ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
ropemagic_PCW_2-top.jpg
不定期連載! The dream which Corsetier looks at .... 
Session 3  P.C.W. x Suzuki Lazy 「Modesty of a lady, or a wife's desire and a wish」
corset photo gallery コルセティエの見る夢は
第5回 「Pure One corset Works」一周年記念スペシャル 【2】
文・コルセット製作=PureOne(P.C.W.)

写真=スズキレイジ(ROPE MAGIC)
モデル・スタイリング=開田あや

男性のコルセット職人を「コルセティエ」と呼びます。フェティッシュ・アイテムとしてのコルセットにこだわらず、深い伝統と格式に裏づけられたコルセットを模索するコルセティエPureOne氏のコルセットブランド「Pure One Corset Works」が3月1日で一周年を迎えました。 一周年記念スペシャルコンテンツ「P.C.W.」 x 「ROPE MAGIC」 のフォトセッション、本日は2回目です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 




恋する様に

恋をした時、相手と同調したいという気持ちが起こるのは、私だけでしょうか?
例えば、好きになった相手の愛読書を読んでみようと思ったり、CDを買ってみたりして、相手の好みを理解しようする。
今まで全く興味がなかったものを積極的に取り入れようとする。

それは、人に対してだけではなく、物に対してもいえます。
例えば、綺麗なダイヤの指輪があれば、当然はめてみたくなります。
カッコイイ車があれば、乗ってみたくなります。

物を買う衝動は、恋に落ちるのと似ている気がします。
理屈じゃなくて、もうそれは衝動に近い気がします。

物は何も話しませんが、物が命を持つ時、何かを語りかけて来る時があります。

大学生の時、ある男子クラスメートが物凄くカラフルなトランクを持って、午後の授業にやって来ました。
見た目も性格もどこか硬派な印象を持っていた彼には、とても似つかわしくない可愛らしいトランクでした。

同じクラスメートが「お前、このトランクどうしたの?」と聞きました。 
そしたら彼は、「学校に来る途中に古道具屋さんがあって、その前を通ったらこのトランクが「私を買って!」って言っている気がしてな、それで買った」と、笑いながら話していました。

本当に彼がその声を聞いたのならば、ちょっと頭のおかしなヤツかもしれませんが、物が自分に語りかけて来るというのは分かる気がします。

マーケティングを中心にものを制作して販売すると、当たり前のようにどこにでもあるものが出来上がります。
逆に隙間と思われるものを作ると、売れなかったりします。

結局どんなものが売れるのだろう?
売れない時期に考えたことは、自分の直感に任せるということでした。
この方法論が正しいかなんて、私には分かりません。

ただ、そのクラスメートが購入した古道具屋のトランクのように、パッとトキメキを感じられる商品が作りたいと思いました。

それはブランド作りそのものにもいえます。
「「P.C.W」のHPを覗けば、何か素敵なコルセットが見つかるかも!?」というワクワク感やドキドキ感が香り立つブランド作りがしたいのです。

「何か面白そう!」と感じさせる期待感って、恋の始まりに近い気がしませんか?

もちろん「付き合ってみたら全然面白くない人だった......」「最初は面白かったけど、すぐに飽きちゃった......」という結果では悲しい。
コルセットも同じです。
どうしてもパッと目を惹くコルセットというのは、デザイン的にも奇抜で個性的だったりするのですが、コーディネートが難しい。

永く付き合っていくには、それなりに相手を想う気持ちが大事になってきます。
そしてこれもコルセットと同じです。
着る人、選ぶ人が「ウエストを細くすることを望んでいるのか?」「着心地のよさを求めているのか?」コルセット愛好者が望んでいる可能性を一つ一つ丁寧に拾っていく作業こそ一番大切だと思っています。

「ホスピタリティ」「相手を思いやる心」

より多くの人が「P.C.W」のコルセットへ恋に落ちていってもらいたい。
そして、一つでも来ている人の願いが叶ってもらいたい。

そう思いながら、毎日一つずつコルセットを手作りしています。


文=P.C.W(PureOne Corset Works)コルセティエ PureOne


前回に戻る 目次に戻る

Session 3  P.C.W. x Suzuki Lazy
「Modesty of a lady, or a wife's desire and a wish」


コルセット製作=
PureOne(P.C.W.)
写真=スズキレイジ(ROPE MAGIC)
モデル・スタイリング=開田あや

関連リンク

Pure One Corset Works
ROPE MAGIC

関連記事

緊縛写真サイト「ROPE MAGIC」管理人スズキレイジ氏ロングインタビュー
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

pure_one_face.jpg Pure One 中央大学文学部文学科国文学専攻卒。文化服装学院ファッション工科アパレルマーチャンダイジング科卒。大手テキスタイルメーカーの生産管理にて、有名セレクトショップやパリコレを扱うブランドに多数携わる。退職後、2005年にフェティッシュブランド「SLUMP TRUMP(スランプトランプ)」 を立ち上げる。2006年には、AVメーカー 「ゴーゴーズ」との協力の元、日本で初のアパレルブランドとAVメーカーのコラボレーションシリーズを発表。同年より本格的にコルセットの研究、製作、販売を始める。

Pure One Corset Works http://po-corset.com/



oyayubi150.jpg スズキレイジ 自称チョイ駄目オヤジ(笑)。1960年代のなかば生まれ。生まれも育ちも東京都多摩地区。 幼少のころから女の子が大好き。そしてなぜか「縛られた女の人」に興味津々。少年時代をボースカウトのロープ名人として過ごし、だいぶ大人になってから女性を縛ることを独学で覚える。学生時代はデザインを学び、就いた仕事もグラフィックデザイン系。仕事でカメラマンに注文つけているうちに自分でも写真を撮るように。現像の必要ないデジタルカメラの出現を機に「縛られた女性」の写真を趣味として撮り始め、最近はアマチュア緊縛写真作家として本格的に作品創りに励んでいます。

スズキレイジ氏のサイト=「ROPE MAGIC」

 | 
08.03.02更新 | WEBスナイパー  >  フォトギャラリー