女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第60回


「ビデオ・ザ・ワールド」における青山正明(5)

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年8月号 発行=白夜書房
 | 

<< 前回の記事を読む

「ビデオ・ザ・ワールド」における青山正明(5)

引き続き『ビデオ・ザ・ワールド』誌のビデオ・レビューを中心に追っていく。1988年に何か大きなトピックはなく、わりとそのまますぎてしまった年であるように見える。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年1月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年1月号

オーストラリア映画『ハーレクィン』、フェリーニ『女の都』、『コカコーラ・キッド』の3本のビデオを推薦。今号はこれまでのビデオ紹介記事とは別の、AV紹介記事で「デカパイたちの饗宴」を執筆。Dカップ・ハードコアのポルノAVを6本紹介し、「正直申すと、私はDカップ・フェチではなく、デブ・フェチなのである。『ビデオ・ザ・ワールド』某女性編集者が、あと20kg太ってくれれば……。と、5年も待っている私であった」と妙な告白が。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年2月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年2月号

ロッセリーニ、ゴダール、パゾリーニ、グレゴレッティの4監督のオムニバス・ビデオ『ロゴパク』のビデオ・パッケージについて「パッケージ表、裏、そして背表紙の3ヶ所に、「映画評論家 品田雄吉 推薦作品」と印刷されている。こんなの初めて見たぜ。中々面白いよね、これ。色んな意味でさ。書くと長くなっちゃうから、書かないけど」と含みのある言い方。『呪われた森』の紹介では「あっ、そう言えば、小学校3年生の時、小児リウマチを患っていた女の子の脚を蹴って、びっこにしちまった事があったなァ。2年間の通院で治ったからよかったけど、一生びっこだったら大変だったなァ……」と映画と全然関係ない露悪的告白があるのが嫌な感じ。『ビデオタイムマシーン』のあらすじ紹介が普通に見える。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年3月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年3月号

珍しく素直に「私は泣きました」と推薦しているのが『ミリィ/少年は空を飛んだ』。『オードリー・ローズ』は77年9月の高校2年生の時になんとなく渋谷パンテオンに入り観たのがこの作品だったという思い出のテキストと共に紹介。「映画にまつわる私的思い出というのは、あまり読む気がしない。書いている本人は楽しくとも、読まされている方は退屈なのである。しかし、書いている本人は楽しいので、私は書くぞ。退屈な文章を」。『マンマ・ローマ』レビューでは前号の『ロゴパク』の修正があるのだが「おいっ、この野郎!先月号の『ロゴパク』のレヴューで、俺は、「伊映画界が誇る4巨匠」と書いた。しかし、ゴダールは仏人だろうが。何で、誰も間違いを指摘して来ないんだよ、馬鹿野郎。このコーナーの編集はザルか、えっ、おい、こらっ」とひどい逆ギレ。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年4月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年4月号

この号のレビューはある種の本領発揮である。『鮮血の美学』や『ザ・ショックスIV』の紹介はまあまあ普通なのだが、ピーター・グリーナウェイ監督『ZOO』について「何なの、コレ? IQ150の私には、何が何やらサッパリ判りませんでした」と語り、それなりの環境を整えて再挑戦をすることに。「養命酒をオンザロックであおりつつ、『夜想』とか『WAVE』とか『月光』とか『ブルータス』のライターのような、映画の“え”の字も判らん、いけすかないキザ野郎になり切って、映像と音に身を委ねた。/俺は、武邑光裕だ。俺は、伊藤俊治だ。テメエの冴えないツラのことは忘れて、都市の畸形性、人間の脱肉体化に思いを馳せなくては……」と各方面に喧嘩を売りまくり、しかもその後は「面倒臭いので、チラシの文章をそのまんま引用する」と文字数埋めが行なわれる始末。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年5月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年5月号

『プリック・アップ』『ギャング』『ジャーマン・ビート』の3本紹介。『ギャング』は半分以上が全然本題と関係ない『ロボコップ』の話題になっており、『ジャーマン・ビート』も「劇場未公開作を観る方法」にほとんど尽くされ、だんだんビデオについて語ること自体が飽きてきているようにも読める。


『ビデオ・ザ・ワールド』1988年6月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年6月号

『クリスチーヌの性愛記』『スレッジハンマー ピーター・ガブリエル・ベスト』『ビアー』の3本紹介。『クリスチーヌ〜』の原題が「Grasshopper(バッタ)」であることと絡めて、パッケージとタイトルがいかに重要かを語っている文章が全体の2/3を占めている。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年7月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年7月号

第2次オカルト映画ブームの傑作『サンタリア 魔界怨霊』を紹介する中で全然関係ないが面白いエピソード。「夏とくれば、ホラーのシーズン……か、軽いなァ……『東スポ』とか『SPA!』とかの原稿書くと、どうしてもノリがメジャー誌してしまうなァ。/余談だけど、好き勝手に原稿書いて『SPA!』に持って行ったら、編集担当に言われちゃったもんなァ。「こういうマイナーな原稿は困るんですよね。読んでて、ドンドン落ち込んでっちゃうでしょ。『写真時代』や『ビデオ・ザ・ワールド』じゃあないんですから、ウチは」」。その他『危険な愛』と『ダーク・サークル』を紹介。


『ビデオ・ザ・ワールド』1988年8月号

この号のレビューは『ナーズの復讐II──ナーズ・イン・パラダイス』の1本だけ担当。しかもよく読むと別に推薦していない。次号で「エジプトに行って来ました」とあるので、旅行で忙しかったと見られる。


『ビデオ・ザ・ワールド』1988年9月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年9月号

『漂流者 2人だけの島』と『ジュリア ジュリア』『ビビアンの旅立ち』を紹介。『漂流者』の原稿は半分がエジプト旅行記。原稿がノリノリなのは『ビビアンの旅立ち』で、「観てびっくりのレズビアン映画。/勃起しまくりましたね、私は」。

『ビデオ・ザ・ワールド』1988年10月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年10月号

この号は9月8日発売なのだが、原稿中「もう、8月29日だもんな、ヤバイよな、実際」との記述があり、全国発売10日前に原稿を書いている青山のダラダラぶりは流石、と言ったほうがいいのだろうか。『絶倫パオロのアノ手コノ手』『ザ・キュアー ライブ・イン・オランジュ』の2本を紹介。どちらも紹介自体は普通である。


『ビデオ・ザ・ワールド』1988年11月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年11月号

『ジャンク・イン・ザ・ダーク』『ビッグ・イージー』の2本紹介。関係ない話題を枕に持ってくる原稿スタイルが定着しており、今回はオリンピックの話題。「ベン・ジョンソンが、ドーピング発覚で金メダル剥奪さる! あっ、もう古いか、こんなこと……。でもさ、薬物使用が何だってんだよな、ったく。いっそのこと、製薬メーカーをスポンサーにして、“ドラッグ漬けオリンピック”でもやればいいんだよ。俺だったら正規の五輪より、そっちの方を絶対観ちゃうね」。


『ビデオ・ザ・ワールド』1988年12月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1988年12月号

『ラブINニューヨーク』『ノーマッズ』の2本紹介。前者は「B級映画監督には2種類いる」話、後者は「第2次オカルト映画ブームに共通する恐怖とは」話が挿入され、短いがなかなか面白い。


(続く)


関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.06.21更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界
文=ばるぼら |