女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

The ABLEFE March 2010
窮屈な毎日に縛られて気持ち悪くならないためのゆるやかな処方箋
黒い恥毛の奥深く、まばゆい女陰から迸る黄金色のオシッコを百薬の長と崇める稀代のネクタール(神の酒=おしっこ)愛飲作家が、自由闊達、繊細至極、奇々怪々、博覧強記の知性に加えて、百花繚乱の体験談を交えて読者諸兄からの質問・相談に答える新連載。内容・ジャンルは自由。ネクタール+言葉の免疫で、貴方が今を生きるためのヨスガを紡ぎます。
 | 
Consultation of life to drink delicious urine. For boys and girls.
第7回の受付案件
28、「痴漢とレイプの話」
29、「好みのタイプ」
30、「妻」
31、「交際を反対されている」
32、「道連れの本」


28、「痴漢とレイプの話」
よろしくお願いいたします。僕は24歳になる男です。性癖は、痴漢・レイプと、かなり暗いものです。小説や映像などでファンタジーを楽しんでいるだけですが、それでも時々後ろめたい気持ちになります。そんな僕が先生にうかがってみたいのは、先生が過去に「本物」とお知り合いになられたことがなかったかどうかということです。「本物」と言いますのは、痴漢・レイプを実際に行なった人のことです。もし、本当の出来事や、本物の男たちについて、ご存知のことがあったら、少しでも結構ですから、その空気や、その人たちの言葉を味わわせていただけませんか? 勝手な、卑しいお願いですみません。あまり差し支えがあるようでしたら、見送っていただいて結構です。(フリーター/O・H)

昭和20年8月15日終戦。
その日から、私の家には、自殺用の「青酸カリ」が用意されました。
進駐軍によるレイプが、それほどおそろしかった時代です。
戦争は、昔から、殺人略奪レイプときまっているでショ。

さて――
私のオシッコ仲間のオジイチャンに、妾宅へ招待されたことがあります。
戦地から生き残って帰国できた歴戦の兵士のひとりです。
戦後、彼は、戦争未亡人の母娘家庭を援助しました。
未亡人を愛人にしたわけですね。
宴席のあと一泊したのですが……
彼はノコノコと娘さんの部屋に行ってしまったのですよ。
「あのひと、いつもせっせと娘のところに通ってくるのよ」
ですって。母娘ドンブリではないか。
案内されたのは未亡人の寝室で、
「オバアチャンじゃ、おいやかしら」
「ト、トンデモゴザイマセン、ハイ」
熟々女の色香にまよった。
「あのひと、ヨシノサンに、オシッコを飲ませてさしあげなさいって」
「――」
「召し上がりますか」
「ハ、ハイ」

で、そのオジイチャンにきいたことがあるのですヨ。
「戦地でレイプしたことがありますか」
「いつ死ぬかわからないからね」
痴漢はあまりにも人間的で、問題外。


29、「好みのタイプ」
いつも楽しく拝読しています。私は『S&Mスナイパー』で芳野先生を知って以来の大ファンで、先生が『奇譚クラブ』時代に書かれた「濡れにぞ濡れし」を読むために古本屋さんを徘徊している22歳の大学生です。これから社会へ出ていくにあたっての参考したいので、芳野先生のお好きな人間のタイプを教えて下さい。ちなみに私は男女を問わず、権力におもねらない、権力を振りかざさないフェアな人が好きです。(大学生/弓枝)

私は、ホカホカの神酒を飲ませて下さる女人は、どなたでも大好きデス。スミマセン。

さて――
「権力におもねらない、権力をふりかざさないフェアな人」なんて絶対いません。
権力が大好きなのが人間なのです。
もっともらしくフェアな顔をしているのが人間なのです。だまされてはいけません。

世間は建前で、本音ばかりでは世の中うまくまわりません。ウソは世間のはじまり。
特に、男は建前だけで生きている。
ところが、女はどうしても本音がでてしまう。妊娠、出産、育児に、建前や本音がないからだと思う。自然そのもの。

キライでも、イヤでも、顔も見たくなくても、いっしょに仕事をしなければならないのが社会なのです。
どんなタイプの人間にもあわせていかなければいけない。
それが人間関係です。
それができないと、人間失格。

私も人間関係にキレて、会社をやめたほうだから、ツクヅクそう思いますヨ。

社会に出ても、すぐ五月病にならないように祈っています(四月入社五月退社ナンテ)。

あっ、それと――
自分にあった仕事なんて絶対ありません。
仕事に自分をあわせていくだけですヨ。
老婆心ながら、念のため。


30、「妻」
結婚して二年。妻のことは大切に思っておりますが、異性としてみることはできなくなってしまいました。それでも幸せな家庭ではあると思っていますし、大きな不満があるわけではありません。ただ何となく、アレ?自分はこの女とどこへ向かっていたのかな……という寂しさを感じています。先生にとって妻とは、結婚とはどんなものですか?(書店員/クボタマコト)

結婚は社会的制度です。
このおかげで、男女関係が簡単になっているでショ。
お見合いして、はじめてあった男女が、堂々とSEXできる。
また、不倫も、同棲も成立する。こんなスバラシイことはない。

ところが……こんなわけのわからないものもない。
妻を「異性としてみることはできなくなってしまいました」でショ。
妻はやがてママになる。
これが結婚です。

私は同棲十年、二人とも結婚する気なし。ところが、十年目にエンゼルがちょっかいを出しやがって、それから四十年結婚生活。息子のバースデイが結婚記念日。
私と彼女の出会いは、彼女のフィアンセと愛人が、二人そろって「お願いします」とおっしゃったので、つい「ハイ」。
それから五十年間、約束を守っております、ハイ。私はスケベですからカタイ男です。
彼女は相棒デス。

結婚って、そんなモンヨ。

ゴリラって一夫多妻ですってね。
人類も基本的にはゴリラタイプらしいですヨ。一夫多妻が自然らしい。
だから、結婚しても、すぐ浮気しちゃうんだな。外に別妻をつくってしまう。
老後に、数人の愛人宅巡礼をしているオジチイャンとお話をしたことがありますけど、女がカワルと立つんだって―― 。
老人のかがみですヨ。うらやましい。

「夫が浮気したら離婚します」だと――
それなら結婚スルナ。
女をアレコレおいかけてるのは、昔から男の自然なのである。
自然をハカイしちゃあいけません。

ベネズエラでは、
(前略)父が浮気をしてつくった子は"おとうさんの子"、母が浮気をしてつくった子は"おかあさんの子"と呼び、父と母が睦みあってつくった正嫡の子と、何のわけへだてもなしに仲良く暮らしあっていると、いうのだった。これはいかにも西方的な寛容の美徳(後略)
『もっと広く!―南北両アメリカ大陸縦断記・南米篇 』(文春文庫)上巻より抜粋
著者=開高健 写真=水村孝
出版社=文芸春秋 発行=1983年1月

寛容の美徳、デスゾ。


31、交際を反対されている
私は36歳の男性で、仕事はいわゆる土方です。2年ほど前から交際している彼女がいて、お互いに結婚を考え始めています。しかし、私の土方という職業に先方の両親が不安を覚えているようなのです。私に直接言うことはしないのですが、彼女に対しては露骨に「肉体労働者なんて」と、差別をするような言い方をして結婚に反対していると聞いています。彼女の実家はとても裕福です。ですので、私の仕事に関して不安を覚えるのも仕方がないことだとは思います。ただ、あまりに身も蓋もない考え方で反対されていると思うと、私としてはどう出ればいいのかがわかりません。仕事を頑張ればいいというものでもないようですし……。芳野先生は、セクシーな小説を書かれていて、こんな摩擦を経験されたことはありませんか? 私は、彼女の両親に対してどんな姿勢でのぞむべきなのでしょうか。(会社員/U)

