女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第41回


ホラー/カルト映画における青山正明(4)

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『ビデオコレクション』
1985年6月号/東京ニュース通信社
 | 

<< 前回の記事を読む

『ビデオコレクション』における青山正明

前回マクロに見ていくと書いたが、その前に『ビデオコレクション』誌での連載について触れておく方がよい気がしてきたので、それについて書いておく(映画入門ではなく、あくまで青山正明における映画の話なので、作品解説などは適宜省略する)。

名前のとおりビデオ情報誌の『ビデオコレクション』は、1983年1月に創刊(1991年2月号で休刊)した東京ニュース通信社発行の月刊誌で、人気映画評論家の滝本誠が現在のスタイルを獲得した最初の舞台でもある。この雑誌の編集協力にはジャックポットの名前がある。覚えているだろうか、大正堂のあとに青山が短期間在籍した編集プロダクションである。まだ在籍前だが、この頃から映画に詳しいライターとして、青山とジャックポットは付き合いがあったのではないだろうか。

『ビデオコレクション』誌で青山は、本名の大塚雅美名義で「My Favorite Movie」というビデオ紹介コラムを執筆していた。今回確認したのは1985年6月号以降。ゾンビ映画のオリジネーター、ジョージ・A・ロメロ関連のビデオが多くリリースされていた時期だからだろう、6月号では「ロメロ・ホラーは、コミック・ブックの醍醐味だ!」として、『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生』『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』『マーティン 呪われた吸血少年』の3本を推薦。7月号は未見。8月号でもロメロ制作による米国のホラー番組『フロム・ザ・ダークサイド』のVol.1と2を紹介している。9月号ではルチオ・フルチの『サンゲリア』と、以前触れた青山が解説を担当したビデオ3本を紹介……と、タイトルを並べれば判るとおり、『Hey!Buddy』誌とあまりかわりばえのないセレクトだった。

これではよくないと思ったのか、1985年10月号から形式が変わり、「WHO'S WHO ビデオソフト怪紳士録」と題した、監督や俳優などの人物紹介に連載がリニューアルされた。取り上げた人物を列挙すると、ジョージ・A・ロメロ、トム・サビーニ、ロブ・ボッティン、ジョン・カーペンター、ドナルド・プレザンス、バージェス・メレディス、フレディ・フランシス、ジャック・カーディフ、トッド・ブラウニング、アンジェロ・ロッシット、ベラ・ルゴシ、ボリス・カーロフ、ヴィンセント・プライス、バーバラ・スティール、スーザン・サランドン、デビッド・ボウイ、ナスターシャ・キンスキー、ロマン・ポランスキー、ウィリアム・キャッスル、ジャック・アーノルド、テレンス・フィッシャー、ピーター・カッシング、クリストファー・リー、クリストファー・ウォーケン(以上、1987年9月号まで)。


『ビデオコレクション』
1985年10月号/東京ニュース通信社

また、連載は本名だが、青山正明名義でも途中からポツポツと原稿を書いている。確認できるのは1986年7月号「虐殺の美学を追及する映像作家、D・アルジェント」、1986年9月号「エロ・グロ・典雅の混然一体がバーヴァの映像美学」、1987年4月号「未公開映画特集」のうち「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」評、1987年5月号「「死霊のはらわた」と双璧を成す80年代疾走ホラーの傑作」として「ゾンバイオ 死霊のしたたり」評などである。

雑誌全体を見ると、流石に当時流行していただけあって、ホラー/カルト映画のライターは青山以外にも何人もいて、決して青山が特別重宝されていたわけではないように見える。1986年5月号の「カルト・ムービー大百科」特集に名前は見当たらないし、1987年5月号のクローネンバーグの特集は久保田明氏が担当している。『Hey!Buddy』誌のように映画評で他にほとんどライバルのいない(高杉弾氏くらいか)雑誌では独占状態だったが、専門誌では流石に普通のコラムニスト扱いだ。とはいえ、他のビデオ雑誌にも多数原稿を書き散らしており、総体で見れば充分人気なのだけども。次回は『ビデオコレクション』『ビデオ・ザ・ワールド』以外の映画雑誌について見てみよう。


(続く)



『ビデオコレクション』
1986年9月号/東京ニュース通信社

『ビデオコレクション』
1987年1月号/東京ニュース通信社

関連記事

新宿アン ダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.01.25更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界