Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_37_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第8回 「詩田笑子」 【2】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=詩田笑子

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第8回詩田笑子さん掲載中です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

dancing_girls_37_01.jpg
人間は誰でもどうにかなっちゃう可能性を秘めている
今、ここを歩いていった人がオカシイ人じゃないなんて言えないし
ストリップより精神病院

北海道へ戻った詩田笑子は、会社勤めを始めたがすぐにクビになった。何度か契約社員で務めてみたがやはり、契約更新のたびに切られてしまう。今度は特殊造形師のもとへ弟子入りをしたがこれも長くは続かなかった。クリエイティブな仕事をしたい、という漠然とした夢はあるものの、北海道という地では、なかなか手を出せるものがない。劇団のワークショップなどに参加して、とりあえず毎日を楽しく過ごしていたが、将来の見通しは何ひとつなかった。ストリップに出会ったのはそんなときである。

「インディーズムービーを作っている団体があって、そこに出演していた役者さんの中に、普段はストリッパーをしているという女性がいたんですよ。それで観にいったら、周年でやっていたお姐さんのステージが演劇チックだったんですね。屏風を立ててなんたらかんたらみたいな。ああ、こういうことも出来る世界なんだあ、と思って」

興味を惹かれたものの、すぐに始めるほどの決心はつかなかった。詩田笑子は一年間悩んだ。

「やっぱり親に言えない仕事なんで……」



そうこうしている間に、精神病院で働くようになった。ストリップと精神病院。まるで結びつかない世界だが、詩田笑子にとっては特別不思議なことでもないようだ。

「結構、医療系から来たという踊り子さんは多いですよ。看護婦さんとか、歯科衛生士さんとか」

サラリと言う。仕事内容は看護助手。それもハードな患者さんの多い病院だったらしい。

「入るとまずレベル4に回されるんですよ。レベル4っていうのは、重度の患者さんのことですね。もう全部、閉鎖、閉鎖、閉鎖。みんな一見普通の人なんですよ。普通の人だけど、錯乱するとウンコを投げつけたりとか(笑)。ウンコをカギ穴に詰めたりとかね。絶食して運ばれてきた人もいましたよ。死ぬつもりで何日も水も食事も取らなかったらしくて、歯も唇もカピカピに乾いてるんですよ。精神的にはもう極限ですよね。あとは、全裸で走ってるような人は普通にいたし」

精神崩壊した人間と毎日接していれば、人に対するものの見方も変わってきそうだ。そのことを質問してみると、詩田笑子は今初めて考えてみたように、ウ〜ンと唸ってから答えた。

「ああ〜、変わったといえば変わったかも。具体的に何が変わったかはわからないけど、人間は極限状態に置かれるとこうなっちゃうんだろうなって。オカシイ人は病院にいるだけじゃない、人間は誰でもどうにかなっちゃう可能性を秘めている。今、ここを歩いていった人がオカシイ人じゃないなんて言えないし。そういうふうに、広く広く、許せる範囲として見れるようになったかな」


結局、看護助手の仕事も半年で辞めてしまった。今度の理由は精神的にこれ以上は無理だと判断したから。患者さんと接することに限界を感じたようだ。

「頭がいいんですよ彼らは。元々はエリート集団って人が多いんですよね。だから人を攻撃するにも頭を使うというか。病院だと自分の思い通りにはならないから、常に自分に優しくしてくれる人をみつけて、揚げ足を取るんですよ。そういうのも気をつけなきゃいけないし、あとは部屋に入るのも絶対に一人では入れない。トイレ掃除も一人じゃなくて二人でやるんですね。そうじゃないと一人でトイレに入ったときに、バーンと個室に入れられて殺されちゃう危険性があるから。『これは本当にヤバイ』っていう瞬間はあるんですよ」

「殺される」という言葉を聞いて、ゾクっとした。若くて美人な詩田笑子が病院にいたら、さぞかし危険な目にも合うだろうと思ったが……。

「まあ別に。世の中、そういう人いっぱいいるなあって。あはは!!」

詩田笑子は終始こうした態度で、不思議なおおらかさを持っていた。

(続く)



utada_emiko_prof.jpg
Utada Emiko x Inbe Kawori★

詩田笑子
渋谷道頓堀劇場所属。2004年02月1日、札幌道頓堀劇場にてデビュー。演技力の高さから表情豊かな感情表現、またマイムなどを用いた身体表現、そして演劇的要素を取り入れて構成された演目は、すでに実力派として多くのストリップファンが知るところとなっている。また演目のバリエーションが多彩であることも特徴のひとつ。

香盤情報
芦原ミュージック劇場
7月21日-30日
A級小倉劇場
8月1日-10日
シアター上野
8月11日-20日
撮影=インベカヲリ★
モデル=詩田笑子
取材協力=新宿TSミュージック

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
金城ちさと  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.07.19更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー