Lovely-CandleB ミストレスランドA 本家三行広告:A 女王様・M男動画サイトB
最新記事20件
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
特選AVレビュー『牝犬にされた女社長 獣欲の生贄(シネマジック)』
女の武器は言葉だ/『女の数だけ武器がある。たたかえ! ブス魂』著者=ペヤンヌマキ(幻冬舎) 文=大野左紀子
特選AVレビュー『緊縛奴隷調教され快楽堕ちする美しき背徳未亡人 小向美奈子(マキシング)』
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年2月号
特選AVレビュー『イッてもイッも許さない 完全拘束亀頭責め(エピキュリアン)』
ノマドしすぎた男 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』公開中!!
特選AVレビュー『必殺! 白目剥いても地獄突き 真白愛梨(NON)』
特選AVレビュー『うちの娘、家ではブラジャーを着けないので、父としてはちょっと困ってます... ゆうなちゃん 姫川ゆうな(思春期.com)』
川上讓治写真展 「釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】」開催!!
特選AVレビュー『ベッロベロのズッポズポ - 成宮いろは(ドグマ)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【31】『ふたなりっ娘ファンタジアIII 』所収「オナホフレンズ」 著者=まる寝子(キルタイムコミュニケーション)
SMを真面目に語るネット番組「おれたちの非常口」ニコニコチャンネルで月2回、生配信! 第1回は2/9 20:00-21:00にて放送予定!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/真白愛梨 (光夜蝶)』
特選AVレビュー『いひなりの兄嫁 畑野聖奈(タカラ映像)』
絵を描く人々 第10回 描くことの光と闇
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE Vol.63(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.27(大洋図書)
オルガ 官能ドラマ劇場(ミリオン出版)
人妻恥辱ポルノSpecial(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.8 (ミリオン出版)
giri giri Vol.16(大洋図書)
俺の旅 2017年3月号(ミリオン出版)
よろめき 2017年3月号(ミリオン出版)
スケベ過ぎる女教師(大洋図書)
花と蜜 Vol.39(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_12_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第3回「颯輝」【3】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=颯輝

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第3回は“SM班”の新人、颯輝さんを掲載中!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

伝統とかしきたりを守る、そういうものを先輩から学ぶっていう機会は、
普通に仕事していたらなかなかないことだなって

ストリップデビュー

新人発掘オーディションの後、「紅薔薇座」から出演オファーが来た。きっかけは「紅薔薇座」の公演を観にいったときに、アンケート用紙に「私も将来、SMやりたい20歳の女子です」と書いたこと。主催側は、実験的に劇場未経験の若手を使ってみたかったのだと言う。まったくの未経験であった颯輝さんは、この話を受け、「紅薔薇座」のサブメンバーとして2回出演している。

「最初はやっぱり裸になるっていうのは抵抗ありましたね。最初の二日間はとくに。でも脱がなきゃダメだなって途中から割り切って。慣れてくると裸でいるのが快感になってくるんですよ。気持ちいいっていうか。それはエロ的な意味じゃなくて、もちろん露出狂という意味でもなくて、表現としてヌードを見せるということにですね。自分もどこかしらで、ヌードを使った表現がしたかったんじゃないかなって、そのとき思いました」






要領良くスイスイとやりたいことに突き進む颯輝さん。しかし、裏ではものすごい練習を積み重ねているのがストリップの世界だ。

「ステージに出る前に、先輩姐さん達に教えて頂いたんですけど、表情とかポーズを切ることとか、泣きながら学びましたね。最初はボロクソ言われて、自分には出来ることと出来ないことがあるんだなって、諦めたほうがいいのかな思ったりしてヘコみました。技術的なこともあるし、気遣いとか、楽屋での大事なことも教わったし。人間関係とかしきたりとか、タブーとかあるんですよ。その制約の中でどうやって自分は出来るのかなっていうのはありましたね。まだ数える程度しか劇場には出てないけど、女の子なら一回は通ったらいい道じゃないかな、くらいに思いましたよ。今の同世代の女の子たちって、自分より一周りも二周りも上のお姐さんたちから、面と向かってビシっと言われることって少ないじゃないですか。そこまで向き合ってもらえないですよね。伝統を守るとか、しきたりを守るとか、そういうものを先輩から学ぶっていう機会は、普通に仕事していたらなかなかないことだなって思って」

伝統やしきたりが、どんどん崩されているのが現代の常だ。特に女性の世界では、縦社会はほとんどと言っていいほどない。唯一残っているのがストリップの世界といっても過言ではない。それでも昔に比べて随分と緩くなったという話だが、ベテランストリッパーからじきじきに教わった颯輝さんは、かろうじてその厳しい世界を体感することが出来た。よほどの根性がなければ、上下関係のきつさにすぐに挫折してしまうだろう。しかし颯輝さんはやり遂げた。

「自分も伝統を守っていきたいなって思いましたね。私のショーの振り付けは、先輩姐さん達から教えていただいたものであり、自縛にしろ自吊りにしろ、ロウソクをカラダに垂らす、ロウソクベッドにせよ、あれもやっぱり見せ方とか表現の仕方とか普通のこととは違うやり方を教わってきたんで。先輩の意思をステージで表現したい。一番の課題は、昔からあるものを自分なりにアレンジしたいっていうのがあって。だから、伊藤舞さんや、一条さゆりさんのショーが一番の憧れですね。一条さゆりさんはもうとっくに亡くなられているし、伊藤舞さんは引退しちゃってるので、観ることはできないんですけど」

颯輝さんの話を聞いていると、丁寧な言葉遣いであることに気付く。言葉を慎重に選び、ほんの一瞬でもタメ口は使わない。ベテランストリッパーのお姐さん達が、真剣に向き合って稽古してくれたのも、きっと颯輝さんの生真面目な姿に惹かれたからではないだろうか、と思う。きっと厳しい親御さんにしつけられたのだろうと想像したら、やっぱりそうだった。

「娘に手を上げる父親でしたね。顔とかケツとか色々。キックが飛んできたり、色んなものが飛んできたり。私、父親のことが嫌いだったんですよ。短気で、いつもガタガタ怒るから。6歳くらいのときに怒りが爆発して、父親を指さして『バカヤロー死んじまえ』って言っちゃったんですよ。そしたらボーンと飛んできて、私はタンコブだらけ。でも引き下がるわけにはいかないので、仕返しに急所をパンチしたんですよ。子供の力ですから、そんなに強くはないと思うんですけど。やったらすごい痛がっていましたね」

攻撃的な子供である。案外、それでサディストに目覚めたのではなかろうかと想像してしまう。しかもそれでいて、幼稚園では自閉症と思われていたというギャップがすごい。

「今となっては、親に殴られることって別にマイナスじゃなかったなと思います。結局、テメーが悪いんだから自業自得だよっていうのが身に付いたので。小さい頃から、『テメーの人生だからテメーでなんとかしろ』って言われて育ったんですよ。父は見た目が暴力団みたいで、パンチパーマで色白でムキムキで眉毛が薄くて、言葉遣いはものすごく乱暴。いきなり『バーロー』とか言いますからね」


しかしそんな乱暴な父を持ちつつ、さらに父方の祖母のルーツを探ると、まったくの逆であるから面白い。

「父の父は刑務官なんですよ。昔は軍人で、終戦後に刑務官になったらしくて。それで余計に血気盛んなんですね。にも関わらず、祖父というのは、町でも一番有名な恐妻家だったらしいんです。表向きは刑務所で恐れられる仕事なのに、家ではまったくの逆。小さな集落なんですけど、その中で奥さんとお姑さんが一番怖い女系家族だってくらいで。あだ名があったらしくて、母曰く『うちのお父さんの家系は、なんとか殺しだよ』って。そのなんとかが、たぶん婿殺しか嫁殺しだったと思うんですけど。小さい頃に父の田舎に行ったんですけど、祖母がやたらと怖かったのを覚えています。祖父は台所に縮こまって一人でパンを焼いて食べてて。家の父は全然そんなことなくて、母より父のほうが怖いんですけどね」

颯輝さんの性格は男っぽい。喋り口調から、男と対等に立ちたいという意思を感じる。そして父親に対しては、現在も攻撃的に接しているらしい。これも隔世遺伝なのかもしれない。

(続く)



前回に戻る 目次に戻る

satsuki.jpg
Satsuki x Inbe Kawori★

颯輝
乱田舞氏主催「DX歌舞伎町」で行なわれた新人発掘オーディションへの参加をきっかけに劇場デビュー。最近は紅薔薇座の興行にサポートとして加わることがあるとのこと。また早乙女宏美さんに心酔しており、彼女のお手伝いなどをしたりしているとか。
撮影=編集部
モデル=颯輝

関連リンク

新宿DX歌舞伎町

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
きらら☆ 【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】



インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.01.26更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー