本家三行広告:A 女王様・M男動画サイトB Lovely-CandleB ミストレスランドB
最新記事20件
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
特選AVレビュー『牝犬にされた女社長 獣欲の生贄(シネマジック)』
女の武器は言葉だ/『女の数だけ武器がある。たたかえ! ブス魂』著者=ペヤンヌマキ(幻冬舎) 文=大野左紀子
特選AVレビュー『緊縛奴隷調教され快楽堕ちする美しき背徳未亡人 小向美奈子(マキシング)』
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年2月号
特選AVレビュー『イッてもイッも許さない 完全拘束亀頭責め(エピキュリアン)』
ノマドしすぎた男 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』公開中!!
特選AVレビュー『必殺! 白目剥いても地獄突き 真白愛梨(NON)』
特選AVレビュー『うちの娘、家ではブラジャーを着けないので、父としてはちょっと困ってます... ゆうなちゃん 姫川ゆうな(思春期.com)』
川上讓治写真展 「釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】」開催!!
特選AVレビュー『ベッロベロのズッポズポ - 成宮いろは(ドグマ)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【31】『ふたなりっ娘ファンタジアIII 』所収「オナホフレンズ」 著者=まる寝子(キルタイムコミュニケーション)
SMを真面目に語るネット番組「おれたちの非常口」ニコニコチャンネルで月2回、生配信! 第1回は2/9 20:00-21:00にて放送予定!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/真白愛梨 (光夜蝶)』
特選AVレビュー『いひなりの兄嫁 畑野聖奈(タカラ映像)』
絵を描く人々 第10回 描くことの光と闇
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE Vol.63(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.27(大洋図書)
オルガ 官能ドラマ劇場(ミリオン出版)
人妻恥辱ポルノSpecial(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.8 (ミリオン出版)
giri giri Vol.16(大洋図書)
俺の旅 2017年3月号(ミリオン出版)
よろめき 2017年3月号(ミリオン出版)
スケベ過ぎる女教師(大洋図書)
花と蜜 Vol.39(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第3回「颯輝」【4】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=颯輝

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第3回“SM班”の新人、颯輝さんの最終回です!

前回に戻る 目次に戻る
 | 

自分に残された時間を大事にして
出来ることをいっぱいやっていきたいですね

エックスジェンダー

颯輝さんは、自らをエックスジェンダーだと話す。

「昔、自分はもしかしたら男かもしれないと思っていた時期があって。性同一性障害という病気があることを知って、色々考えたんですけど。でも自分はそうではなく、中性的になりたいんだなってことに気付いて。そういう人達はエックスジェンダー、もしくはトランスジェンダーっていうらしいんですよ。戸籍や肉体は変えなくても、要所要所で男性や中間の性になりたかったり、それを望む人がいるんです。私はたぶんそれですね。軽度の性同一性障害です。一時期はそのことで悩んでいましたけど、劇場の仕事をするようになってから踏ん切りがついたというか、しばらくはこのままでいようと思うようになりました。ただ、出来る限り男性の肉体に近づけたいなと思いますけど。筋肉ムキムキになりたいんです。本当は男性ホルモンを打ちたいんですけど、ものすごい異臭を放つって聞いたんですよ。男性の持つ体臭と女性の持つ体臭が混ざるらしくて。劇場の仕事では支障をきたすので、今は諦めています。それをやるのは、40歳や50歳でも遅くないし」

小学校の頃から、服装は半ズボンにシャツ。女の子と手をつないで遊び、友達以上の感情を抱いていたという。そして、男はまったくの恋愛対象外。

「興味ないですね。恋愛対象は完全に女です。高校時代からずっと付き合ってる女の子がいて、その子も対象は本当に女の子だけなんですよ。『流血とかやるんだったら、金輪際付き合いたくない』って言われてて。一緒にホテルとか行くのはいいけど、絶対変なプレイとかしないでねって。なんか持ってこないでねって。よく怒られましたね(笑)」



要領良くスイスイとやりたいことに突き進む颯輝さん。しかし、裏ではものすごい練習を積み重ねているのがストリップの世界だ。

そう考えるようになったのには理由がある。冒頭で話したように、颯輝さんは循環器系が弱い。若くして重い病気を抱えていくというのは、確実に人生に影響を与えることになる。

「高校時代からオカシイなって自覚はあったんですよ。急に脈が速くなって、立っていられなくなっちゃう。でも酷くなったのはここ最近ですね。今は検査中なので、場合によってはそれなりの処置をしなくてはいけないんですけど。これは祖母も持ってる病気だから、やっぱり遺伝ですよね。隔世遺伝のおまけだと思います」

一瞬でも感じた死の恐怖。それに対してどう思ったのだろうか。

「自分の人生をより考えるようになったというか、よりひねくれたというか。悩みましたね。死ぬ覚悟というか、自分が死んだときに変な性癖がばれるようなものは残したくないなと思いました。「S&Mスナイパー」とか、今まで買い揃えたロープとか劇場で使うロウソクの束とか。その他もろもろ、レズビアン雑誌とか。祖母にばれるのはいいんですけど、顔を合わせたことのない遺族とか、親戚には見つけられたくない。世間の目は厳しいですから、『こんなことやってるから心臓発作を起したんだ』とか言われそうですからね。実際、母からも冗談で言われたんですよ。『アンタ、女の子とばっかり遊んだり、酒飲んでタバコ吸ってばっかりだからカラダおかしくなるんだよ』って。変なことやるから変な病気になるって考え方は、自分の中では傑作だなと思ってるんですけど(笑)。でもある意味正論かなと、自分の中でだんだん思えてきたりして。変なことをやる分、おまけがついてきたから。特殊なことやるっていうのはそれなりにリスクがあるわけじゃないですか。たまたま私の場合は、病気という形でポンとついてきたという。でもそれからは、一日一日を大事にしようと思うようになりました。好きなこと、興味のあることをやっていきたいです」




そんな颯輝さんは現在、憧れの存在だという早乙女宏美さんの下でお手伝いなどをしている。

「早乙女宏美さんが書いた『「奇譚クラブ」の人々』を読んでいて、こういう世界を紹介できる人ってすごいなあって思っていたんです。切腹ショーの写真とかを見て、憧れの存在であり、神だったんですよ。私なんかが一生関われない人だと思っていたんですけど、『紅薔薇座』をきっかけに知り合うことができたんです。私が三島由紀夫の世界が好きだとか、切腹が好きだって話をしたら面白いって言ってくれたんですね。SM大会の楽屋にもよく遊びに行かせていただくようになって。早乙女さんは劇団にも参加されているので、今は不定期で雑用を手伝ったりしています。私は本当に業界の下っ端なので、神である早乙女さんの側にいられるなら嬉しいです」

この先、彼女はどこへ向かうのだろう。ちょっと想像つかないが、持ち前の行動力で何か面白いことをしてくれるに違いない。颯輝さんは自分を「男っぽい」と話すが、私にはとてもピュアで純潔さが魅力の女の子に感じられた。そのギャップがよいのかもしれない。



前回に戻る 目次に戻る

satsuki.jpg
Satsuki x Inbe Kawori★

颯輝
乱田舞氏主催「DX歌舞伎町」で行なわれた新人発掘オーディションへの参加をきっかけに劇場デビュー。最近は紅薔薇座の興行にサポートとして加わることがあるとのこと。また早乙女宏美さんに心酔しており、彼女のお手伝いなどをしたりしているとか。
撮影=編集部
モデル=颯輝

関連リンク

新宿DX歌舞伎町

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
きらら☆ 【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】



インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.02.02更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー