女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE September 2011
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私にしてみれば、
ヒロインを後ろ手に縛りあげたら、
それでもう、このシーンのクライマックスという気持ちになる。
あとは縛られたヒロインの悩ましい姿態の動きを、
前から後ろから、たっぷりと、
ていねいに撮ってもらいたい。

射精した直後は、全身の力がぬけ、目はかすみ、顔はかろうじてスクリーンにむけていても、映画はもう意識の中にない。

半分死んだような虚脱状態になっている。

その"縛り"のシーンが、好みに合った刺激度の高いものだったら、もう一度くり返して同じ映画を観る。

たとえその映像が四秒間か五秒間の短いものであっても、ふたたびそのシーンがスクリーンに映写されるまで、私は三時間でも四時間でも、体を縮めて客席の片隅にすわっている。

そして、待つ。ひたすら待つ。

現在のように、客席指定の一本立ての映画だったら、一回終映と同時に席を立ち、外へ出ていかねばならない。

だが、当時の三本立て映画館の場合は、朝入場券を買えば、夜おそく最終回の時刻になるまで客席にすわっていても、だれも文句を言わない。

上映時刻などを気にせずに映画館の中にとびこみ、途中から途中までを観て、見覚えのあるシーンまでくると、外へ出る、というのが一般的な客の鑑賞法だった時代である。

射精して虚脱状態になっているのは、せいぜい十分か十五分で、あとはもう、もとどおりになって私はスクリーンを眺める。

"縛り"シーンのない映画でも、もちろん嫌いではない。
どんなジャンルの映画でも好きである。
起承転結に富んだ物語が、映像に限らず、好きである。

同じ映画を繰り返し観ているうちに、私は筋の運び方、展開の仕方、つまりシナリオの書き方をしぜんにおぼえた。

ぼんやりスクリーンを眺めていても、まだ二十歳前という若さのせいで、皮膚の毛穴からしみこむように、ドラマ作りのコツみたいなものをおぼえた。

あとになってそれが役立つことにもなるのだが、この時代の数年間、週のうち二度三度と、"縛り"のシーンを求めて、都内や近郊の焼けのこった小さな映画館の中にもぐりこみ、暗闇の片隅で快楽を耽溺していたのである。



こんな私の状態を「オナニー地獄」などとオーバーな表現で書きはじめてしまい、書いた以上は、なるべく詳細に内容をならべるつもりでいたのだが、こういう描写ばかり続くのもどうかと思うし(やっぱりすこし恥ずかしい)、映画館での暗闇快楽の記述は、ちょっと休ませていただく。

じつは、回数は当然減ってはいるが、これはと思う映画が上映されているときには、現在もまだこの習慣をつづけている。

途中からテレビ時代に入り、台数が多く普及してからは、自分だけが小さな画面を独占して、自由な快楽を手中にすることができるようになる。

とくにテレビの初期(モノクロの時代である)は、美女緊縛のシーンは多かった。
連続時代活劇のときには、毎回ヒロインは悪者のために縄で縛られ、危機におちいった。

自分一人だけで観るテレビの場合、映画館のように、となりにすわっている子供に、
「おじさん、ガタガタ動かないでよ」
などと叱られ、恥ずかしい思いをする心配はなくなり、この快楽は増幅された。

録画万能の時代に入ると、私の快楽はさらに増幅される。

コレクション癖も加わって、私は緊縛シーンだけの録画に精を出した。
連続時代劇や現代サスペンス物のドラマを見慣れてくると、途中でもう、このヒロインはやがて悪者のために捕らわれ、監禁されるにちがいない、というカンが働く。

独特のカンであり、この予測は十中八九までは適中する。

刺激度に玉石混交はあっても、私はせっせと録画し(全部こまぎれのシーンをつなぎ合わせたものである)、ぼう大な量に達した。

一つのドラマ、あるいは映画の中に、せいぜい1分間か2分間ほど(ときには数秒間の短いもの)のきわめて短い断片的なものばかりだが、つなぎ合わせると長くなる。

そういうコレクションのほとんどはを風俗資料館に寄贈してしまったので、会員だったらだれでも見ることができる。
ただし、こういうシーンに関心のない人には、まったくつまらない、何が何だかわからない、くり返すが、断片的なつなぎ合わせた映像ばかりである。

私のものはすべてVHSであり、やがて劣化する運命にあるので、風俗資料館のほうでDVDに移してくれた。
私のひそかな(そして恥ずかしい)コレクションも、これでひと安心というわけである。

ただし、さらにくり返すが、こういうシーンに関心のない人には、まったくつまらない、何が何だかわからない、断片的なつなぎ合わせの映像であることを、改めてお断わりしておく。私にはこれが、宝物である。



どうしてこんな恥ずかしいことをぐだぐだ書いているのかというと、私や私の親しい仲間たちにとって、「縄」という存在が、いかに大きいかということを、すこしでいいから知ってもらいたいからである。

私は、これまでに何度もしつこく書いているように、かぞえきれないほど数多くのAV系のSMビデオの撮影現場で働いてきているが、ドラマのクライマックスで私がヒロインを縛りあげたあとで、監督がかならずといっていいくらい、つぶやく言葉がある。

「さあ、縛ったぞ、これから何をしようか」

この言葉を、ときには私にむかって発する。私は、
「うッ!」
と、返事につまる。私にしてみれば、ヒロインを後ろ手に縛りあげたら、それでもう、このシーンのクライマックスという気持ちになる。

あとは縛られたヒロインの悩ましい姿態の動きを、前から後ろから、たっぷりと、ていねいに撮ってもらいたい。そういうシーンを好む人が大勢いることを、私は知っているからである。

私は知っているが、監督は知らない。知識としては知っているだろうけど、感覚として、そういうことを信じない。
そこでひとまずヒロインに両足をひろげさせ、軽くバイブ挿入ということになる。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用していのイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

webちくま「東京右半分 都築響一」右半分怪人伝1 縄一代・濡木痴夢男
前編>>>中編>>>後編

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |