ミストレスランドA 女王様・M男動画サイトB Lovely-CandleA 本家三行広告:A
最新記事20件
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
特選AVレビュー『牝犬にされた女社長 獣欲の生贄(シネマジック)』
女の武器は言葉だ/『女の数だけ武器がある。たたかえ! ブス魂』著者=ペヤンヌマキ(幻冬舎) 文=大野左紀子
特選AVレビュー『緊縛奴隷調教され快楽堕ちする美しき背徳未亡人 小向美奈子(マキシング)』
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年2月号
特選AVレビュー『イッてもイッも許さない 完全拘束亀頭責め(エピキュリアン)』
ノマドしすぎた男 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』公開中!!
特選AVレビュー『必殺! 白目剥いても地獄突き 真白愛梨(NON)』
特選AVレビュー『うちの娘、家ではブラジャーを着けないので、父としてはちょっと困ってます... ゆうなちゃん 姫川ゆうな(思春期.com)』
川上讓治写真展 「釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】」開催!!
特選AVレビュー『ベッロベロのズッポズポ - 成宮いろは(ドグマ)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【31】『ふたなりっ娘ファンタジアIII 』所収「オナホフレンズ」 著者=まる寝子(キルタイムコミュニケーション)
SMを真面目に語るネット番組「おれたちの非常口」ニコニコチャンネルで月2回、生配信! 第1回は2/9 20:00-21:00にて放送予定!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/真白愛梨 (光夜蝶)』
特選AVレビュー『いひなりの兄嫁 畑野聖奈(タカラ映像)』
絵を描く人々 第10回 描くことの光と闇
特選AVレビュー『エロすぎる 日本昔ばなし2 「夜這い アワビの恩返し 露したたる生殖器の金髪碧眼の娘」「近親相姦 金太郎 親子で肉欲ぶつかり稽古中出し」「爆乳ドM かぐや姫 平安ギャングバング」(桃太郎映像出版)』
カフェ百日紅 Fetish & Bondage Photo Shin3. 写真展 「Sylvan (Small Box Ⅵll)」開催!!
特選AVレビュー『帰ってきた「常に性交」温泉旅館(ソフト・オン・デマンド)』
2ページまんが 酒場の女【3】
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE Vol.63(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.27(大洋図書)
オルガ 官能ドラマ劇場(ミリオン出版)
人妻恥辱ポルノSpecial(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.8 (ミリオン出版)
giri giri Vol.16(大洋図書)
俺の旅 2017年3月号(ミリオン出版)
よろめき 2017年3月号(ミリオン出版)
スケベ過ぎる女教師(大洋図書)
花と蜜 Vol.39(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_22_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第5回「片瀬永遠」【4】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=片瀬永遠

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」第5回、片瀬永遠さん掲載中です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 



家を出て暮らしたほうが楽でしょうね
それでも親元を離れて隠し通す方が余計に苦しいなと思って
親バレ

両親にはホテル勤務を続けていると見せかけ、踊り子の仕事を続けていたある日、家でテレビを見ている片瀬永遠に、母親はポツリと言った。

「あのー、まさかと思うけど、やってないわよね?」

「やってるよ」

いつか聞かれるだろうその言葉を覚悟していたのだろう。片瀬永遠はそう答えた。

「その仕事をしているって時点で、母親は勘がいいので気づくんですよ。やっぱり普通の仕事をしていた人間がそういう世界に入ったら、変わりますよね全部が。浮世離れっていうか世間離れするじゃないですか」

勤め人と同じような服装で外出し帰宅していた。衣装は全てトランクルームに押し込み、家には持ち帰らなかった。それでも舞台に立つ人間としてのオーラは普通とは違う。

「中から出る雰囲気っていうのは確実に変わりますよ。母親はずーっと疑ってたんです。それはわかってたんですよ私も。薄々感づいてるなって。ただ直接聞くのが怖いんだろうなっていうのもわかっていたんです」

きっかけはポラロイド。衣装こそ着ていたものの、自分も一緒に写っている姐さんの引退写真などが母親の目に触れてしまったのだという。母親は怒りを通りこして脱力した。

「ばれたのは去年の8月くらいのことですね。母は私を見て、『お母さんの育て方が間違ってた……』って。だから本当にそのときも考えたんですよ。辞めるって。辞めて欲しいってもちろん言われたので」




悩んだ末、母親に辞めることを告げた。辞める日付も決めた。しかし劇場に辞めることを伝える決心だけはつかないまま。辞めると決めた日が近づいてくる。片瀬永遠は信頼できる上司に相談した。“本当に君自身が辞めたいの? また親のせいにするの? それで後悔はしないの?”そう言われ、はっとした。

「幕引きしたいのにできない。スイミングのときも、中学受験のときも、全て親のせいにしてきた自分に気づいたんです。こうなってきたのは結局自分が弱かったから。自分の意思を貫こうと思えば、どんなことだってできたはず。だからそれを認めなければ成長できない、今までと何も変わらない。もう逃げたくない」

片瀬永遠は決めた。

「ごめん。明日から岐阜に行くから」

無理やり地方の劇場に仕事を入れてもらい、数日間家族の元を離れた。母親は諦めた。認めてはいないが、娘が変わらないことだけは理解した。

「いつかは辞めるよ。ただ、『いつまでっていうのはとりあえず今はない、自分を出し切れるとこまで全て出し切って辞めたい』とだけ告げましたね」

安定、安定と強いられ、親の言うことを聞き、長女としての責任感も充分過ぎるほどに持っていた。片瀬永遠は今でも実家に暮らし、毎月家にお金を入れ、休みの日は必ず家族と一緒に食事を取るようにしている。

「もちろん家を出て暮らしたほうが楽でしょうね。それでも親元を離れて隠し通す方が余計に苦しいなと思って。親の顔を見たときに逆に帰れないって気持ちになると思うんです。だからもう、ばれてもいいから一緒にいようって」

しばらく親子の話し合いは続き、母親はため息を吐き、そのたびに片瀬永遠は胸を締めつけられた。そんなときでも仕事に向かうときに「いってらっしゃい」と言ってくれたことが「とてもとても嬉しかった」と片瀬永遠は言う。

「感謝しています。だって母の気持ちを考えたら勘当することだってできたはず。でもそれをしないでくれた。昔も今もいつだって、私のことを考えて想ってくれているんです。それにやっと気づけた。本当に感謝しています」

dancing_girls_22_10.jpg

前回に戻る 目次に戻る

katase_haruka_04.jpg
Katase Haruka x Inbe Kawori★

片瀬永遠
新宿TSミュージック所属。2003年4月21日所属先となる新宿TSミュージックにてデビュー。温和な眼差しと慈愛に満ちた微笑み、また多彩なステージ構成と巧みな身体表現で古くからのストリップファンをも惹きつける魅力を持つ。
撮影=インベカヲリ★
モデル=片瀬永遠



関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
卯月朱美  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】



インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.04.05更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー