女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『HEAVEN』
『HEAVEN』
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第3回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 

<< 前回の記事を読む

“脳細胞分裂マガジン”と銘打った『突然変異』創刊号の奥付の日付は1981年4月15日。内容はといえば、ロリコン、フリークス、差別ネタ、ドラッグ、自慰、皇室揶揄など、明らかにタブーといえるものをメインに取り上げている。のちに参加スタッフが語ったところによれば、それほど青山正明が積極的に絡んだわけではなかったそうだが、『突然変異』1号の編集後記で彼が書いた「私にとっては、過激こそ真実」という一文は、のちの活躍を予見しているといえる。

『突然変異』2号は同年7月15日発行。方向性は前号と変わらないものの、読んでいて感じるのは、当時の『Jam』『HEAVEN』に代表される自販機本から強く影響を受けているだろうということだ。自販機本がよくやっていた手法に、誰も見ていないのをいいことに、海外雑誌の記事を無断翻訳して掲載してしまう荒業があるのだが、『突然変異』2号も、海外『WET』誌に掲載された元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのニコのインタビューを、勝手に翻訳して載せている。

過激な内容が話題を呼び、順調に売り上げを伸ばしていた『突然変異』だが、同年8月5日の『朝日新聞』誌上では椎名誠から批判的に紹介されたことで、書店が取り扱いを拒否しはじめてしまう。いわく「こういうのは典型的なビョーキ雑誌というのである。ゴミ雑誌、ゴキブリ雑誌の下。バイキンをまき散らすだけの雑誌なのだ」。ある意味『突然変異』を正しく理解していると言える。だが、このあとに「書店はもっと中身をきちんと見て扱った方がいい」と続けて一方的に断罪するような姿勢は、独善的すぎだとして、『突然変異』スタッフ側は猛抗議した(この評が収録された単行本『むははは日記』では当該部分が削られている)。

この事件は最終的に、翌1982年の『週刊プレイボーイ』2/9号誌上に、『突然変異』側が椎名誠への公開挑戦状として、4月8日に上野動物園のキリン舎の前で決闘する旨を掲載したが、当日椎名は現れず、うやむやになったそうだ。当時の雑誌に以下のようなレポートがある。

「ところで、4月8日の甘茶の日、小雨の降りしきる中を3時に上野動物園キリン舎前までわざわざミニコミ誌「突然変異」VS「本の雑誌」の決闘を見に行ったのですが、「本の雑誌」の椎名誠らは現れず結局「突然変異」の不戦勝というような形になったようです。かなりハデになるかとも思ったのですが、「突然変異」側も勝鬨をあげるわけでもなくしみったれてました」(『ヘイ!バディ』82年6月号編集後記)

次回の記事を読む >>


『Jam』
『Jam』
1978年から1981年にかけて発行されていた自販機本。自販機本とは一般書店の流通を通さずに、自販機だけで売られていたエロ雑誌のこと。中でも『Jam』『HEAVEN』は破天荒かつ前衛すぎた伝説の存在。山口百恵のゴミを漁って誌上で公開したことで知られる。青山氏は『別冊宝島345 雑誌狂時代!』(宝島社/1997年)掲載記事で「面白かった時代っていうと、やっぱり『ジャム』『ヘヴン』の頃。要するに、エロとグロと神秘思想と薬物、そういうものが全部ごちゃ混ぜになってるような感じでね。大学生の頃にそこらへんに触れて、ちょうど『ヘヴン』の最終号が出たくらいのときに、『突然変異』の1号目を作ったんです」と語っている。

『フォトジェニカ』10号
1982年4月頃/海鳴書房

『フォトジェニカ』10号 表紙 『フォトジェニカ』10号 裏表紙
『フォトジェニカ』10号 P51
『フォトジェニカ』は自販機本の一つで、この時期は元『HEAVEN』スタッフの山本土壺が編集していた。本号には「増刊!突然変異出稼ぎ頁」と題した、青山正明と緒形涼介の連名で担当した4ページの記事が載っている。見出しを列挙すると「とにかくセンズリ」「良心的チンポあみ指導」「寄生虫は変態だ」「どーでもいいぜ」「アレア“マレデッティ”におけるカオスとオールタナティヴ」「小便飲み」「“Conscientious trip”&“Conscious trip”」「逆さ首」。自販機本ブームと大学ミニコミブームが盛り上がったのが同時期だったせいか、青山氏以外にも両方に首を突っ込んでいた人は少なくないようだ。


その他の参考文献:
『別冊危ない1号 鬼畜ナイト』(データハウス)

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.04.06更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界