Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第6回 「七雪ニコ」 【1】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=七雪ニコ

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第6回は七雪ニコさんです!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

卒業制作を出したくなかった。出せなかった
大学出てますみたいなのが、いらないっていうか、それは金で買えるんだよなって

七雪ニコという人


客席は“呆気に取られている”という様子だった。七雪ニコは、「ザ・ブルーハーツ」の曲にあわせて、ノリノリでピアニカを吹いている。上着を放り投げ、引きちぎるようにネクタイを外し、勢いよくブラウスを脱いだ。オモチャ箱をひっくり返したように暴れ踊り、“してやったり”とばかりに遠慮ぎみな客に向かって股を広げた。強烈な自我をそのままストリップショーにしたような彼女のパフォーマンスは、華々しくエネルギッシュで、会場の雰囲気をどんどん自分のほうへと引き込んでいく。客席が一瞬戸惑ったふうを見せるのは、彼女の個性的過ぎるキャラクターに、どうリアクションしていいかわからないからだろう。七雪ニコのステージはとにかく元気だった。


ショーの時間が終わり、近くの喫茶店で七雪ニコを待つ。どれだけ明るい人間なんだろう、と思っていたが、席につくなり豪快にテーブルへ突っ伏すと、「もう嫌だ!!」といきなり愚痴を言い始めた。

「もう最悪なんだよ、なんかさ〜」

どうやら色々悩み事を抱えていて、絶望的な気分らしい。落ち着く間もなく、次から次へと言葉が出てくる。

「でも元気を与えられるステージでしたよ」と、感想を述べると、彼女はすごい勢いで否定した。

「えー!? スゴイ暗かったよ今日。もう全然元気じゃない。私、言いたいこと言えない性格なんですね。だからいっつもこうして落ち込むんです」

そうつぶやいた数秒後には、ふと顔を上げ、さきほどから観察するような目で眺めていた編集者に向って「目が怖いですね」と、キッパリ言い放った。

なんだかわからないポップなメチャクチャさに、私は一瞬で引き込まれてしまった。七雪ニコは一体何者なんだろう。



日を改めてインタビューに向かった先は、彼女の自宅。木造の一軒家を、友達5人とシェアしているという。自分のテリトリーに入って安心したのか、七雪ニコは座椅子にふんぞり返り、リラックスした様子だった。あまり女っぽさをアピールしない性質と、ストリッパーという職業はほんの少し違和感を覚える。踊り子というよりはパフォーマーのような気質に、きっと彼女は「表現をしたい人」なんだろうと感じた。大学時代は、芸術学部で映像の勉強をしていたという。

「専攻していたゼミは、映像専門ってわけではなくて、ゲームのソフトとかインスタレーションとか、幅広いんです。だからメディアアートですね。当時は、紙芝居と実写を合わせたような映像作品を作ったり、漫画を描いたりしてました。でも実は、卒業制作を出さないで中退したんですよ」

大学4年生のとき、七雪ニコは自主退学している。

「簡潔に言うと、卒業制作を出したくなかった。出せなかった。大学出てますみたいなのが、いらないっていうか、それは金で買えるんだよなって……青臭くて恥かしいんだけど。なんだろうね、たとえて言うなら尾崎豊みたいな気分? そういうのって普通は思春期にあるんでしょ? でも私は大学のときだったんだよね」

支払った学費も、輝かしい学歴も全てパー。当然、周囲は反対したが、「……でも、辞めるんですよ」の一点張りだったという。

「当時は漫画家を目指してて、それも理由だったのかもしれない。漫画雑誌に応募してて、自分の努力次第ではデビューできるかもって感じだったので。でもそれも描いてたらやる気なくなっちゃって、今は全然描いてないんですけど」

そう言うと、七雪ニコはしょんぼりしてしまった。

(続く)




前回に戻る 目次に戻る

nanayuki_nico.jpg
Nanayuki Nico x Inbe Kawori★

七雪ニコ
新宿TSミュージック所属。2004年2月21日シアター上野にてデビュー。新潟出身、B型、双子座。好きな言葉は「楽しんでくれよ、さもきゃくたばっちまえ!」。ステージ上ではピアニカを用いるなどPOPな演目を披露、また積極的にタッチショーも行なっている。劇場以外でもパフォーマンスを観ることができる数少ないストリッパーのひとり。

香盤情報

東京・新宿TSミュージック
5月11日-20日

福井・芦原ミュージック劇場
6月11日-20日
撮影=インベカヲリ★
モデル=七雪ニコ
取材協力=シアター上野

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」 番外編
船橋ストリップシアター若松劇場 【1】>>>【2】>>>【3】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.05.10更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー