ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第42回


ホラー/カルト映画における青山正明(5)

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『ビデオマガジンアビック』
1985年8月号/リットーミュージック
 | 

<< 前回の記事を読む

ホラー/カルト映画における青山正明(5)

青山の『ビデオ・ザ・ワールド』以外の、周辺的仕事を先にいくつかピックアップしていこう。本来なら時系列に取り上げるべきだが、どうしても出てこないものが数冊あり、それらは来週に回させていただく。

『ビデオマガジンアビック』(リットーミュージック)は1984年に創刊されたビデオ情報誌。アビック(AViC)とは「Audio Visual in Computer」の略で、コンピュータとビデオがちょうど盛り上がりを見せた時期であることがうかがえる。初期はCG作品なども取り上げていたが、徐々に映画とミュージック・クリップに絞られていった。青山は85年8月号の「恐怖大図鑑」特集でホラー映画関係の執筆をしたのが初期の関わりだと思われる。この号では「輸入ビデオで買えるホラーの掘り出し物」として日本未発売作品の紹介、「ローズマリーの赤ちゃん」のレビューの他、「ホラーブックガイド」としてホラー映画の海外文献を羅列しており、アラン・フランク『Horror Films』『The Horror Film』、ジョン・マッカーティ『Splatter Movies』、消費者ガイド編集の『Horror Films』、および『The Psychotronic Encyclopedia of Film』『Horror and Science Fiction Films』などを挙げている。『アビック』ではその後も1986年の2、3、6月号などに単発的に名前を発見できた。細かく見れば前後にもっと見つかるはずである。

ビジュアル・ホラー・マガジンこと『VZONE』は1985年に創刊、白夜書房の別会社・少年出版社から発行されていたホラー映画雑誌。実は創刊号はアニメ雑誌で全く方向性が違ったのだが(この頃の白夜書房は18禁アニメビデオ『魔法のルージュりっぷ☆すてぃっく』をリリースするなどオタク関係に偏りかけていた)、2号からホラー路線にリニューアルとなった。実質最終号の1987年5月号(通巻10号)で青山は新連載「ファナティックの方舟」を開始。つまり連載は一回で終った。当時ちょうどミッドナイト・レーベルからビデオで再発されたカルト映画『ユー・アー・ノット・アイ』を紹介。「肥大した信念は現実世界を変え得るという、60年代の夢想、オカルトの重要なテーゼを完膚無きまでに否定しながら、現実と妄想に関する新解釈を提示してみせた本作品こそ、カルト・ムービーと呼ぶに相応しい」と高く評価している。

『ザ・テレビジョン』のビデオ版雑誌として知られる『月刊ビデオでーた』(角川書店)では、1987年5月号から10月号、およびリニューアル後の『ビデオでーた』10月24日号〜88年9月11/24日号まで星取表(クロスレビュー)を担当している。取り上げた作品へのコメントも良いが、近況欄で青山の当時の様子が垣間見えるのが良い。例えば1987年10月号では「ただ今、エイズの単行本を執筆中。1週間で原稿用紙200枚という、鬼のような仕事である。緊張をやわらげようと、精神安定剤を飲んで、「フロム・ビヨンド」を観たら、脳味噌がショートしてしまった…」とある。この「エイズの単行本」というのは青山の著作にはないので、ゴーストライター仕事だと思っていいだろう。1987年5月発行『エイズ最新情報と怖くない生活法』(主婦の友社/塩川優一監修)は青山のゴーストライター仕事だと判明している一冊だが、おそらくこれの評判が良かったことで、次のエイズ本をどこかから頼まれたのだろうと推測できる。その後『別冊宝島172 決定版!エイズを生きる本』(1993年3月/宝島社)を編集するのは、この頃に得た知識の再利用という側面があるはずだ。


(続く)



『VZONE』
1987年5月号/少年出版社

『月刊ビデオでーた』
1987年10月号/角川書店

関連記事

新宿アン ダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.02.01更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界