本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
image1.jpg
『東京25時』1970年7月号(アグレマン社)
本誌・web連動企画
『新宿アンダーグラウンドの残影』
〜モダンアートのある60年代〜

文=ばるぼら

S&Mスナイパー4月号の誌面では紹介できなかった「モダンアート」をめぐる新宿とアングラの親和性。現在までつながるいくつかの残影を集めながら、いま再び光をあてる新宿アングラ詳論の決定版!

前回の記事を読む>>

 | 
1967年/1968年という年  \x87U

もちろん当時の人々が何から何まで若者万歳・アングラ万歳だったわけではなく、批判的な視点も当然存在していた。たとえば『サンデー毎日』1968年6月30日号において、ジャーナリストの大宅壮一は「アングラは新しくない」と題した時評で、状況劇場の演劇をはじめ、ホモやレズビアンのバーなどを観に行ったことに触れ、20世紀初頭の前衛芸術運動(ダダイズム、マボイズム、未来派)を引き合いに出して「こういう現象は、それにおぼれている人たちが考えているほど新しいものではない」と言い切っている。

大宅は同時評で「長い目でみると、歴史は周期をなして動いているのであって、特別に新しい現象や風潮が突然生まれてくるものではない」と文末を結んでおり、アングラは商業主義に抵抗しているように見えるだけで、実態は珍奇な見世物としてマスコミに踊らされている面が多いと分析している。これと似た意見として、『アンダーグラウンド映画』(ジェルドン・レナン著/波多野哲朗訳/1969年6月30日初版/三一書房)の訳者あとがきでは以下のように触れられている。

アンダーグラウンドは、映画のあるジャンルやカテゴリーを意味するものではなく、作家が選んだ唯一無二の姿勢(アティテュード)にほかならない。つい先ごろ、アメリカのアンダーグラウンドが日本に輸入されると、たちまちにしていわゆる「アングラ・ブーム」として世間を風靡するようになった。(中略)かのブームは、アンダーグラウンドをたんなる映画のバラエティとして風俗的に受けとめていたに過ぎない。それは(中略)ポスターやレコードや雑誌やテレビ番組の売出しのための、いわば安定のためのラベルであった。しかし、アンダーグラウンドとは、元来こうした安定をこそ「爆破」する姿勢であったはずである。こじんまりの体制のふところに安住してしまったアンダーグラウンドは、体制に見棄てられたときかならず消え失せてしまうだろう。

image16.jpg

『アンダーグラウンド映画』ジェルドン・レナン著/波多野哲朗訳(三一書房)
1969年6月30日発行


ここにはアングラという本来はパーソナルだった価値観までマスコミに消費されてしまったことへの苛立ちが見て取れる。アングラという革命は失敗に終った、という敗北宣言にも見える。こうした意見を、新しい風俗に反応できない年寄りのタワゴトと笑い飛ばすだけでは何も見えてこない。

実際のところ、我々が生きている現代においては、60年代〜70年代的なアングラの血脈は完全に死に絶えており、今は横尾忠則や宇野亜喜良らがデザインしたポスター等が、オシャレでカッコいいアイテムとしてファッショナブルに消費されているにすぎない。「アングラっぽさ」はデザインや服飾の様式の一つとして、思想は脱臭され、極めて安全に定着している。

エピローグ

60年代〜70年代の新宿とは、アンダーグラウンドとは何だったのか。世界的に起きていた若者文化の台頭の日本的解釈? またはアメリカに追いつけ追い越せと高度経済成長期の日本が輸入した新しい商品ラベル? どちらにしろ、アングラという言葉自体が、沢山の若者の行動に影響を及ぼしたパワーだったことには違いない。ならばモダンアートも時代の必然で生まれた場所だった、と結論付けてもいいのではないかという気がしてくる。

多くの人の頭にストリップ劇場としてのみ記憶されている「新宿モダンアート」だが、それが新宿という街に生まれた必然性と、日本のアングラ史における役割について、この文章によって少しでも理解が進めば嬉しい。

※次回ばるぼら氏の連載記事は4月10日頃掲載予定です

関連記事

ジョウジ川上55歳の決意 ストリップと共に生きた興行師の30年
man.gif 構成・文=ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。
 | 
07.03.30更新 | WEBスナイパー  >  ばるぼら 執筆記事一覧