ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
Alice who wishes confinement
私の居場所はどこにあるの――女児誘拐の不穏なニュースを観ながら倒錯した欲望に駆られた女子高生が体験する、エロティックでキケンで悩み多き冒険。理想と現実の狭間で揺れ動く乙女心とアブノーマルな性の交点に生まれる現代のロリータ・ファンタジー。オナニーマエストロ遠藤遊佐の作家デビュー作品!!
 | 
【27】盛りのついた二人

くちゅっ……くちゅっ……。

タナベのキスが巧みなことに、まゆりは驚いていた。余裕たっぷりに少女の甘い舌を味わっていたかと思うと、急に激しく吸い上げる。遠慮なく口内を犯し、縦横無尽に愛撫してくる。

――ロリコンの中年オタクだって言ってたくせに……。

世の中年男というのは、みんなこうなのだろうか。今までのように恥ずかしい部分を一方的に舐められるのとは違った驚きと快楽があり、腰が抜けそうになる。体がふわふわして力が入らない。
ぼうっとしていると、いきなり口の中にドロリと唾を流しこまれた。
他人の唾液を飲むなんてこれまで想像もできなかったが、気持ち悪いとは少しも思わなかった。それどころか美味しくさえ感じられる。口内に溜まった生温かい唾液をコクンと飲み下すと、まるで媚薬を飲まされたかのように下半身がキュンと震えた。

「感じてるんだろ? 口の中がねっとりしてきた」

タナベはそう言いながら、固くなった乳首を弄ぶ。

「……あ……んはあっ」

その言葉に応えるかのように喘ぎ声が漏れる。仔犬のような目が興奮で潤んでいる。ダメだ、もう我慢できない――。タナベは下半身を包んでいるパジャマとパンティを一度に脱がせ、少女のふっくらとした秘部にむしゃぶりついた。

「いや、やめて……」

まゆりは、恥ずかしさに身をよじる。ついさっきまで自分で慰めていたのだ。その部分がいやらしい液でしとどに濡れていることは、容易に想像がつく。あらわになった股間から、自分の鼻先にまで淫臭がたちのぼってくるような気さえした。
しかし、タナベはそんなことはおかまいなしに、ピチャピチャと音を立て、固く尖ったクリトリスを狂ったように舐めあげている。まるでエサを与えられた野良犬のようだ。

「ああん……お願い、汚いから……」
「いや、すごく美味しいよ。君の味がする。いつもより匂いも濃くてたまらないよ」

その言葉を聞いて、まゆりは真っ赤になった。でも、不思議なことに、恥ずかしいはずなのに体の感度はどんどん上がっていく。喘ぎ声がどんどん甘く甲高くなっていくのをみて、タナベは少女の腰を引きよせ体を二つ折りにし、プリッとした桃尻を天井に向けて晒した。いわゆるまんぐり返しのポーズだ。こうすると、濡れて光ったアソコ越しに顔を見ることができる。
覗きこむと、まゆりの蕩けたような表情が目に入った。あまりの気持ちよさに羞恥心もふっとんでしまったらしい。半開きの口からは「アアン、ハァン」という吐息がひっきりなしに漏れている。
タナベはまゆりにも見えるよう赤く充血した花びらをこれみよがしに広げ、舌先でリズミカルに快楽の花芯をはじいた。と同時に、Dカップの美乳の上で固く尖った乳首を優しく揉みつぶす。この子は、こうするとアッという間に気をやってしまうのだ。

「ああっ、はあぁぁぁん……だ、だめえ、いっちゃうぅ……!!」

絶頂に達した途端、愛液がゴボッと大量に溢れ出した。

――なんて素直な体だろう。

愛しくてたまらなくなる。タナベはそのまま少女の上にのしかかり、しとどに濡れた秘所へ、パンパンに膨れ上がった亀頭を押しあてた。

「痛いかもしれないけど、少しだけ我慢してくれ」

抱きついて痛みに耐えられるよう、少女のぐったりした細い両腕を自分の首にまわし、ゆっくりと侵入していく。激しくイッたせいで入り口はこれ以上ないくらい熱く蕩けているのに、中は固く閉ざされてなかなか貫通できない。イメクラの女にはない、初めて味わう感触だ。なるほど、これが処女マンというやつか。
しかし、ここで諦めるわけにはいかない。当のまゆり自身が破瓜の痛みに耐えて押し黙っているというのに。

「ごめんな」

小さくそうつぶやき、無理矢理押し入る。首に回した両腕にギュッと力が入った瞬間、亀頭に感じていた抵抗がなくなり、濡れた肉襞の心地よい感触が押し寄せてきた。
タナベは爆発しそうになるのをこらえ、ゆっくりと腰を動かした。18歳の処女らしく狭いアソコだが、たっぷりからみついた愛液が潤滑油になってなんともいえない気持ちよさだ。何より、あれほど恋焦がれていた美少女の中に入ったのだと思うと、快感は何倍にも膨れ上がった。こんな桃源郷がこの世にあったのか。
まゆりの顔を見ると、ギュッと閉じた長い睫毛が涙で濡れている。こんなになるまで我慢してくれたのかと思うと、また愛しさがこみあげてくる。
気の利いたセリフの一つも言って安心させてやりたいと思ったが、少女の新鮮な粘膜はそんな余裕を与えてはくれなかった。柔らかい体をギュッと抱きしめ、どんどん奥へと入っていく。せめてもの思いで髪を撫でながら、夢中になって腰を振る。

