ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

The ABLEFE November 2009
窮屈な毎日に縛られて気持ち悪くならないためのゆるやかな処方箋
黒い恥毛の奥深く、まばゆい女陰から迸る黄金色のオシッコを百薬の長と崇める稀代のネクタール(神の酒=おしっこ)愛飲作家が、自由闊達、繊細至極、奇々怪々、博覧強記の知性に加えて、百花繚乱の体験談を交えて読者諸兄からの質問・相談に答える新連載。内容・ジャンルは自由。ネクタール+言葉の免疫で、貴方が今を生きるためのヨスガを紡ぎます。
 | 
Consultation of life to drink delicious urine. For boys and girls.
第4回の受付案件
14、「最高の一服」
15、「スワッピング」
16、「ときめかない」
17、「夜遊び」
18、「性病」


14、「最高の一服」
芳野先生初めまして。私はチェーンスモーカーです。一日に100本吸ってしまうこともあり、気持ち悪くなって吐いてしまうことすらあります。そんな私ですが、煙草をやめるつもりはさらさらなく、ただ、どうしてこんなに吸うようになってしまったんだろうかと、煙草を吸いながらぼんやり考えております。きっと、最高の一服をする瞬間が私の人生からなくなってしまったからなんじゃないかと……。そこで質問です、先生にとって、最高の一服とは、どんな時の煙草ですか? 私は、自分にとっての最高の一服を、死ぬまでにもう一度思い出したいのです。(会社員/かごめ)

――その一
平岡精二の『ベッドで煙草を吸わないで』の一服。
髪をほどいた首筋に、タバコのけむりが、くすぐったいんだって……。

その二
一服すると「ついでにお手入れしろ」。
若女将の大股開きの酔肌の秘所は、黒々とした亀の子タワシがくっついていると思し召せ。
タバコの火で、黒タワシの先をジリジリと焼く。タバコを吸う。タワシを焼く。
右手にタバコ、左手にお銚子、さかずきは若女将の可愛いオヘソ。
ヘソ酒ダゾ。
タバコの煙、恥毛の煙、飲む、吸う、焼く、いそがしいったらありゃしない。
これではチェーンスモーカーにされているようなものではないか。
タバコで焼いただけではダメ。より美しく、艶やかに、塩で念入りに磨いて、やわらかく揉む、もみもみ、クリまでもみもみ「あっ、ハァ、チビル、もっと強くもめ」。
若女将の恥毛の塩もみは酒の肴になかなかよろしい。
若女将にお股を閉じさせ、雨中の花弁に酒を注いで若布酒、流れて陰花酒。
へそ酒、若布酒、陰花酒……。
若女将が女陰にタバコをくわえたからいそいそと火をつけた。
若女将の華麗なる花電車。
馥郁とした雨中の花弁がタバコの煙でくすぐったい。
これぞ最高の一服。

15、「スワッピング」
私は、男には大きく分けて二種類があると思っています。スワッピングで興奮できる人と、興奮できない人です。私は後者です。愛する恋人や妻を、たとえ彼女たちが了解しているからといって、遊びで他の男に触れさせるなど、私には考えることもできません。いえ、何もスワッピング愛好家を否定しているわけではありません。ただ、私にとっては価値観の埒外にある嗜好なので、逆に興味があるのです。先生は、エッセイを拝読しておりますと、恐らくスワッピングを楽しめる側の男性なのではないでしょうか。その快楽がどこにあるのかを教えて下さい。(自営業/T・M)

(前略)
未通女壮士(おとめおとこ)の 行き集い
かがう嬥歌(ががい)に
人妻に 吾も交らむ
あが妻に 他(ひと)も言問え
(後略)
『万葉集』より
歌=高橋連虫麻呂


<芳野珍訳>
ジジイが秘膜を突き破り
ババアが皮かぶりをひんむく

飲めや歌えや
神様がお許しになっている
踊り狂って 大乱交

こりゃたまらぬ

やるぞ やるぞ 人妻を
お前も若い男をひっかけろ

すべては神様の思し召しです。
神事です。


16、「ときめかない」
わたくし、最近めっきり男性にときめくことがなくなってきました。数年前だったら絶対恋に落ちていた!という状況でもまったく心が動かなくなってしまっている自分がいます。特に困ることはないのですが、これではやはり寂しい気がします。何か対処法はないでしょうか。(フリーライター/早川舞)

世の中は ちろにすぐる
ちろりちろり
(時はすぐ去る)

なんともなやの
浮世は風波の一葉よ
(なんてことないよ)

なにしようぞ くすんで
一期は夢よ ただ狂え
(真面目くさっていないで、さっさと楽しく遊んだら)


『閑吟集』より(カッコ内は芳野珍訳)

ときめいて、ときめきが治まって、飽きに変わるのが、レンアイ結婚であります。
つくづく、そう思う。


17、夜遊び
僕の彼女はお酒を飲むのが好きで、しばしば夜の街に繰り出しては朝まで飲み明かすということをしています。大抵は男友達と飲んでいるようです。その男友達は僕もまったく知らない人というわけではないのですが、ヘベレケになって朝帰りをする彼女を見ていると、どうしても浮気の心配をしてしまうのです。男として、あまりガミガミ言うのも嫌ですし、かといって放っておけばいつか間違いが起きるのではないかと気に病んでしまいます。芳野先生、こんな時、男はどうするべきだと思われますか?(自営業/淳)

朝までトコトンつきあうから、そのプチグラマーな彼女には、酒飲みの男友達がたくさんいます。
その連中が集まって、彼女のマンションで飲むこともあるから、お互いに顔も知っている。
彼女はヘベレケ朝帰りは日常茶飯事で、帰るとブーツのままでベッドにバタングー。
こんな場合、しめた、と思うよ。
ブーツを脱がせ、抱きかかえてドレスを脱がせると、酔眼朦朧たる瞳で、ああ、お前か、私に気がついて安心したらしく、ぐったり。
で、彼女をスッポンポンにしてしまう。
彼女はいつも全裸で寝ているからネ。
で、こちらもおつきあいでスッポンポン。
ご挨拶のかわりに、いつもいじけっぱなしで、彼女から指ではじかれているフニャフニャを、彼女の美しいお顔におのせしたと思し召せ。
そうしますとね、無意識なんでしょうか、ぽってりした舌が、フニャフニャをちろっと舐めるんですよ。ちろり、ちろり。
フニャフニャのおフェラは一番気持ちいいんですよ。ボッキ。
で、悩ましい半開きの赤い唇の、彼女の美しい白い歯にボッキの亀頭を押しつけ、滲み出る粘液できれいに磨いてあげるわけでございますよ。寝る前には歯を磨かなければいけません。あっ、イクゥ……。
おフェラのお礼に、彼女の泥酔のお股をクンニしなければいけませんから、彼女の両脚を私の両肩にかつぎあげてしまいます。
まったく御婦人のお股のバリエーションといったら、千差万別、百面相の怪人なんですが、どんなお顔でもかまいません。うやうやしくかぶりつかせていただいております。
懸命に吸ったり舐めたり、舌の付け根にコブができるまでご奉仕しても、彼女は気持ちよさそうにスースーと愛らしい寝息をたてているばかりでございます。
彼女が時々チビルさわやかな聖水と、まったりした愛蜜をたっぷりといただきました。
ああ、首が折れそう。
彼女のお股から、愛液パックの顔をあげると、自然にですよ――ここが大切――ボッキしたフニャフニャがですね、びしょ濡れの「玄牝の門」にすっと導かれていくではありませんか。玄牝がくわえこんでいる。
入っちゃった。
これをスリーピングSEXという。

ヘベレケの朝帰りの彼女って、すばらしいでショ。ネ。


18、性病
ピンサロで淋病をもらってしまい、恋人に隠しながら薬を飲んで治療しています。薬を飲んでいれば簡単に治るようですが、初めて罹った性病なので不安です。三週間ほどの間彼女からの求愛をはぐらかし続けなければいけないことも精神的な負担になっています。芳野先生は、性病でご苦労された経験はありますか? 孤独な気持ちを癒したいので、その時の経験談を教えていただけないでしょうか。(会社員/喜太郎)

赤線青線ソープと、かなりの数の皆様にお世話になったのですが、残念なことに、一度も性病をいただいたことはありません。
くじにもあたらないけど、性病にもあたらない。
予防サックなんかほとんどはめたことがない、きらい。
そのかわりに「あなたの子よ」とささやかれたことはありますけど。
オフェラ中に、いつのまにか口でサックをかぶせてしまう名人がいて、客はナマだってよろこんでいる。

ある企業で、勤労青少年福祉推進者をしていた頃の話ですが――
寮の五階の屋上から庭に落下した社員がいましてね。庭に這った血のあとがあって、即死じゃなかったらしい。
自殺か、事故か、それとも殺人か、警察の調査に立ち会いました。
自殺でした。
原因は――梅毒。
彼にはフィアンセがいたのですね。結婚も近かったらしい。
でもね、梅毒だからといって、死ぬことはないと思いますよ。治療すればいい。
ちょっと昔の人でも、性病なんか男の勲章だといばっていました。
梅毒で亀頭がチョンギレタくりからもんもんのおじいさんとは銭湯の一番風呂の、スッゲエ熱い湯にひたる仲間で、おかまといっしょにつくづく偉大な戦歴を拝見してました。
さて、『ツァラトゥストラはかく語りき』から、ニーチェが梅毒性脳炎にかかっていたことがわかるそうですよ。小市民的な俗物性に対する嫌悪を、くり返す「吐気」として表現しているからだそうです。吐気はあぶない。
(つづく)



皆様からの相談・質問を大募集!
質問・相談を寄せてくださる方は、このページ下段の投稿用メールフォームより「投稿される内容」の中から「芳野流人生相談」を選択、相談内容とペンネーム、職業(差し支えない範囲で結構です)をお書きの上、送信して下さい。

郵送の方は下記の宛先まで、葉書か封書にてお願いいたします。尚、その際もペンネームと職業のご記入はお忘れのないようにして下さい。

【郵送宛先】
〒101-0065 
東京都千代田区西神田3-3-9 大洋ビル7階
株式会社 大洋図書
WEBスナイパー編集部「あぶらいふ」係

【投稿フォーム】

こちらからメールを送信していただくことができます。
投稿される内容をお選び下さい


関連記事

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】

濡木痴夢男の猥褻快楽遺書>>>【1】>>>【2】>>>【3】

yoshino_prof.jpg
芳野眉美 作家・ネクタール愛飲家。1952年、『奇譚クラブ』に高校3年生の時に書いた小説「孤独なFANTASY」が掲載され、デビュー。翌年2月号の「硝子便所」で評価が固まり、以後ネクタール(神の酒=おしっこ)を題材にした小説の元祖として多くのマニア読者に支持される。また「あぶいらいふ」での連載「芳野流神酒譚」で綴られたファンタジックなまでに刺激的な実体験は、数多のファンに衝撃を与えた。現在は『SMマニア』(マイウェイ出版)にて不定期に新作を発表している。
 |