。私がボンデージに求めてるものにも通じるというか、観る上で、探してる瞬間があるという点が凄く似てる。だから、今年の目標としては、歌舞伎とのそういう接点をもっと意識的に模索して、『隷嬢寫眞館』的な“演目”を作ってみたいなと。そしていずれは体系化してみたいなと思っています」

ジョン・ウィリーの作ったボンデージ・アートがアーヴィング・クロウらの手で今も語り継がれるボンデージ・アイドルを生み、その伝統を踏まえた日本人が世界のボンデージ・マニアを魅了する新たなファンタジーに繋いでいく――。それを単なる夢と思わせない層の厚い面白さ、そしてファンの支えをマニアサイト『隷嬢寫眞館』はゆっくりとだが着実に獲得してきた。そして予告されたアメリカン・レトロ・ボンデージ+歌舞伎! 今後の展開も注視せずにはいられないのである。

文=井上文


関連記事

米国ハーモニー・コンセプツ社の魅力を探る二大インタビュー 心に疼くボンデージがある!
【1】>>>【2】>>>【3】


関連リンク

隷嬢寫眞館



inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.01.18更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー