ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
Alice who wishes confinement
私の居場所はどこにあるの――女児誘拐の不穏なニュースを観ながら倒錯した欲望に駆られた女子高生が体験する、エロティックでキケンで悩み多き冒険。理想と現実の狭間で揺れ動く乙女心とアブノーマルな性の交点に生まれる現代のロリータ・ファンタジー。オナニーマエストロ遠藤遊佐の作家デビュー作品!!
 | 
【18】嘘つき男と嘘つき少女

全裸で後ろ手に縛られ、ちんまりとうつむいているまゆりの隣で、タナベは黙々と夕飯を食べている。
コンビニの幕の内弁当に缶ビール。大の男の胃にはそれだけでは足りないらしく、テーブルの上にはあんパンとメロンパンも置いてある。
昨日からまる一日以上食事をとらせてもらっていないまゆりは「もしかしたらどちらかのパンは自分の分かもしれない」と淡い期待を抱いたが、タナベはそんなの知ったことかと言わんばかりに弁当をがっつき、見せつけるかのように2つのパンにかぶりついた。
ゆっくり味わうこともせず食物をビールで胃袋に流し込む仕草が、いかにも寂しい独身男といった感じだ。きっとまゆりがこの家に来る前は、こんな食事風景が彼の日常だったに違いない。
帰宅は10時過ぎだった。酒に酔っているわけでもないところを見ると、珍しく残業だったのだろうか。それとも昨夜の怒りが治まらず、どこかで時間をつぶしてきたのか……。気になったけれど、こちらから尋ねるのはためらわれた。なぜなら、帰ってきてからタナベは一度もまゆりの顔を見ず、黙りこくったままだからだ。

彩りのない食事を10分ほどで終えると彼はビールをもう一本開け、食べかすを片付けることもしないまま床に横になった。身につけているのは、いつも会社から帰ると着替える胸元全開シャツではなく、ゴムの伸びきったスウェットパンツにヨレヨレのTシャツ。こんなだらしのない姿は今まで見たことがない。
昨夜言っていたとおり、まゆりを“大切なお客様”として扱うのはやめたということなのだろう。

ほろ酔い加減になりリラックスしてきたのか、ビールをちびちび飲みながらタナベはようやく口を開いた。

「……しかし、君もバカだよなあ、今になって逃げようとするなんて。あともう少し猫をかぶっていれば全てうまくいったのに」

――え?

まゆりは顔を上げたが、タナベの視線が自分の胸元にじっと注がれているのに気づき、あわてて目をそらす。

「僕は4月の頭には、仕事の都合でここを引き払って遠くへ行くことになってるんだ。それまで大人しくままごと遊びを続けていれば、何事もなくそのまま解放されてたんだよ。そりゃあ最初は調教して肉奴隷にしたいと思ってたけど、なかなかうまくいかないし、最近はセックスなんてしなくても若くて可愛い女の子と一緒に過ごせるだけで幸せだって気持ちになりかけてた。そうなれば君にとっては好都合だったんだろうけど、そうはいかなかったってことさ。ふふ、ご愁傷さま」

――ち、ちょっと待って。何よそれ。掲示板の書き込みでは「一生監禁してやる、逃がさない」って言ってたじゃない。だからこそあなたに監禁されようと思ったのに……結局は、ほんの一瞬欲望が満たせればいいってこと?

泣きそうな顔で唇を噛むのを見て、調子に乗ったタナベはさらに続ける。まゆりが無傷で解放されるチャンスを逃してショックを受けたと思っているのだ。

「タイムリミットまであと3週間だったのにな。残念だけど仕方がないよ、君が悪いんだからね。覆水盆に返らずってことわざを知ってるだろ? バカにされてたってわかったからにはもう我慢しない。こうなったらやってみたかったことを全部やらせてもらうから覚悟しておくんだな。まあ、大事にされてもオモチャにされても、4月になればオサラバなんだから同じことだろ?」

――結局、男なんてみんなこうなんだ……。お姉ちゃんがよく「男の言うことなんて話半分で聞いとくくらいじゃなきゃ」って言ってたけど、ほんとだわ!

タナベが、グビリと大げさに喉を鳴らして缶ビールを煽る。

「それじゃ、今日は何をして遊ぼうか。そうだ、オナニーしてみせてくれないかな」
「イヤです!」

まゆりは即座に答えた。そんな恥ずかしいことできるわけがない。確かに一人でいるときは昨夜のことを思い返して甘い興奮に浸っていたけれど、それとこれとは話が別である。
タナベの思いがけない言葉も、彼女を頑なにさせていた。そりゃあ、ひきこもりの自分が現役女子校生のフリをして監禁されたのは騙していたことになるのかもしれないけれど、だったらそっちだって同じじゃないか。

――4月までの腰掛け監禁だなんて聞いてなかったわ。一生面倒見るって言ってたくせに!

