本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
image2.jpg
『これがアングラだ!』グルッペ21世紀 編(双葉社)
1968年7月1日発行
本誌・web連動企画
『新宿アンダーグラウンドの残影』
〜モダンアートのある60年代〜

文=ばるぼら

S&Mスナイパー4月号の誌面では紹介できなかった「モダンアート」をめぐる新宿とアングラの親和性。現在までつながるいくつかの残影を集めながら、いま再び光をあてる新宿アングラ詳論の決定版!

前回の記事を読む>>

 | 
アングラ演劇とモダンアート  \x87U

現代演劇の歴史は膨大な量になるので適度に省略し、ここではアングラ演劇について、モダンアートの60年代当時の企画室代表・糸文弘が語っていたので引用しよう。糸は喜劇集団・三文館に演出などで参加していて、モダンアートで三文館が「セックス考現学」(原作=大山人士/脚色・演出=糸文弘)を上映したこともある。

「演劇本来の姿は舞台と客席が混然一体になるところに意味があるわけです。コマーシャル・ベースの商業劇団や、貴族趣味の既成新劇にそれは望めない。混然一体とは、本当のナマのコミュニケーションがうまれることで、アングラ演劇が\x87\x80肉体主義\x87≠ナあるのも、ナマの肉体でぶつかってこそ、ナマのコミュニケーションがうまれるということなんですね」(『これがアングラだ!』1968年7月/双葉社)

これは非常に60年代的な思想である。今なら客席にいる人々は完全に観客として見物に来ているだろうし、劇自体に参加するわけもなく、傍観者の立場でそれを眺めるだろう。良い悪いではなく時代の姿勢だ。ただし、思想的な面はさておき、当時のモダンアートの出し物はヌードが売りだった。それについてはこう説明している。

「たとえばウチではアングラ・ヌードというのをやっています。むろんストリップ劇場のストリップとはちがう。振りつけの中にベトナム戦争反対の思想を試みたりする。だけどそれをお客がどう受けとるかはお客の側の問題。私たちは問題を提起してお客に考えてもらえばいいわけです」(前出)

とは言うものの、それに続く以下のレポートを読む限り、それはあくまで思想のポーズにすぎなかったようにも感じる。糸は65年頃にピンク映画の監督をしていた経験を持つので、体質的に女の裸は儲かると判っていて、確信犯で企画していたのではないだろうかと邪推もできる。

「なるほどここのアングラ・ヌードは風変わりなものだ。専属ヌード嬢が三人いて、アングラ演劇や軽演劇の合い間にヌードを披露する。曲に合わせて踊りはじめたかと思うと、すぐに客席に降りてきて、客(むろん男性)のヒザにおすわり、ヌードのまま首を客の首にまいて、いろいろとおはなし。エッチな話をしながら、時折り、『ねえあなたあン、ベトナム戦争どう思う?』などと\x87\x80思想ヌード\x87≠スるユエンをみせてくれるわけ」(前出)

モダンアートのこうした運営意識については、情報誌『東京25時』が1970年7月号で若干批判的に紹介した。

左/『東京25時』1970年7月号(アグレマン社)
1967年7月1日発行

「“アングラ”という言葉がまだ耳慣れない頃、いち早く実験小劇場としてスタート。演劇だけでなく、前衛舞踊、イベントなどの公演をやってきたが、今ではすっかりヌード劇場になってしまった。それでも経営者は“アングラ・ヌード”と称しているが……」

1970年の時点でこう言われてしまうのだから、実験小劇場としてアングラ演劇を中心にしていた時期は、思ったより短いのではないかと推測できる。1968年の時点で益岡社長は下記のように語っていたが、アングラ・ブームが去ってから、いよいよ思想と裸が逆転してしまったのだろう。

「本当をいえば、女の裸が一番人気がありますね。アクトが喜ばれるのがそれです。だが、ヌード中心にしたら、折角のいいお客が逃げちゃう。(中略)なにしろ、こっちは商売ですからねえ、お客が入らなくちゃ困る」(『アングラ'68 ショック編』)

余談だが、映画雑誌は売上を伸ばすために誌面にヌード写真をよく載せていた。読者は建前は映画ファンだが、お目当てはヌードだった。これはアングラ映画にも言えることで、アングラ映画は女性器や裸のシーンを挿入することが多かったため、エロ目的でアングラ映画に足を運ぶ人も多かったという。芸術を隠れ蓑にしたエロ・コンテンツとして、映画雑誌やアングラ映画が財政的に存在できた面も確実にあるのは、忘れずに指摘しておきたい。

続きを読む>>>


関連記事

ジョウジ川上55歳の決意 ストリップと共に生きた興行師の30年
man.gif 構成・文=ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。
 | 
07.03.21更新 | WEBスナイパー  >  ばるぼら 執筆記事一覧