ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
アメリカン・ボンデージの風 第7回 毎週火曜日更新!
海外レザーフェティッシュ見聞録
アメリカン・ボンデージの風

第7回 アートワーク担当としてボンデージ・ギアをチョイス!

文=
Mikey

皮革拘束のみに絞った日本国内初のボンデージ・サイト「Fetish Stage」。
縄拘束とは違った魅力を醸し出すレザー・ボンデージ、そこにこだわって映像作品を撮り続けてきたMikeyさんがお届けする、アメリカでのボンデージ体験記です。

前回に戻る 目次に戻る
 | 

撮影は土日に行なうことになっていたので、仕事が休みだったジョンも一緒に同行してくれて朝10時に現場入り。僕の片言の拙い英語力をジョンは現場でカバーしてくれる。まさに頼もしい男!

モデルの女性は全部で4人。他スタッフは、ヘアメイクが2人、スタイリストが1人、照明技師が1人、スチールカメラマンが1人、ビデオカメラマンが2人、使いっぱしり系ADチックな人が2人、それと何も担当する役目がなさそうな人が2人、そしてアートワークを担当する自分を含めて合計16人もの人間が、撮影現場で作品に関わるのであった。

モデルさんたちのメイクも済んで、11時半から関係者全員を集めてのブリーフィングを行なう。今日の流れを説明するADさんたち。ここまでは日本でドラマとかバラエティ番組とか収録する時とほぼ変わらない……のだが何かが欠けている。なんと監督が不在なのだ!?  プロデューサーらしきお偉いさんに伺ってみる。

「今日の撮影は特に監督を授けるようなスタイルで撮るわけではないので、その場でスタッフみんなのアイデアを聞き入れて作っていくつもりだよ。決まった監督を立てて作品を作ってしまうとその後、著作物として取り扱われたりするので、二次使用、三次使用で色々と揉めたりすることがあるんだよね。監督をしたいと企画ごと申し出てきた者には責任を持って演出してもらったりするけれども、基本的にこちらのAVは監督不在で進行したりする変則的なこともやっているもんなんだよ」

……なるほど、それで監督が不在なのかっ!ってことは自分にも現場で何かと提案するチャンスが沢山あるってわけだ。

シノプシスのような全体の枠組みを構成したプロットは存在しているけど、確かに監督らしき演出したり現場をビシッとしめる人がいない。これがアメリカのスタイルなのか!? この日の現場は2本撮りなので、どのような形で両方の撮影が構築されていくのか興味が湧いてきた。16人も居る現場は8人ずつA班とB班の2組へ分かれる。

そして僕はスタジオ化している大きな豪邸の一室でボケ〜ッとプロットを見ていたら、何も担当する役目のなさそうなメガネをかけた人が立ち上がり、大きなボストンバッグから皮革拘束具や電動マッサージ器などを出して僕へ手渡してくる。

「ハーイ! 僕はマイケル。今日は2本撮りでこっちのスタジオではA班として僕が絡んでいる作品を撮るよ。あっちのスタジオはB班で女性同士のワン・オン・ワンなレズビアン作品なんだ。キミはボンデージ作品への参加なのでA班ということを間違えないでね。一応、こっちの現場では僕が形としてディレクター扱いなんだけど、作品にも出演するので僕はアクター寄りのポジションかな。みんなで意見を出し合って撮影を進めていくつもりなんだけど、キミが今日のアートワーク担当なのでこのバッグの中から使いたいボンデージ・ギアを好きにチョイスしてくれ!」

彼の名前はマイケル・キーエ。以前は「ハーモニー・コンセプツ」でMKシリーズと称して数本のビデオを出していたという。現在は「ビザール・プロダクション」が総本山となって運営している「B&Dプレジャース」や「ボン・ヴュー・エンタープライゼス」なるレーベルで作品を作ったり、自らが男優として出演しているそうな。普段は父親から受け継いだ不動産業務をこなしつつ、趣味のBDSMを楽しむためにこのような現場へ参加している愉快な人であった。

ちなみに今回撮影する2作品とも、マイケルが予算の半分を出資しているし、スタジオ……というよりこの豪邸も彼が提供している一部なのだ。金持ちってスゲェー!

(続く)

前回に戻る 目次に戻る

関連記事

米国ハーモニー・コンセプツ社の魅力を探る二大インタビュー 【1】【2】【3】


MIKEY MIKEY インディーズのレザー・ボンデージ作品レーベル「TEAM MIKEY」を主催する映像作家。
テレビの特撮番組でフェティッシュな拘束の世界に目覚め、Vシネマ撮影の仕事をきっかけに渡米。アメリカのレザー・ボンデージ世界に触れ、自分でも撮影してみたいと考え、「TIEM MIKEY」を結成。ウェブサイト「Fetish Stage」にて次々と映像作品を発表し、皮革の拘束具にこだわった独特の世界観を築き上げる。

「Fetish Stage」=http://www.team-mikey.net/

 | 
08.02.26更新 | WEBスナイパー  >  コラム