女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日掲載 新連載開始!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第1回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもってばるぼら氏が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス、待望の新連載開始!
 | 

青山正明が亡くなったのが2001年で、七回忌の2007年も何事もなく過ぎてしまった。もうそんなになるのかと驚いた人も多いだろうし、青山正明の名前をもはや知らない人もいるかもしれない。確かに、10万部を超えるベストセラーとなった、日本で初めての実用的なドラッグ・マニュアル『危ない薬』が出たのは1992年だし、彼が編集長を務め、鬼畜・悪趣味ブームを巻き起こしたアングラ雑誌『危ない1号』の最初の号が出たのも1995年で、どちらも既に10年以上前のことになる。彼の話題を見なくなって久しいが、それも当然かもしれない。

しかし青山正明はロリコン、カルトムービー、ドラッグ、鬼畜、悪趣味など、80年代以降のアングラ文化の現場には必ずいた名編集者として、ある種の人間に対してトラウマに近い多大な影響を与えた人物である。ところが、どうにも、彼の業績は一向にまとめられる気配がない。そろそろ簡単にでも形にしないと、資料は散逸し、関係者の記憶もおぼろげになって、正しい20世紀の記録を残せないのではないかという、不安と危機感が混じりあった妙な感情を日に日に覚えるようになった。

その過程で、青山正明と鬼畜・悪趣味を安直に結びつける風潮も更新されるべきだと思っている。彼がそれらと切っても切り離せない関係にあるのは確かだが、彼が同じように愛した音楽や、ポルノグラフィや、カルトムービーや、精神世界や、書籍・雑誌への愛着などは、これまでそれほど多くは語られていないように感じる。我々は青山正明を知っているようで、何も知らない。

とは言っても別にしめっぽい想い出を語りたいわけではなく、良識的な視点から偉そうに断罪したいわけでもない。あくまで青山正明が好きだったハッピーなあれこれに注釈をつけていきたいだけだ。この連載は、彼が日本の文化に及ぼした少なくない影響を思いだすための覚書であり、彼を知らずに育った人への手引きであり、また21世紀を乗り切るための切符である。

次回の記事を読む >>


『危ない薬』
初版1992年11月15日/データハウス

『危ない薬』
青山正明の初の単行本は「全て作者体験済み!」の帯コピーが強烈なドラッグ解説本だった。内容は合法・非合法に限らず、様々なドラッグの種別と効用、注意点に使用法、ドラッグの歴史解説等を中心としたもので、累計10万部を突破したベストセラーとなった。70年代から80年代前半にかけての日本では、「マリファナは煙草より安全だ」として、マリファナ解放を叫ぶヒッピー出自のニューエイジな人々が盛んに活動を続けており、その軌跡は『マリファナ・ナウ』『マリファナX』をはじめとする関連書籍で追うことが出来るが、その影響を青山氏も少なからず受けているように思う。

『危ない1号 第4巻:青山正明全仕事』
初版1999年9月20日/データハウス

青山氏が編集していた雑誌『危ない1号』の第4巻は、80年代から90年代中頃までエロ本で続けていた連載「フレッシュ・ペーパー」の原稿を中心にまとめたもので、青山正明の実質的な2冊目の単行本になっている。内容はロリコン、悪趣味、ホラー映画、辺境音楽、ドラッグ、精神世界まで幅広く、ある意味まとまりに欠けるが、青山正明の趣味の変遷、幅広い知識を覗える。特別書き下ろしとして『危ない薬』以降のドラッグ事情や、音楽ガイドとブックガイドを収録。音楽の方は解説があるものの、書籍については書名の羅列のみなのが惜しい。90年代はこの本を読みながら終わった。


関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.03.23更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界