女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE December 2010
新・常識ある大人の為の肉筆紙芝居
伝説の倒錯フィクション、ついに書き下ろし第三部完成!
酒気帯び運転で人身事故を起こした「くみ子」は、獄中における様々な試練を乗り越えてついに仮釈放の日を迎えた――はずだった!? 死刑制度が廃止され、代わりに奴隷刑が導入された暴虐的パラレルワールドで繰り広げられる、浜不二夫流・奴隷ファンタジー。世界一ツイていない女・丸矢くみ子のエロティックな転落人生は原点以下に舞い戻ってさらなる漂流を続けることに!!
 | 
技術訓練

続いて、拘束具・戒具を付けたまま(つまりは手を使わずに)いろんなお仕事をする訓練がありました。

「仕事をさせるだけなら手を使わせたほうが早い。だが、お前たち奴隷は『苦役』を勤める身だ。犯した罪の罰として使役されるのだから、同じ仕事でも、辛い・苦しい・恥ずかしい思いをしながらやらねばならんのだ。だから手は使わせん。口でも足でも、乳でもケツでも、何でも使って、ともかくやるんだ。出来ませんなどとは云わせんぞ。時間内に出来るようになるまで、ケツをヒッパタクからそう思え!」

まずは初歩訓練です。まず手錠をされて、牝犬調教の時の膝当てを巻かれ、針が生えているサンダルを穿かされました。何十日ぶりかで嵌口具が外され、思わず大きく深呼吸をして、胸一杯空気を吸い込みました。嵌口具を咥えていなければ、こんなに楽に呼吸が出来るのです。思わず涙が出ました。看守様が木片をたくさん持ってきて、床に撒きました。

「まず、積み木遊びをさせてやる。向こうにお前たち一匹に一つず台がある。この積み木を咥えていって、あの上に出来るだけたくさん積んでいくんだ。必死でやれ。標準量が出来ない奴は鞭だぞ。標準量はいくつなのか教えてほしいだろう。それは終わるまで教えてやらん。時間の最後まで必死でやるんだ」

ピッ、笛が鳴りました。口に木片を咥えた私たちは、膝立ちでヨチヨチと歩いて高さ30センチほどの台の上に置き、大急ぎで戻ってきてまた木片を衝えます。スッパダカで手錠を掛けられ膝で歩くのです。牡も牝も、お尻をプリプリ左右に振り、牝はお乳を牡はアレをユサユサ揺すって……脇から眺めたらお腹を抱えて笑うほど卑猥で滑稽な眺めだろうと思います。でも私たちは、そんなことを考える余裕もなく必死でした。チャンと出来なければ鞭でぶたれるのです。

段々木片が積み上がってくると、伸び上がって上に載せなければなりません。立ち上がれない哀しさ、辛さ。伸び上がった時バランスを崩して、むき出しの乳房が積み木に当たって半分崩れた時には、本当に泣きたくなりました。どうして私オッパイが大きいの! 笛が鳴りました。

「終了! 自分が積んだ台の前に正座しろ。標準量は、牡が××個・牝が××個だ。ほとんど全員失格だな。ヨーシ、約束通り、ケツに鞭3発だ。こっちへ出て来い!」

失格者は鼻環に曳き鎖を付けられ、調教場の中央へ曳き出されます。私もその一匹でした。

「床に這って、尻を高く上げろ!」

私も、鼻環の鎖を看守様の靴で踏まれ、床を惨めに舐めながらハダカのお尻を高く突き上げました。

ビシーッ!

「ウワーッ!」

ピシーッ!

「ギャアーッ!」

久しぶりに、嵌口具を咥えずに鞭打たれる私たちの魂切る悲鳴が、屋内調教場中に響き渡るのでした。でもこうして鞭で教育されれば、じきに、牡も牝も標準量をこなせるようになります。そして、奴隷の一般的な家内使役、汚れ物を咥えて洗濯機に入れるとか、ゴミ袋を咥えてゴミ捨て場へ捨てにいくとか、さらには雑巾を咥えて床を拭く、ブラシを咥えて靴を磨くといった作業も、上手に出来るようになるのです。

このほか、トレイを背中に載せて四ツン這いで運ぶとか、後ろ手錠の手でモップを握り、柄を股で挟んで床にワックスを掛けるなどという技術の訓練を頂戴したのです。

こうして毎日、私たちは、血の涙と汗を流しながら調教を頂きました。奴隷には有害無益な、自尊心だの誇りだのを鞭で叩き出して、従順な奴隷になるための心の調教。自分が犬や猫以下の浅ましい畜生だと、心から思う訓練に始まり、どんな辛い苦役も、汗と涙と恥にまみれながらでもやりとげる体力訓練。そして、戒具・拘束具を頂戴しながら必要な作業をこなす技術の訓練を頂いて、何とか一匹前の奴隷に仕上げられていったのです。



お詫び奉公

夜が明ければ文字通り叩き起こされて、汚辱と苦痛に泣き喚く調教が始まり、夜はスッパダカのまま鎖に繋がれ檻に入れられて、束の間泥のような眠りにつく毎日。日数を数える余裕などはありませんでしたが、いつか地獄のような3カ月の基礎調教期間が終わっていました。

ある朝、分際鞭を頂いてズキズキ痛むお尻をモジつかせながらコンクリートに正座していた私たちの前に、調教官様が立たれておっしゃいました。

「一応基礎調教は終了して、今日からお詫び奉公だ。お前たちがシャバでご迷惑をかけた方々の大勢いらっしゃるところで、苦役を勤めさせて頂いてお詫びをするんだ。いいか、お前たちが犬猫以下の畜生奴隷だということを一瞬たりとも忘れるな。皆様は、市民の義務としてお前たちを嘲笑い辱めてくださる。鞭も頂戴出来るだろう。それがお前たちの罪の償いだ。有り難いことだと心から思え。命令の実行に少しでも躊躇いや遅滞があったらどんな目に遭うか判っているな」

お詫び奉公のことは聞かされてはいました。この浅ましい姿で調教監獄の外へ曳き出され、昔の私を知っている人たちの前で、辛い苦役を勤めさせられる。考えただけで体が震えますが、否も応もないのです。私を先頭に牝奴三匹が鼻環の曳き鎖を連鎖され、その後ろに数匹の牡奴隷が曳かれてきて繋がれました。

先に立った看守様が、私の鼻環の曳き鎖を無言でグイと引きます。突き抜ける激痛に嵌口具の中で「ギャッ!」と喚いて私が歩き出せば、他の奴隷たちも呻き声をあげながらついて来るほかないのです。

小さなくぐり門から監獄の外へ曳き出された時の気持ち! 調教監獄へ入る時も、半裸で街を走らされたわけですが、いま私は本当の奴隷になって街を歩かされるのです。糸一本身に着けさせて頂けないマッパダカ。後ろ手錠と足珈、首輪と鎖褌、そして鼻環と曳き鎖。浅ましい奴隷の列に、町中の方が足を止めて私たちを見ます。

先頭の私たち牝奴が当然一番人目を引きます。牝の私たちも上から下までスッパダカなのです。乳房もお尻もそして、ヘアを処理されたお股の前さえも人目に晒しながら、私たちは本当に死ぬ思いで、街を曳かれて歩きます。

途中で次々と連鎖から外されて、指定されたお詫び奉公の場所へ曳かれていきます。家族だった三匹も途中で外されていきました。多分、破産で迷惑をかけた債権者の家へ曳かれていって、三匹揃って地面に額をすり付けてお詫びを申し上げ、足蹴にされ鞭を頂いて、家の内外の掃除などをさせて頂くのでしょう。

私が曳かれていった先はオフィス街でした。私が女子短大を卒業して最初にお勤めした場所です。

「お前のような浅ましい奴隷囚を出したことで、お前が元勤めていた会社は大変な迷惑をこうむった。当分お詫び奉公で思い切り恥を晒し、シッカリ笑って頂いて、罪の万分の一でも償うんだ」

元勤めていたあの会社でお詫び奉公! 思わず足を止めようとして、また鼻環をグイと引かれ、もう一度「ギャッ!」と喚きました。あそこには私の顔を知っている人がまだ大勢いるはずです。そこへこの奴隷姿で……本当に目が眩みますが、どうすることも出来ない今の私でした。

見慣れた会社のビルが見えたときには、私は半ば気が遠くなっていましたが、足を止めることは出来なかったのです。

受付で身分証明書をを見せた看守様が、

「書面で通知の通り、牝奴隷F126219703号、旧人間名丸矢くみ子をお詫び奉公に連行しました。皆さんで、然るべく笑って辱めてやってください」
「お役目ご苦労様です。市民の義務ですから、全社に告知してウンと笑ってやりましょう」

顔見知りの中年の総務課長が、看守様にペコペコ頭を下げながら、私のハダカをジロジロ見ます。思わずしゃがみ込もうとして、鼻環をグイと吊られました。館内放送が流れます。

「当社元社員で奴隷刑を宣告された旧人間名丸矢くみ子が、本日当社でお詫び奉公をします。お詫び回り、全館のトイレ清掃の後、社員食堂前で晒しの予定です。皆さん市民の義務として笑い辱めてください」

全裸の体に厳しい拘束を施され、鼻環の鎖を曳かれ、股を大きく広げた奴隷歩きでヨタヨタと入った一階の事務室、キチンとスーツを着た男性社員、懐かしいユニフォームのOLたち、知っている顔も大勢います。

短大卒業後数年前まで、私もこのユニフォームを着て(下にはパンテイを穿いて)仕事をしていたのです。

それが今は……部屋中の皆が、汚い物を見る目付きで私を見ます。アア、悪夢なら早く醒めて欲しい。

「何をしている。土下座平伏だ!」

ピシッ、ハダカのお尻に督促の鞭を頂いてフロアにへたり込み、床に額をすり付けて平伏します。後ろ手の手錠を高く晒す姿の惨めさに体が熱くなりました。昨日、鞭を頂きながら吹き込んだ私の声が流れます。

「OO社の皆様、昔ご一緒に働かせて頂いた、旧人間名丸矢くみ子でございます。私は、とても悪いことをして終身奴隷刑の判決を頂戴しました。会社や皆様のご名誉を汚し、本当に申し訳なく存じます。本日は、そのお詫びに参上いたしました。悪いことをするとこうなります。どうぞタップリお笑いください……」

総務課長がわざとらしい大声でゲラゲラ笑い出し、つられてフロア中の社員が笑います。昔同僚だった女子社員たちがお腹を抱えてキャアキャア笑い、私は土下座平伏して恥にまみれていました。一階から四階まで全フロアで、この私のお詫びの儀式が行なわれたのです。

「では続いて便所掃除をさせます。トイレはどこですか」

まず、男子トイレのタイルに私を正座させ、看守様は、私に背負わせてきた苦役用具袋からホースの付いたトイレ洗浄ブラシを取り出して、私の嵌口具に取り付けました。洗浄ブラシにはネジが切ってありますから嵌口具の穴にキッチリ嵌まります。

「さあ、作業開始! 水を出すぞ」

ピシリとハダカの背中に指示の鞭が当てられ、私は便器に顔を突っ込みました。すぐにブラシから水が出てきます。調教監獄でこのトイレ清掃は散々やらされました。私たち奴隷は手を使うことは許されず、便器の洗浄も、ブラシを口に咥えてしなければなりません。口の中に容赦なく汚水が入ってきます。吐き出す暇がなくて、次々とそれを飲み込むしかありませんでした。

「オラ、グズグズするな。まだ奥が磨き足らんぞ。汚れが残っていたら舌で舐め取らせるからそう思え!」

看守様は、高く突き上げた私のハダカのお尻にビシビジ督励の鞭を加えながら、厳しく指示します。靴音がしました。

「ああ、どうぞお使いください。すぐにもう一度掃除させますから」

男性社員が、ブラシを咥えて床に這っている私のハダカを見ながら、私が洗ったばかりの便器をお使いになります。私はもう一度それを、口に咥えたブラシで洗わなければならないのです。

女子トイレにはさすがに看守様は入れず、女子社員が私を監督します。私の鼻環の鎖を握ったのは、私と同期入社の「意地悪M佳子」でした。底意地の悪い弱い者いじめをするので、皆に嫌われていた女です。

「フフフくみ子さん、じゃない、もう奴隷何とか号なのね。そんな姿になってどんな気分? 断わっておくけど手加減しないわよ。課長にも看守さんにも、甘やかすなって厳しく云われているしね。さあ、おやり!」

ビシーッ、力一杯の鞭がお尻に弾けて、私は「ヒイッ!」と泣きながら、ブラシを咥えた顔を便器に突っ込みました。顔見知りのOLたちが集まってきて、私の浅ましい姿を笑いながら見物し、嬲るのです。男性の目のない女子トイレの中、抵抗できない者を痛め付ける大義名分を得た女たちの苛めは陰険で卑猥でした。

お尻を高く上げるため、丸見えになる私の恥ずかしい場所にイヤラシイ悪戯をする子。M佳子から鞭を借りて、私のハダカのお尻をビシビシと打ち据える子。一皮剥けば、人間の心の奥には残酷な悪魔が潜んでいることを、心の底から悟らされました。その日私は、昔の同僚のOLたちに笑われ辱められ鞭打たれながら便器の掃除をさせられ、彼女たちのオシツコの混じった汚水をお腹いっぱい飲んだのです。

昼休み、看守様は食事を接待されますが、私は当然何も与えられず、社員が大勢行き交う社員食堂の前で、自分で背負ってきた組立て式晒し台の三角板に正座させられ鼻環を吊られて、うつむくことも許されない姿で晒されました。ここでも、男子社員の多くは見て見ぬふりをしてくれるのに、OLたちは、私を取り巻いてからかって笑い辱め、身動き出来ない私の体に悪戯して悶え泣かせるのでした。

夕方監獄へ戻って、分際鞭を頂いた後、檻に入れられ鎖に繋がれて暗闇の中に放置された私は、床に顔を押しつけて、嵌口具の中で号泣しました。

昔を知っている人たちの前で恥を晒す「お詫び奉公」は一週間続きました。調教監獄の高いコンクリートの塀は、もちろん、私たちを逃がさないためにあるのですが、毎日首輪や鎖を付けられ、鞭でお尻を叩かれて、スツパダカで泣き叫び、転げ回る浅ましい姿を、世間の人の目から隠してくれることにはなるのです。私たちには、塀の中だけでなく、塀の外も地獄でした。

(続く)





関連記事

監禁シミュレーション・ノベル
「女囚くみ子」第一部
【1】 >>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】
「女囚くみ子」第二部
【1】 >>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

浜不二夫
異端の作家。インテリジェンス+イマジネーション+ユーモアで描く羞美の世界は甘く、厳しく、エロティック。
「 悪者に捕らわれた女性は、白馬の騎士に助けてもらえますが、罪を償う女囚は誰にも助けてもらえません。刑罰として自由を奪われ、羞恥心が許されない女性の絶望と屈辱を描きたかったのです。死刑の代わりに奴隷刑を採用した社会も書いてみたいのですが――」
 |