「……くうっ、まゆり、イキそうだ」

やがて、絶頂の瞬間が訪れた。ドクッ、ドクッ。白い腹の上に熱いザーメンが勢いよくほとばしる。40代の男とは思えない量だった。

――こんなに出たのは久しぶりだ。まるで高校生みたいじゃないか。

ハァハァと肩で息をしているまゆりを見て、言い知れない満足感に包まれる。
体中の精を吐きだしたタナベはしばらくぐったりしていたが、やがて立ち上がり、熱湯で絞ったタオルをもってきて少女の体を丁寧に拭き清めた。タオルには処女の証の血がついていた。

「あの、ごめんな、痛かっただろ。あんまり気持ちいいもんだから年甲斐もなく夢中になってしまって……今度は優しくするからな」

まゆりは魂が抜けたかのようにぼんやりと空を見つめていたが、その言葉を聞くと小さくコクンとうなずいた。
今度。ああ、今度があるのだ。そう考えると、今さっき射精したばかりなのにもう股間に熱いものがみなぎってくる。
腕枕をしてやると、少女のほうから体をすり寄せてきた。若く滑らかな肌から体温が伝わってくる。
たぶん、今の俺のように幸せな男はいないだろうと、タナベは思った。


数日後。
まゆりはキッチンで洗い物をしていた。足の鎖を外され、一階のLDKを自由に行き来できるようになったので、暇つぶしに家事を手伝っているのだ。
しかし、たった2組のマグカップと皿をいつまでも洗い続けているところを見ると、うわの空なのは一目瞭然である。色惚けというやつだ。
タナベの巧みな愛撫や切羽詰まった息づかい、鼻を突くような精子の臭い……もう何回反芻しただろう。小さな頭の中は、さっきまでの激しいセックスでいっぱいだった。

結局、あの日は初めてだったにもかかわらず3回もしてしまった。タナベはここぞとばかりに、とても四十男とは思えないタフさを見せた。射精した後は精も根も尽き果てたように見えるのに、しばらくすると回復し、何度でも求めてくるのだ。
男の目に激しい興奮の色が宿っているのを見るとまゆりもたまらなく欲情し、ついには自分から「欲しい」とせがんだりもした。アソコが少しひりひりしたけれど、嫌な気はまったくしなかった。
あれから2人は、時間を惜しんで交わっている。
この数日で、何回セックスしたかわからない。朝、寝起きの朝勃ちで一回。夜、会社から帰ると「ただいま」のあいさつもそこそこに一回。同じ布団に入って寝る前にも一回。射精はしないが出勤前の玄関先やお風呂の中でムラムラきて先っぽだけハメてしまうこともあるから、一日にかれこれ3回〜4回はヤッている。
正直、こんなにセックスばかりしていていいのかと不安になることもある。でも、やめられないのだ。
最初のうちは痛いと思うけど、すぐに慣れてよくなるよ。タナベがそう言ったのは本当だった。裂けるような破瓜の痛みも翌日には消え、何度か繰り返すうちに挿れられるのがたまらなく好きになった。すればするほど快感が増していくのだ。まだ挿入でイッたことはないけれど、今では甘く舌を吸われるだけでアソコが疼くようになっている。あれほど羞恥心の強い少女が前戯もほどほどに肉棒をねだるさまは、タナベ自身も驚くほどだった。
男と女は求めあうようにできているのだ、とまゆりは思った。隣の部屋に自分がいてもおかまいなしであられもない声をあげ、獣のようにまぐわっていた姉の富子のことが頭に浮かぶ。

「わかってないのはあんたのほうよ」

監禁されようと決心した日、富子は憐れむように言った。ずっと理解できなかったけれど、今ならその気持ちがわかる。理屈じゃないのだ。

夕方、タナベが帰ってくる時間が近づくと、まゆりはそわそわしだす。中年男の体臭を思い出し、セックスのことしか考えられなくなってしまう。
それは向こうも同じらしく、部屋に入るなりとるものもとりあえずソファに倒れこむのがここ数日のパターンだ。服を脱ぐのさえもどかしくやっとの思いでパンティを脱ぎ棄てると、そこはもうぐっしょり濡れて受け入れ態勢が整っている。もちろんタナベの肉棒も、はちきれんばかりに熱くそそり立っている。
昨日は、前戯なしでいきなりズッポリ挿れられてしまった。少し驚いたけれど、昼の間中ずっと焦がれていたもので貫かれる悦びのほうが大きかった。最初は大きすぎると思ったそれも、何度か出し入れを繰り返しているうちにぴったりと馴染んでくる。まゆりは何度も夢見心地にさせられた。満たされていると思った。

でも、どんなに激しいセックスを重ねても、あと数日でタナベは大阪に行ってしまう。所詮は監禁魔と獲物、離れ離れになることは避けられない。
そう思うと、一分たりとも無駄にしたくなかった。明日を考えるのを恐れるように、2人はひたすら粘膜をこすり合わせた。

(続く)

関連記事

赤裸々自慰行為宣言 遠藤遊佐のオナニー平和主義!

「遠藤遊佐のオナニー平和主義!」連載100回記念スペシャル企画
harrehare_index.jpg
イラストレーター・ナナタ × オナニーマエストロ・遠藤遊佐 初顔合わせ対談!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

ナナタ イラストレーター兼和菓子屋兼主婦。好きな和菓子は麩饅頭。嫌いな家事は掃除。 もっぱらの悩みは家が倒壊しそうなこと。
ナナタ個人サイト=「769」
 | 
11.03.05更新 | WEBスナイパー  >  監禁志願アリス
文=遠藤遊佐 | 絵=ナナタ |