なぜか結婚詐欺師にでもあったような気分になっているまゆりをよそに、タナベはニヤニヤしながら続ける。

「いいじゃないか、減るもんじゃなし。どうせ家じゃ毎晩やってたんだろ? 昨夜だってあんなにグチョグチョに濡らしてたじゃあないか。欲求不満なら早く言ってくれればよかったのに」
「……もうやめてください!」
「ああ、そうか。タダで見せるわけにはいかないって言うんだね。ははは、さすが売女だ。よし、じゃあ、君の得意な交換条件方式でいくとしよう。家でやってるのと同じようにオナニーして見せてくれたら、明日の朝には朝食を用意してあげる。プレイの後にすぐがっつかれたんじゃあんまり露骨でムードがないからな。それでどうだい?」
「……い、イヤです……」

まゆりは声を振り絞るようにして答えた。魅力的な申し出だったが、それをすれば自分が本当に惨めになる。

「ふん、強情な女だな。今さら恥ずかしがることもないだろうに。ははぁん、もしかして昨夜みたいに僕にしてほしいのかい?」
「……」

悔しさと恥ずかしさとで、声も出ない。返事のかわりにキッと睨みつける。

「自分でするか、してほしいのか、どっちなのかはっきりしろよ! 僕はロリコンの変態だけど一応社会人なんだ、家で一日中寝っ転がってる君と違って明日も朝から会社に行かなきゃならない。いつまでも悠長に遊んでる暇はないんだよ」

僕は社会人なんだ……一日中家にいる君と違って……。
偶然発せられた言葉だったが、ひきこもり少女の小さな胸を傷つけるには十分だった。ダメ、このままじゃ大声で泣いてしまいそう。そんなみっともないこと耐えられない。まゆりは心を決めた。

「ほら、どっち?」
「……して……ください」
「ふふふ。聞こえないよ、はっきり言いなさい。どうして欲しいって?」
「昨日みたいに、気持よくしてください……」
「違うだろ。『昨日みたいに私のいやらしい処女マンをペロペロしてください』だろ」

いやらしいグチュグチュの処女マンをペロペロしてください。
欲しがってるスケベなオマンコ見てください。
おじさまの舌でたくさんイカせてください。
Sっ気全開のロリコン男に何度も卑猥なおねだりをさせられた後、昨夜と同じように足を大きくM字に開いたポーズでクンニされ、乳首を吸われた。耳の穴から首筋、脇腹まで全身をねっとりと舐め回され、まゆりはたまらず喘ぎ声をあげる。気持ちよくて怖くなるほどだ。
ロリコンの変態といいながらも、タナベの舌遣いは驚くほど巧みなのだ。
羞恥心を煽るのもやけにうまく、アソコを舐めている最中に自分の目を見ろと指示したり、嫌がる少女の手をとって濡れた股間を無理矢理触らせたりする。

「ほぅら、いくらキレイに舐めとってもいやらしいヌルヌルが次々出てくる。まるでオシッコ漏らしたみたいだぞ」

恐る恐る触ると、確かにお尻のほうまで愛液が滴っている。こんなことは初めてだった。顔から火が出る思いだったけれど、そうしているうちに、この男と秘密を共有しているという甘い思いも芽生えてくるのだ。

まゆりが激しい絶頂を迎え“今日の遊び”が終わると、タナベは満足したように「明日も早いからな」と言いながらテーブルの上の食べかすをそそくさとゴミ袋に捨て始めた。
しかし、ふと思いついたように動きを止めると、

「これ、食べろよ」

と幕の内弁当を目の前に置いた。ご飯が3分の1ほどと、きんぴらや漬物が少し残っている。

「……ありがとう」

あんな恥ずかしい思いをした後なのに、思わず感謝の言葉が口をついて出る。冷たいご飯ときんぴらの甘辛い味が口の中に広がり、少し幸せを感じた。
監禁されて、こんなひどい目にあわされてるのに――。まゆりは自分がわからなくなった。

背中を丸め、食べ残しのコンビニ弁当をボソボソと口に運ぶ少女の姿を見て、タナベはなぜか今まで感じたことのない不思議な安心感を覚えた。

案外淋しい子なのかもしれない。そう、自分と同じように。

裏切られたことにカッとなり、ずる賢い小娘だと決めつけてしまったけれど、何か訳があるんじゃないかとふと思った。確かに、これまでの監禁生活を思い返してみても、彼女が逃げようなんてそぶりを見せたことは一度もない。いくら好みの食事や大型地デジテレビを与えたからといって、あの年頃のまともな女の子が誘拐されたまま家に帰りたがらないなんてことがあるだろうか――。
しかし、そんな情け心も、鼻先に残る甘酸っぱいまゆりの愛液の匂いを嗅ぐといっぺんに吹き飛ばされてしまう。

――もう、優しいだけのいい人に戻るなんてできるものか。

20年以上もの間、焦がれてきた美少女の肉体がすぐそこにある。死ぬまで叶えられることはないだろうと思っていた欲望を満たすチャンスなのだ。余計なことは考えるな。そう自分を奮い立たせる。
ひどい男だと思われてもいい。今はこの瞬間を味わうだけだ。
二階の書斎には、あてもないまま密かに収集していたオモチャやSMグッズが山のように眠っている。

――明日は何を使ってやろう。アソコの毛を剃って楽しむのもいいかもしれない。

そう考えただけで下半身に力がみなぎってきた。どうしたってあと3週間でオサラバなのだ。夢の時間をフル活用しなくては罰が当たるというものだろう。
タナベは頭の中に卑猥な形のバイブや最新型のローターをずらりと並べると、これからの楽しい夜遊びの計画を立て始めた。

(続く)

関連記事

赤裸々自慰行為宣言 遠藤遊佐のオナニー平和主義!

「遠藤遊佐のオナニー平和主義!」連載100回記念スペシャル企画
harrehare_index.jpg
イラストレーター・ナナタ × オナニーマエストロ・遠藤遊佐 初顔合わせ対談!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

ナナタ イラストレーター兼和菓子屋兼主婦。好きな和菓子は麩饅頭。嫌いな家事は掃除。 もっぱらの悩みは家が倒壊しそうなこと。
ナナタ個人サイト=「769」
 | 
11.01.01更新 | WEBスナイパー  >  監禁志願アリス
文=遠藤遊佐 | 絵=ナナタ |