ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
os.jpg

ショーSM界のパイオニア長田英吉を師匠に持つドイツ人緊縛師長田スティーブ。金髪碧眼、その大きな体で見せるショーは非常にダイナミック。また流派などにこだわらず熱心に緊縛術を学ぶことでも知られるが、はたしてそんな彼にはどんな時代が見えているのだろうか。


この記事を最初から読む
前回の記事を読む

 | 

既成の枠組みにとらわれないドイツ人縛師。
彼が望むのは純粋なほどに緊縛術だけ。

長:日本では縄師同士の交流があまりない。やっぱり西洋と違って日本社会は〜流とか〜派みたいになってしまう傾向があって、幅広く付き合ったり仕事をしたりできないのは残念なことだと思うよ。

――それはあなたが風習にとらわれないドイツ人だからではなく、あなたの勉強したいという熱心な気持ちがそうさせるのでしょう? そのことのほうが重要だと思います。

長:ドーモアリガト(笑)。だから僕のスタイルが何であるのかというと、みんなの影響を受けてるんだ。雪村先生もおっしゃってたけど、テクニックよりもM女をいい気持ちにさせることのほうが大事だって。でもそんなことを言えるのは、雪村さんがそれほど上手で、すごい人だから言えるわけなんだ。僕なんかはまだまだテクニックにこだわらないと自分が進歩しない。でも根本的に僕の第一の満足はM女を満足させること。だからサービス業(笑)。だけどそれプラス、メンタルな部分、心の繋がりがないといけない。それは一生の勉強ですよ。話を戻すと、明智伝鬼さんが亡くなられたことで、新しい何かを期待しているってことだよね。でも日本ではみんな交流がないから、新しい何かが出てくるのは非常に難しいと思う。西洋では色んな会場でイベントがあると、みんな一緒に行くことが多く、みんなの努力で新しいものが出てきたりするわけだけれど、日本は交流がないから自分のところでしかやらない。そんな状況では新しい面白い時代になるのは難しいと思う。

――色々な交流をするべきだと?

長:そうすれば新しいアイデアや新しい縛りが生まれてくるんじゃないかな。

――そういう状況を作るためにあなたは何をするべきだと考えていますか。

長:それは日本のことだから。僕が関わることじゃないと考えてる。例えばSMクラブで高いお金を出してプッシーが見れるとか、女王様に縛ってもらえるとか、とても単純な取り引きになっちゃってる。西洋にそういう場所はないけどアマチュア同士で交流できる場所がある。例えばフェティッシュパーティ。アマチュア同士とか少しプロになってても色んなことができる。だから色んなアイデアが出てくるんだ。

――そんな日本の状況を嘆くあなたにも、できることはあると思います。

長:僕一人では日本の考え方や日本のシステムを変えることはできないよ。

――先ほど3年経てばと言われました。そのときあなたが言う新しいコミュニティを持っていれば、相応の影響力を持てるんじゃないでしょうか。

長:たぶん僕にそれを期待しないほうがいいよ(笑)。問題点を把握した上で、僕が言えることはひとつだけ。その問題を解決するにはそういうパーソナリティが必要なんだ。僕はパーティも、沢山の人といっしょにいることも好きじゃない(笑)。だから期待しないでほしい。でも僕にできることの一つは、世界中の人たちが自分の中のSMを受け入れる手伝いができる。僕ら50年代の人たちは若いときみんな悩んでいた。インターネットのない時代、しかもヨーロッパでカトリック教の影響が強く、女性をいじめたい気持ちは非常に悪いことだと思っていた。でもそういう人たちにSMは悪いことじゃない、こうすれば自分の気持ちをエンジョイできると伝えること、それは僕にできることだ。わかってほしいんだけど、今の若い人たちは、自分がS、自分がMだと簡単に言えるようになっているよね。でも前の世代の人たちは決してそうじゃなかったってこと。そして少しずつ次の世代、新しい世代が出てきてるとも思うんだ。今の世代は縄に限らず色んな道具を使ってる。でもまだ縄に専念する新しい人は見ていないな。やっぱり僕は縄の道でいきたいと思う。僕はキャリアの終わりに回転舞台で女性のプッシーだけをお客さんに見せるハメにはなりたくないんだ。やっと西洋ではかなり名前を知られるようになった。でも日本ではまだ、何者でもないんだ。例えば雑誌とかで僕の緊縛を見て、ドイツ人とか関係なく縛りだけ見て、この人は上手いと言われるようになったら嬉しい。そのためにはまだまだ毎日縛らないとダメなんだよ。でもね、昨日と今日、今日と明日で、僕の縛りは確実に成長しているからね。

次回は有末剛が登場です。


インタビュー=編集部・五十嵐彰 通訳=alice liddell
※この記事はS&Mスナイパー2006年1月号に掲載された記事の再掲です。


長田スティーブ ドイツ出身。1988年にフォトジャーナリストとして来日。1998年、長田英吉氏と初めて出会い、その後師事。2001年、長田英吉が永眠すると、生前伝えられていた師匠の希望通り長田性を襲名、緊縛師・長田スティーブとしての活動を開始して現在に至る。

関連リンク

長田スティーブ公式サイト=http://www.osadasteve.com/
 | 
07.03.03更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー