ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

The ABLEFE November 2009
窮屈な毎日に縛られて気持ち悪くならないためのゆるやかな処方箋
黒い恥毛の奥深く、まばゆい女陰から迸る黄金色のオシッコを百薬の長と崇める稀代のネクタール(神の酒=おしっこ)愛飲作家が、自由闊達、繊細至極、奇々怪々、博覧強記の知性に加えて、百花繚乱の体験談を交えて読者諸兄からの質問・相談に答える新連載。内容・ジャンルは自由。ネクタール+言葉の免疫で、貴方が今を生きるためのヨスガを紡ぎます。
 | 
Consultation of life to drink delicious urine. For boys and girls.
第3回の受付案件
09、「陰毛判断」
10、「名前の由来」
11、「結婚披露宴」
12、「浮気」
13、「好きな漫画」


9、「陰毛判断」
「陰毛が濃い女は情も濃い」と聞いたことがあります。本当でしょうか。また、先生の経験上、身体的特徴から女性の内面を推し量ることはできると思いますか? できるとしたらどんな特徴が挙げられるでしょうか。(無職/真木)

――「陰毛の濃い女は上が深い」といいますね。
そのおかげで、私のひ弱い息子は、豊饒の恥毛にからみつかれ、豊満なお尻のうねりにつれ、無惨にも血まみれになったことがいくたびか……かわいそう……。
毛切れデス。
陰毛の断面は円とお思いでしょうが、残念でした。三角形で鋭利な形状をしているのだそうです。
それを長いからといって、ハサミや剃刀でカットしようものなら、ますます鋭利さをまして、どっぷりとくわえこんだあわれな陰毛の囚人を、面白いように切り刻むのでございます。おそろしい。

ところで、江戸時代には「下刈り屋」という、遊女などの恥毛を手入れする職業がありました。うやましいでしょう。
なるべく薄毛短毛にしたのが、上品とされたよし。おわかりですか。
歌川国貞の「初霞廊の寿」(はつかすみくるわのことぶき)には、大股開きでひっくりかえっている遊女の恥毛を同輩が毛抜きで抜いている図があります。イタソウー。
江戸の湯屋には、手入れ用の毛切れ石がかならず用意してあった。軽石を重ね合わせて擦り切ったのでしょう。
こうすれば線香の火で焼き切るのといっしょで、陰毛の先端は丸みを帯びて男根にやさしくなった。
一般の婦女子でさえ恥毛のお手入れを怠らなかったわけです。身だしなみとして心得ておかれよ。

密林陰毛の熟女がいましてね、お舐めしているのか陰毛を食べているのかよくわからないのですよ。それでね、お手入れしましょうというわけで、線香の火で燃やそう……ああっ、山火事!
あわててもみ消しましたよ。ビックリしたのなんのって!
部屋中煙もうもう、くさいことくさいこと、窓を開けたり、山火事に水をぶっかけたり、いそがしいったらありゃしない。
かくして密林陰毛が、無惨にもチリチリ点々とあいなってしまった。このままでは見苦しい。
というわけで、密林熟女が、スベスベのかわいい無毛の童女になっちゃった。
やっとお舐めしやすくなった。ヨカッタ。

陰毛がモサモサだって、アワアワだって、長かったり、無毛だったり、陰唇がピンクだったり、そんなこと、SEXが強いか弱いか、感度がいいかよくないのか、すべて全く関係はございません。
女体はそれぞれ奇々怪々で、内面を推し量るなんてとんでもない。

それでは隆慶一郎の名作『捨て童子松平忠輝」より。

於江の方は転倒し、おまけに脚が割れて下半身を露呈することになった。秘所もあらわになった。
辰千代は於江の方の秘所を面白そうに見て言ったのである。
「わあ、母上のより真っ黒けだぁ」
秀忠が笑いころげた。
「殿」
於江の声が怒りにとがった。
『捨て童子松平忠輝」(講談社文庫)より
著者=隆慶一郎 出版社=講談社 発売=1992年


10、「名前の由来」
「芳野眉美」というお名前は先生のご本名でしょうか、それともペンネームでしょうか。最初は女性なのではないかと思ったりしつつ、つくづく「綺麗な名前だなぁ」と思っておりました。お名前の由来を教えて下さい。(無職/秋口)

「ペンネームが女名ですね」
「高校生の頃の恋人の名前なんです。スミマセン」
「どういたしまして」
「それで、私のことお女性だと思っていらっしゃるファンの方が多くて困っているのです」
「マギラワシイペンネームをつけるからですよ」
「スミマセン」
『奇譚クラブ』(曙出版)昭和40年3月号
芳野眉美「濡れにぞ濡れし」より



11、「結婚披露宴」
私は近々結婚を控えている28歳の女です。今は式の準備に追われているところなのですが、彼が結婚披露宴を上げることを嫌がっていて、まったく協力してくれません。彼は結婚自体を嫌がっているのではなく、結婚披露宴が嫌なのだそうです。確かに人前に出るのが苦手な人なので分からないわけではないですが、私にとっては一生に一度の晴れ舞台です。このまま行くと結婚そのものがダメになってしまいそうで……悩んでいます。私はどんな態度をとるべきなのでしょうか。(販売員/ちと)

――一生に一度の晴れ舞台はよくわかるのですが……
派手な結婚披露宴をして、アッサリ離婚してしまう芸能人がいますよね。アレなんか、猿芝居だよ。
愛する二人だけで、遠くの小さな教会で、ひっそりと、あたたかく、結婚式をあげた。そのホヤホヤから、そこの記念すべき土地の風景絵葉書で、結婚を披露されたことがあります。

うれしかった。

そのままが新婚旅行じゃないの。うらやましいったらありゃしない。
晴れ舞台か、彼か……どんな態度をとるにせよ、御自分できっぱりと決断なさいませ。


12、浮気
恋人に浮気がバレた時、男としてとるべき態度とはどんなものでしょうか。(会社員/かもめ)

――土下座しなさい。


13、漫画
芳野先生は相当な読書家だと思われますが、漫画も読まれますか? 好きな漫画、最近読んでいる漫画雑誌はありますか?(学生/U・K)

――明治大正昭和へかけての政治漫画の大家北沢楽天邸がご近所でして、兄が楽天最後の門下生でもあったので、楽天漫画(というより戯画)が私の漫画ことはじめ。
好きな漫画家が多すぎまして……。
『フクちゃん』の横山隆一先生、政治漫画の那須良輔先生とは、鎌倉の常連の酒家でお話をうかがいました。
手塚治虫医学博士の学位論文はタニシの「異型精子細胞における膜構造の電子顕微鏡的研究(奈良県立医科大学 1961)」で東大の医学図書館にあるそうですよ。
今手元に置いてあるのは、小泉吉宏の『ブッタとシッタカブッタ(2)そのまんまでいいよ』『ブッタとシッタカブッタ(3)なあんでもないよ』(メディアファクトリー)。面白い。

『ブッタとシッタカブッタ(2)そのまんまでいいよ』

著者:小泉吉宏
ISDN10:4840107726
定価:998円
発売:2003年5月
出版社:メディアファクトリー
『ブッタとシッタカブッタ(3)なあんでもないよ』

著者:小泉吉宏
ISDN10:4840107734
定価:998円
発売:2003年5月
出版社:メディアファクトリー
(つづく)



皆様からの相談・質問を大募集!
質問・相談を寄せてくださる方は、このページ下段の投稿用メールフォームより「投稿される内容」の中から「芳野流人生相談」を選択、相談内容とペンネーム、職業(差し支えない範囲で結構です)をお書きの上、送信して下さい。

郵送の方は下記の宛先まで、葉書か封書にてお願いいたします。尚、その際もペンネームと職業のご記入はお忘れのないようにして下さい。

【郵送宛先】
〒101-0065 
東京都千代田区西神田3-3-9 大洋ビル7階
株式会社 大洋図書
WEBスナイパー編集部「あぶらいふ」係

【投稿フォーム】

こちらからメールを送信していただくことができます。
投稿される内容をお選び下さい


関連記事

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】

濡木痴夢男の猥褻快楽遺書>>>【1】>>>【2】

yoshino_prof.jpg
芳野眉美 作家・ネクタール愛飲家。1952年、『奇譚クラブ』に高校3年生の時に書いた小説「孤独なFANTASY」が掲載され、デビュー。翌年2月号の「硝子便所」で評価が固まり、以後ネクタール(神の酒=おしっこ)を題材にした小説の元祖として多くのマニア読者に支持される。また「あぶいらいふ」での連載「芳野流神酒譚」で綴られたファンタジックなまでに刺激的な実体験は、数多のファンに衝撃を与えた。現在は『SMマニア』(マイウェイ出版)にて不定期に新作を発表している。
 |