非常に古典的な相談で、昔から同じことが繰り返されておりますし、これからも繰り返されるでしょうから、昔から答も決まっています。

1、駆け落ちする
2、わかれる
3、相手を殺す
4、心中する

3、4はおすすめできません。
わかりますよね。

私のおすすめは、いたって簡単で、そんなメンドーな女はすてて、メンドーでない女といっしょになれ、ってことです。

世の中、女に幻想を持つ男と、男に幻想を持つ女が、レンアイして結婚するのですから、あまり深く考えないほうがよろしい。
幻想はすぐ破れます。駆け落ちをしたって、夢がさめればそれで終わり。悩んだことがバカみたい。


32、道連れの本
いつも正座して拝読しております。ところで、芳野先生が、無人島に三冊の本を持っていくとしたら何を?

〜海の中の無人島の場合〜

『生きて死ぬ智慧』

著者:柳澤桂子
イラスト:堀文子
ISDN10:4093875219
定価:1143円(税別)
発売:2004年9月18日
出版社:小学館
(芳野註)美しい。

『オーパ』(集英社文庫)

著者:開高健
写真:高橋昇
ISDN10:4087504026
定価: 1,000円(税込)
発売:1981年3月20日
出版社:集英社
(芳野註)魚を食べないと……。

『裸婦の中の裸婦』(文春文庫)

著者:澁澤龍彦 巌谷国士
ISDN10:4167140047
定価:700円
発売:1997年4月
出版社:文芸春秋
(芳野註)ひとりよりは…… 。


〜世間の中の無人島の場合〜

『寂聴 般若心経―生きるとは』(中公文庫)

著者:瀬戸内寂聴
ISDN10:4122018439
定価:620円(税込)
発売:1991年10月10日
出版社:中央公論社
(芳野註)面白い。

『地獄の思想―日本精神の一系譜』(中公文庫)

著者:梅原猛
ISDN10:4122048613
定価:720円(税込)
発売:2007年5月25日
出版社:中央公論社
(芳野註)この世が地獄。

『唯脳論』

著者:養老孟司
ISDN10:4791750365
定価:1680円(税込)
発売:1989年10月
出版社:青土社
(芳野註)脳化社会、九相詩絵巻(くそうしえまき)について。

(つづく)



皆様からの相談・質問を大募集!
質問・相談を寄せてくださる方は、このページ下段の投稿用メールフォームより「投稿される内容」の中から「芳野流人生相談」を選択、相談内容とペンネーム、職業(差し支えない範囲で結構です)をお書きの上、送信して下さい。

郵送の方は下記の宛先まで、葉書か封書にてお願いいたします。尚、その際もペンネームと職業のご記入はお忘れのないようにして下さい。

【郵送宛先】
〒101-0065 
東京都千代田区西神田3-3-9 大洋ビル4階
株式会社 大洋図書
WEBスナイパー編集部「あぶらいふ」係

【投稿フォーム】

こちらからメールを送信していただくことができます。
投稿される内容をお選び下さい


関連記事

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】>>>【1月】>>>【2月】

濡木痴夢男の猥褻快楽遺書>>>【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】

yoshino_prof.jpg
芳野眉美 作家・ネクタール愛飲家。1952年、『奇譚クラブ』に高校3年生の時に書いた小説「孤独なFANTASY」が掲載され、デビュー。翌年2月号の「硝子便所」で評価が固まり、以後ネクタール(神の酒=おしっこ)を題材にした小説の元祖として多くのマニア読者に支持される。また「あぶいらいふ」での連載「芳野流神酒譚」で綴られたファンタジックなまでに刺激的な実体験は、数多のファンに衝撃を与えた。現在は『SMマニア』(マイウェイ出版)にて不定期に新作を発表している。
 |