女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『危ない薬 愛蔵版』
『危ない薬 愛蔵版』
2001年10月発行/データハウス
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第15回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 

<< 前回の記事を読む

さて東京公司設立の少し前、1992年11月に、青山は初の著書『危ない薬』を出版している(この本自体についてはこの連載の第1回で解説した)。データハウスから以前に出た別の著者による『悪い薬』(中山純/1990年11月)の第二弾的存在として出版され、連載「フレッシュ・ペーパー」で毎回取りあげていたドラッグ話のデータ的な部分を中心に全面的に加筆されているが、根っからの研究家でもある青山がドラッグ本を書くにあたって意識したのは2点あった。1つはアカデミックな解説に終始しないこと、もう1つは抽象的なドラッグ体験談にしないこと。目ざしたのはドラッグの「実用」書であり、そのドラッグにどのような効用があって、どのように使用すればいいかを、文献からの情報と体験から得られたディティールを合わせて記述した決定版だった。

これまで存在しなかった役立つドラッグ本『危ない薬』はベストセラーとなったわけだが、これが90年代前半に広く取り上げられたのは時代的な背景も大きい。ちょうど80年代後半に生まれた海外のレイヴ・カルチャー、大音量でハウス/トランス/テクノをかけて、エクスタシーと呼ばれるドラッグをキメて、皆で踊り明かすというライフスタイルが、まだ少ないとはいえ日本にも波及しはじめていたからだ。90年代、ドラッグは最新の流行アイテムだったのである。

しかしドラッグが違法である日本では満足な情報・入手手段がなく、ほとんどの日本人は「ドラッグで気持ちよくなりながら音楽で踊る」姿を想像していただけの、陶酔の真似事であったと思われる。そういったドラッグへの姿勢が屈折しがちな日本で、初めてマニアックかつ初心者にも読める、手軽なガイドブックが出たことが、レイヴ/ダンス/クラブ・カルチャーともリンクしてヒットしたのでは、と分析することは可能だろう。もちろん書店に「サブカルチャー」の棚が出来はじめた時期と重なって、「変わった本」が単純に流行っていたこともある(『危ない薬』を出した後の反響で多かったのが「ドラッグを売ってくれませんか」という読者からの素朴すぎる要望だったという話は、情報だけ先行しがちの日本的な出来事であると思う)。

もともとドラッグについて詳しいライターとして知られていた青山は、この本のおかけで完全にドラッグ第一人者的な立場を獲得し、様々な媒体で伝道者のように振舞うことになる。反面、警察にマークされる危険性も伴うことになった。

次回の記事を読む >>


『えじゃないか』1月号
1992年1月11日発行/アレック情報出版

『えじゃないか』1月号
立川談志が編集長をしていた「非常識マガジン」で、アダルト、犯罪、プロレス、芸能三面記事、ストリート・カルチャーなどをごった煮にした、正直言って何がしたいのか判らない謎の雑誌だった。青山は「過剰なる刺激を求めて──危ない本の10年を振り返る」と題した記事を執筆し、第三書館やデータハウスの書籍を中心に取り上げている。最後の『悪い薬』レビューにこんな一文が。「惜しむらくは、いわゆるドラッグに関する記述は前3分の1だけで、残り3分の2は市販&処方薬の副作用に当てられており、情報量的に物足りなさは否めない。鵜野社長、パート2は是非、私に書かせて下さいませ」。

『えじゃないか』3月号
1992年3月11日発行/アレック情報出版

『えじゃないか』3月号
『えじゃないか』に青山が書いた記事はもう一つ、3月号掲載の「ドッキリ幻覚キノコ教室」である。内容はマジック・マッシュルームの分類と効用、およびそれらを採るときの注意点(朝早く行こう、など)について。「ぼくは植物学を勉強したワケじゃないし医学的な知識も全く無い(略)でも、ほとんどの箇所は実際に体験したことを元にして書いているので、科学的じゃないかもしれないけど、充分具体的だと思うよ」という一文は、のちの『危ない薬』に通じる青山の基本姿勢である。それにしても、毒キノコ(と一般に言われる幻覚性キノコ)のトリップ効果についてカラー4ページもあてがう雑誌の姿勢の特殊さは見習いたい。

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.07.06更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界